ありとすいか ありとすいか
作・絵: たむら しげる  出版社: ポプラ社 ポプラ社の特集ページがあります!
ある夏の午後、すいかを見つけたありたちは、巣に運ぼうとしてみんなで力を合わせて押しますが、びくともしません。そこで − − − 。

コッコさんとあめふり」 みんなの声

コッコさんとあめふり 作・絵:片山 健
出版社:福音館書店 福音館書店の特集ページがあります!
本体価格:\900+税
発行日:2003年05月
ISBN:9784834019148
評価スコア 4.63
評価ランキング 2,706
みんなの声 総数 47
  • この絵本のレビューを書く

立場で選ぶ

並び替え

47件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 2 3 4 5 次の10件 最後のページ
  • 健気な女の子に心温まる

    まいにちの雨に飽きたのか、コッコちゃんがてるてるぼうずを作って
    晴れるようにお願いするお話しです。

    この年代の女の子らしい、てるてるぼうずの作り方・いたわり方に思わず心が温まり、娘ももう少ししたらこんなことをするようになるのかとなんて想像してうれしくなりました。

    文中に
    『てるてるぼうず
     てるてるぼうず
     あした てんきに
     してください。』
    という部分をちょっと変えててるてるぼうずの歌にして読んでいたら、娘は笑いながらニコニコしてきいていました。また、主人が、太ったてるてるぼうずに
    『ぼよよよ〜ん』
    という音をつけて読むと『もう一回』と『笑い声』の嵐で娘は大満足していました。

    掲載日:2012/04/25

    参考になりました
    感謝
    1
  • てるてるぼうずをぶら下げていても、いっこうに雨がやまないから、宝物を入れて大きくしてみようという発想に共感するのはまだできなかったようで、反応はイマイチでした。途中節をつけて読める文があるので、歌うように読むとそこはニコッ。と反応してくれました。
    同じコッコさんシリーズの別の本を持っているので、そちらの方がヒットしました。

    掲載日:2018/08/09

    参考になりました
    感謝
    0
  • やさしいね

    こっこさんのひたむきな感じが、いじらしく可愛いお話です。
    毎日毎日の雨降りです。
    てるてるぼうずにおねがしていたこっこさんが
    毎日考えて、お手紙書いたり、宝物をあげたり、
    おしまいには疲れているのねと
    添い寝をして、はげますところがすごいです。
    気持ちが通じたのか、ピッカピカですね。
    こっこさんかわいいです。

    掲載日:2018/01/15

    参考になりました
    感謝
    0
  • 愛らしい!

    晴れを待ち望む幼い子供の心情と行動が,実に愛らしく描かれている絵本でした!
    てるてるぼうずに手紙や宝物を詰め込んで,大きく太ったてるてるぼうずが疲れてしまったら看病して,子供らしいこんな発想に心温まりました。
    もう大人の私にはこんな純粋で無垢な感情はないかも。。。
    幼い子供ならではの想い,大切にしていってあげたいなとこの絵本を読んで思いました。
    愛らしくてちょっとキュンとしてしまいました!

    掲載日:2016/03/07

    参考になりました
    感謝
    0
  • 隠れた名作

    味わい深いイラストはなんだか昭和の香りを感じますが、ストーリーの温かみとマッチして雰囲気があってよかったです。
    コッコさんが明日天気になるようにてるてるぼうずを作るのですが、子どもながらの可愛らしい気持ちが見事に表現されていて、読んでいてほっこりできる作品です。最近では海外からの素敵な絵本もたくさんありますが、日本らしさを感じる素晴らしい絵本だと思います。

    掲載日:2016/03/03

    参考になりました
    感謝
    0
  • てるてる坊主

    てるてる坊主って懐かしいです。コッコさんが作ったてるてる坊主全然晴れになりません。最後はてるてる坊主と一緒に布団で寝ました。やっと晴れましたね。っててるてる坊主のおかげ?それはまあ絵本なので…子どもはどう受け止めているのでしょう。大人とは違う受け止めかたをしているのかな。

    掲載日:2015/11/10

    参考になりました
    感謝
    0
  • 天気になーれ

    • みちんさんさん
    • 30代
    • ママ
    • 愛知県
    • 女の子2歳、女の子0歳

    主人公のコッコさんが幼児だけど印象的でした。
    たしかにコッコさんと呼びたくなる顔をしていますね。
    一生懸命てるてるぼうずを作り、てるてるぼうずを信じ続けるところがいいですね。
    最後はしっかりと晴れてやったね、と子供とコッコさんに語りかけてしまいました。

    掲載日:2013/09/17

    参考になりました
    感謝
    0
  • てるてるぼうずもつかれるよね

    毎日毎日、作ったてるてるぼうずに「あしたてんきにしてください」と
    歌っているコッコさんですが、雨はなかなかやみません。
    最後には、てるてるぼうずもつかれているんだ!と思い、ふとんを
    しいてやすませてあげます。
    そりゃあ、てるてるぼうずも疲れるよね。毎日がんばっていればね、と
    娘とふたりで納得しました。
    やすませてあげたら・・思った通り!!ですものね。

    娘はてるてるぼうずさんのおふとんがかわいいと喜んでいました。

    掲載日:2013/07/22

    参考になりました
    感謝
    0
  • てるてるぼうずのうた

    雨の続く日、てるてるぼうずを女の子が作って晴れることをお願いするお話です。

    初めて読んだ日は丁度天気が、雨でした。
    本を開いたときの息子の食いつきは正直いまいちでしたが、
    「てるてるぼうず〜てるぼうず。明日てんきにしてくださ〜い♪」
    の歌を気に入ってくれたみたいでした。
    そして、その直後に家にあるガーゼとティッシュで初めて
    てるてるぼうずを作りました。

    以降、ふとしたときに、ひとりで
    「てるてるぼうず〜♪」と歌っています。

    掲載日:2013/01/16

    参考になりました
    感謝
    0
  • てるてるぼうずも疲れるの

    梅雨の時期のお話でしょう。
    コッコさんは、てるてるぼうずを作っています。
    願いを込めて、たくさんたくさん込めて。
    かわいいですねー。そうそう、子供って、てるてるぼうずは大きいほうが、晴れると思っているんですよねー。
    それでも晴れない・・・そこで「疲れちゃったんだ」という考えになるのは、コッコさんの優しさでしょう。

    掲載日:2012/10/16

    参考になりました
    感謝
    0

47件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 2 3 4 5 次の10件 最後のページ

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。

この作品にレビューを投稿された方は、こんな作品にも投稿しています

しろくまちゃんのほっとけーき / ぐりとぐら / おつきさまこんばんは / きんぎょがにげた / いないいないばあ / もこ もこもこ / ねないこ だれだ / くだもの / あおくんときいろちゃん / えんそくバス

絵本の人気検索キーワード

ぐりとぐら /  はらぺこあおむし /  バムとケロ /  こびとづかん /  はじめてのおつかい /  そらまめくん /  谷川俊太郎 /  ちいさなちいさな王様 /  いないいないばあ /  いやいやえん /  スイミー /  飛び出す絵本

出版社おすすめ



「ろっぺいブックス はじめてのえほん」刊行記念インタビュー

みんなの声(47人)

絵本の評価(4.63)

何歳のお子さんに読んだ?


全ページためしよみ
年齢別絵本セット