ふんふんなんだかいいにおい」 みんなの声

ふんふんなんだかいいにおい 作:西巻 茅子
出版社:こぐま社 こぐま社の特集ページがあります!
本体価格:\1,200+税
発行日:1977年
ISBN:9784772100540
評価スコア 4.69
評価ランキング 1,756
みんなの声 総数 54
  • この絵本のレビューを書く

立場で選ぶ

並び替え

54件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 2 3 4 5 ... 次の10件 最後のページ
  • やっぱり名作。

    何年も前から、いい絵本だという情報は持っていて、娘が楽しめる時期を見計らって・・・と思っていたので、そろそろかな、と読んであげました。
    タイトルのイメージと内容が違う感じだったのが、より面白かった気がします。
    長女向けと思って読みましたが、意外に二歳の次女の方が気に入って、「狼の子がエーンエーンってないちゃう絵本読んで」と、毎日おねだりしてくれます。

    投稿日:2006/12/17

    参考になりました
    感謝
    1
  • ロングセラー作品

    わたしのワンピースが有名の作者ですが、こちらはもう少しボリュームある作品です。急いでいる女の子、朝の食事もゆっくりしていられないようです。おくちのまわりの食べ物のにおいを嗅ぎつけて動物たちが話しかけてきますが・・・。後半話は方向転換していきますが、とても心温まる絵本です。

    投稿日:2020/09/05

    参考になりました
    感謝
    0
  • さっちゃんはおてんばさんだけど優しい子

    さっちゃんが急いで朝ごはんを食べて出て行くところから物語は始まります。途中で色んな動物の子たちに会い、出会った動物の子たちがさっちゃんの家に集まって・・・というお話です。
    最初読んでみての感想はさっちゃんはとってもおてんばさんだなあと思いました。あれれ、お口もお洋服もべたべたのままでお出かけしちゃうの?なぜよその子(動物の子)たちが先におうちに来ちゃうの(汗)、それでも優しくみんなに接するさっちゃんのお母さんはなんて寛大なんだ!と思いながら読んでいました。次に読んだ時にさっちゃんがお母さんのために花を摘んでいる姿に目が止まり、癒されました。
    子どもはさっちゃんが動物の子たちに「とまれ!おまえは○○だな」と言われる場面が好きなようです。また、最後におおかみの子がさっちゃんのお母さんにだっこされる場面も好きみたいで「おおかみくん、なんでないてるの?だれがだっこしてるの?」と一生懸命聞いてきました。

    さっちゃんはおてんばさんだけど、お母さんのためにできることを自分なりに一生懸命やる優しい子です。おおかみの子たちも素直な子で、さっちゃんのお母さんはそれを分かっているのかなと感じました。わが子を愛するのはもちろんですが、自分の子ども以外の子にも愛情を持って接してあげることが大事なのかな、と(親目線ですが)考えさせられた一冊でした。

    投稿日:2020/05/13

    参考になりました
    感謝
    0
  • お母さんがいないこと

    母親の死が出てくる絵本ですが、とても温かくて、母親を亡くした子にも、読んであげて、抱っこしてあげてほしいと思いました。
    おはなし会のボランティアのなかにはで、お母さんがいない子のいるクラスでは、お母さんが出てくる絵本を読まないということを聞いたことがあります。そのことの是非は、そのクラスの状況により、一概には考えられないですが……私は、それでいいのかな?と思っています。

    投稿日:2018/01/30

    参考になりました
    感謝
    0
  • きゅーっとだっこ

    親子ともにほっこりするストーリーを、西巻茅子さんが温かい色彩で語りかけます。
    さっちゃんは朝ごはんもそこそこに、野原へ急いでお出かけ。
    だから、あちこち朝ご飯の残りで汚れていて、それが、動物たちを引き寄せるのですね。
    なるほど、子どもらしい展開です。
    そして、さっちゃんの目的も素敵です。
    お母さんへのお誕生日プレゼントのためのお花摘みなんですよ。
    春の野原でしょうか。
    子どもの気持ちにぴったり寄り添う存在感がいいですね。
    後半はもちろん、親子の愛がいっぱい。
    動物たちもおすそわけ、って素敵だと思います。
    そう、おおかみの子のように、寂しい子もいるということをそっと教えてくれます。
    なにより、お母さんの対応が秀逸です。
    こうありたいものです。
    1977年初版。
    出会えてよかったです。

