季節
ゆき ふふふ

ゆき ふふふ(くもん出版)

真っ白な美しい世界を体で感じ、おもいっきり雪あそびをしたくなる絵本です。

  • かわいい
  • 全ページ
  • ためしよみ
季節
せつぶんワイワイまめまきの日!

せつぶんワイワイまめまきの日!(文溪堂)

ストーリーを楽しみながら節分の知識が身につく!

  • 全ページ
  • ためしよみ

ゆめぎんこう」 みんなの声

ゆめぎんこう 作:コンドウ アキ
出版社:白泉社 白泉社の特集ページがあります!
税込価格:\1,430
発行日:2020年10月02日
ISBN:9784592762751
評価スコア 4.74
評価ランキング 1,090
みんなの声 総数 30
  • この絵本のレビューを書く

立場で選ぶ

並び替え

30件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 2 3 次の10件 最後のページ
  • いろんな妄想が膨らむ絵本

    面白い夢、楽しい夢、悲しい夢、ちょっぴり怖い夢、そして…会いたい人に会えた夢。
    自分だったらどんな夢を買ってもらおうかな。
    夢だからこそ出来ること。
    夢だからこそ叶うこと。
    妄想は自由。

    絵本だからこそ描ける世界。
    絵本だからこそ、夢を夢にできちゃう世界。

    この不思議なお店に、行ってみたいなって
    夢がまたひとつできました。

    投稿日:2021/08/03

    参考になりました
    感謝
    1
  • ミスマッチが面白い

    キラキラした可愛らしいイラストと、素敵なタイトルにひかれ、読みたいと思いました。
    ゆめぎんこうとは、お客様のゆめを買って、夢のあめにし、それを売るという場所。なんともふしぎなお話ですが、「かいとり」という言葉が、妙に現実っぽくて、そのミスマッチがまた面白かったです。
    作者はリラックマなどを手掛けている作家さんとのこと。そのアイディアの広さに感動しました。

    投稿日:2021/08/02

    参考になりました
    感謝
    1
  • 夢で逢えたら

    お客様の夢を買って飴に変え、それを売る「ゆめぎんこう」。
    そんな夢あふれる素敵なお話です。

    空を飛ぶ夢、虹色の滑り台の夢・・そんな楽しい夢がおさまった色とりどりの綺麗な飴の入った瓶が棚に沢山並べられています。
    どの夢にしようか、ウキウキ迷っちゃいそうですね。
    夢の買い取りも、バクに食べてもらうなんて夢があります!

    おじいさんの夢はどれも素敵でしたが、おじいさんの見たかった夢は飴にすることが出来ませんでした。
    それでもぺんぺんが描いた絵に涙するおじいさん。
    ゆめぎんこうはその人にとって大切な思い出も見せてくれるのですね。
    私も時々夢を見ますが、大抵どうでもいい内容の夢ばかり。
    もしゆめぎんこうがあるなら、亡くなった母に会いたいな。

    コンドウアキさんの可愛らしく優しい色遣いのイラストと、楽しくもホロッとさせられるお話に温かい気持ちになれました。

    投稿日:2021/08/04

    参考になりました
    感謝
    1
  • 柔らかい雰囲気の表紙からは想像していなかった感動。

    • もののんさん
    • 20代
    • ママ
    • 岡山県
    • 男の子5歳、男の子1歳

    「おきゃくさまのゆめをかって、ゆめのアメにかえ、そして、それをうる」
    「ゆめぎんこう」の不思議なお話し。
    ゆめぎんこうの店主ぺんぺんとゆめを食べるもぐもぐが日々ゆめの売り買いをしています。
    そんな仕事があまり好きではないぺんぺん。
    ある日、一人のおじいさんのところへ夢の買い取りに向かいました。
    人気が出そうな夢ばかり出てきて、もぐもぐはお腹いっぱいにゆめを食べます。
    まだまだ人気が出そうな夢が出てきそうでしたが、その後を後にしたぺんぺんたち。
    後日、その夢を受け取りに来たおじいさんから聞いたお話に、少しでもとお返しをします。
    心がグッと熱くなるような終盤のお話。
    読み聞かせで聞いている息子も、真剣な顔で聞いていて、何も語りませんでしたが、確かに感じてくれたと思います。
    このおじいさんの一途な思いに、読んでいる私も心が熱くなりました。
    毎晩寝る前に家族でぎゅっと手を繋ぎ、良い夢が見れますようにと静かに思います。

    子供だけでなく、大人や年配の方にも、読んでいただきたい1冊だなと思いました。
    感動的な物語ですが、柔らかい挿絵にも癒される素敵な絵本です。

    投稿日:2021/08/02

    参考になりました
    感謝
    1
  • 素敵なお仕事、ゆめぎんこう♪

    ペンギンのぺんぺんとバクのもぐもぐ。2人が営むゆめぎんこう。
    ゆめぎんこうは、夢を買い取り飴にして売るお店。色とりどりの美味しそうな飴が並んでいます。
    表紙を見ただけで、なんだかふんわり良い香りに包まれて、夢の世界に入っていけそうな気がします。
    ある日、夢の買い取りを依頼してきたおじいさん。ぺんぺんともぐもぐは、おじいさんの家に向かいますが…。
    おじいさんの願いを叶えてあげることはできなかったけれど、おじいさんの心を幸せな気持ちで満たせてあげることができましたよ。
    読めばみんなも幸せな気持ちになること間違いなし!

    ぺんぺんともぐもぐのゆめぎんこう。可愛くて素敵なゆめぎんこう。
    毎日幸せな夢を貯金して、おばあちゃんになったら買いに行こう。
    だから、とっても素敵なその仕事、頑張って続けてね、ぺんぺん!

    投稿日:2021/08/02

    参考になりました
    感謝
    1
  • もし、自分が見たゆめをゆめぎんこうに売って買い取ってもらったり、人が見たゆめのアメが買えたら楽しそうですが、ゆめぎんこうで働く方は仕事が大変そうですね。この絵本を読み進めていて、ゆめぎんこうで働く店主のペンペンとバクのもぐもぐが、良いゆめから怖いゆめまで買い取り、ゆめのアメを作るまでの大変さが伝わってきました。ゆめぎんこうの絵本は絵が可愛く、あっという間に読めます。読み返すとやがて、ゆめのアメはどんな味がするのか気になってくる絵本です。

    投稿日:2021/08/03

    参考になりました
    感謝
    1
  • 夢をアメに

    夢をアメにして、売ったり買ったりできる、ゆめぎんこう。すてきなぎんこうですね。アメになった夢がつまったビンが、いっぱい並んでいてキレイです。おじいさんの夢をアメにするだけでなく、お話を聞いてあげてるのが、いいなと思いました。アメのような甘くやさしい色合いで描かれた絵が、お話にぴったりでした。

    投稿日:2021/07/20

    参考になりました
    感謝
    1
  • とっても怖がりのペンペンがおじいちゃんから譲り受けた“ゆめぎんこう”。相棒のバクのもぐもぐと、夢をアメにかえて営んでいます。

    ほんわか可愛らしい絵で描かれるこちらの絵本は、表紙の絵からは想像がつかない「死」がメインテーマ。といっても、故人に思いを馳せられる心温まる感動的なお話です。

    3歳の我が子は、アメが並ぶお店の中では、「どのアメにしようかな〜?あっ、これステキ〜!!」と楽しみ、
    可愛いペンペンが夜に怖がりながら歩くところで、「おばけ、出るかな〜…」と一緒にドキドキし、
    もぐもぐに足を噛まれて起こされるところで、ククッと笑い、
    依頼主さんの夢を見て、「この夢、いいな〜」と言い、
    大人にとって感動的なシーンでは、「おばあちゃんは?」と、キョトンとしていました。

    3歳には、まだまだ『死』というものは謎多きものですが、感じるところはあったのでしょう。
    最後は、「また夢みられるといいね。」と言っていました。
    3歳5ヶ月の今も楽しんでいますが、4歳、5歳…となったときに、どう感じるか、何度も読んで子どもの反応と成長を見たくなる一冊になりました。

    投稿日:2021/07/24

    参考になりました
    感謝
    1
  • 楽しい夢と素敵な思い出

    • みいのさん
    • 60代
    • その他の方
    • 東京都

    まず、ニワトリさんが怖がり(チキン)ではなかったことが興味深いです。
    怖いもの見たさなのかもしれませんね。
    次のエピソードは、私自身が亡くなった母の夢をよくみるので、感情移入して読みました。
    依頼主さんは奥さんを亡くされて寂しいのでしょうが、楽しい夢と素敵な思い出ばかりなので、とても幸せな人生の方だと思いました。

    投稿日:2021/07/11

    参考になりました
    感謝
    1
  • ゆめぎんこう

    「ゆめぎんこう」は夢を売り買いできる場所。
    誰かの夢を飴に替え、その飴を誰かが買う。

    夢でしかできないこと・夢でしか会えない人..
    素敵な夢の世界に引き込まれるかのような心温まるお話でした。
    大人も子どもも楽しめる一冊です。

    投稿日:2021/07/05

    参考になりました
    感謝
    1

30件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 2 3 次の10件 最後のページ

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。

この作品にレビューを投稿された方は、こんな作品にも投稿しています

はらぺこあおむし / しろくまちゃんのほっとけーき / きんぎょがにげた / 100万回生きたねこ / いないいないばあ / もこ もこもこ / そらまめくんのベッド / がたん ごとん がたん ごとん

絵本の人気検索キーワード

ぐりとぐら /  はらぺこあおむし /  バムとケロ /  こびとづかん /  はじめてのおつかい /  そらまめくん /  谷川俊太郎 /  ちいさなちいさな王様 /  いないいないばあ /  いやいやえん /  スイミー /  飛び出す絵本

出版社おすすめ

  • ゆきだるまの クリスマス!
    ゆきだるまの クリスマス!
    作:キャラリン・ビーナー 絵:マーク・ビーナー 訳:せな あいこ 出版社:評論社 評論社の特集ページがあります!
    絵の中にネコやサンタ、いろんなものが隠れているよ!探してみてね!


出版社いちおし!新刊&オススメ絵本情報

みんなの声(30人)

絵本の評価(4.74)

何歳のお子さんに読んだ?


全ページためしよみ
年齢別絵本セット