    投稿日:2017/03/07

    参考になりました
    感謝
    0
  • おかあさん

    • みちんさんさん
    • 30代
    • ママ
    • 愛知県
    • 女の子3歳、女の子1歳

    おかあさんのために一生懸命走る女の子。
    食べ物をぺたぺたとつけっぱなしのままはこまりものですが(笑)、かわいらしいですね。そのおかげでお友達も増えることですし。
    においにつられるみんな。おかあさんのお料理はきっとさぞかしおいしいのでしょうね。
    おかあさんも娘に誕生日をお祝いされて嬉しかったと思います。
    おおかみくんのことは予想外でしたが、おかあさんと女の子の反応がとてもあたたかいもので良かったです。

    投稿日:2014/11/21

    参考になりました
    感謝
    0
  • 微笑ましい!

    お母さんの誕生日のプレゼントにとお花摘みにでかける主人公の女の子が微笑ましいです。
    でも,朝急いで朝食を食べたので,手も口もエプロンもベトベトで朝食の匂いも。
    それを嗅ぎ付けてたくさんの動物達が集まってきて。
    お母さんのお誕生日は思いがけないお客様!?で大にぎわい一波乱(笑)。
    お母さんのお誕生日を祝おうという主人公の女の子の気持ちに読んだあと心もほかほかになりました!

    投稿日:2014/08/29

    参考になりました
    感謝
    0
  • いやしこの、甘えん坊も・・・

    • もゆらさん
    • 50代
    • その他の方
    • 神奈川県

     娘お気に入りの一冊。
    なにより、すぐともだちができるストーリーと、自由なタッチでくっちゃらくちゃらした絵が、たまらなく楽しいと、申しております。
     こどもにも何やら優先順位がございますようで、それはきつねさんや、くまさんやおおかみさんにも言えることだとかで。親の自分が読み聞かせながら、ふんふん、なるほどいいにおい、と学んでいる気がしてしまう。
     それにつけても母親の愛情が、う〜〜〜〜〜〜〜〜ん、やっぱ一番かぁ・・・。

    投稿日:2013/11/03

    参考になりました
    感謝
    0
  • 子供ってそれだけでいいにおい

    優しい色使いの挿絵で、ほのぼのするお話です。

    急いで朝食を食べたせいで、いろんなにおいをつけたまま出かけたさっちゃん。道で出会った動物に「おまえはいちごジャムだな」などと言われるくりかえしが楽しいです。時々私が真似して、「おまえはチョコレートだな」などと娘に言うと、笑って絵本のセリフで言い返してきます(笑)

    おおかみは悪役で描かれがちですが、ここではママを失ったかわいそうな設定です。「お母さんをかしてあげる」と言ってあげられる優しいさっちゃんに感動。他のお友達とちょっとでも仲良く話をすると、激しく焼き餅を焼く娘に少しでも伝わるといいのですが^^

    投稿日:2013/08/21

    参考になりました
    感謝
    0
  • ステキな結末

    とっても心あたたまるお話です。

    女の子がお母さんにお花をプレゼントするために

    一生懸命になっているところがよかったです。

    ご飯を食べ終わった後汚れたままで飛び出します。

    その汚れ、においこそがこのお話を盛り上げます。

    森で出会った動物たちとお友達になり、

    そしてお母さんにもプレゼントをあげることができる。

    最初から最後までハッピーなお話です。

    女の子が動物と話すとき、ちょっとクールなのが

    とてもおもしろいです。

    投稿日:2013/04/15

    参考になりました
    感謝
    0

54件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 2 3 4 5 ... 次の10件 最後のページ

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。

この作品にレビューを投稿された方は、こんな作品にも投稿しています

はらぺこあおむし / しろくまちゃんのほっとけーき / ぐりとぐら / おつきさまこんばんは / きんぎょがにげた / いないいないばあ / もこ もこもこ / はじめてのおつかい / おおきなかぶ / がたん ごとん がたん ごとん

絵本の人気検索キーワード

ぐりとぐら /  はらぺこあおむし /  バムとケロ /  こびとづかん /  はじめてのおつかい /  そらまめくん /  谷川俊太郎 /  ちいさなちいさな王様 /  いないいないばあ /  いやいやえん /  スイミー /  飛び出す絵本

出版社おすすめ



『はれときどきぶた』40周年おめでとう!<br>作者・矢玉四郎さんインタビュー

みんなの声(54人)

絵本の評価(4.69)

何歳のお子さんに読んだ?


全ページためしよみ
年齢別絵本セット