貝の火 貝の火
作: 宮沢 賢治 絵: おくはら ゆめ  出版社: 三起商行(ミキハウス) 三起商行(ミキハウス)の特集ページがあります!
親子のひばりは、沢山おじきをして申しました。 「これは貝の火という宝珠でございます。 王さまのお伝言ではあなた様のお手入れ次第で、この珠はどんなにでも立派になる
絵本が毎月届く「ワクワク」をぜひお子様に。 絵本ナビの定期購読「絵本クラブ」 お申し込みはこちらから>>>
むしサッカーはらっぱカップ
チェックする  
気になった作品はチェックして、マイページであとからゆっくり確認できます。(要サインイン)

むしサッカーはらっぱカップ

  • 絵本
作: 杵川希
絵: 近藤 薫美子
出版社: 教育画劇 教育画劇の特集ページがあります!

在庫あり

平日朝8時までの注文で当日発送
※お届け日は翌日以降(詳しくはコチラ

本体価格: ¥1,300 +税

絵本ナビ在庫 残り2

  • 利用できる決済方法
  • クレジットカード

  • 代金引換

  • dケータイ払いプラス

  • 後払い

※「dケータイ払いプラス」はスマートフォンからのみご利用いただけます。

作品情報

  • 全ページためしよみする
  • ちょっとためしよみする

発行日: 2006年05月
ISBN: 9784774607047

みどころ

 熱い試合が始まります。その名も「はらっぱカップ」。そして何と選手は全部虫!ゴールキーパーはクツワムシ、フォワードはナナフシ・・・。次々とコアな虫の名前が出てきます。
サッカーが好きな子も虫が好きな子が好きな子もまるごとかかかってこいー!って感じでしょうか。

(磯崎園子  絵本ナビ編集長)

むしサッカーはらっぱカップ

ベストレビュー

サッカーの試合の臨場感

題名の通り虫達のサッカーの試合です。
でも、緻密に描かれた画面から、試合の臨場感がずんずん感じられます。
サッカー大好き!の作者と画家の共同作品だけに、熱い想いが伝わります。
エスコートキッズと一緒の入場なんて心憎いです。
細かく描かれたサポーターの描写から、大歓声が聞こえます。
審判のホイッスルの音も、本物の味わいです。
虫ならではのハプニングには妙に実感です。
(信じられないプレーのある小学生低学年の試合とよく似ていますよ。)
細部にサブストーリーがあるので、
ぜひじっくりとお楽しみください。
(レイラさん 40代・ママ 男の子12歳、男の子10歳)

この作品を見た人はこんな作品も見ています

この作品を見た人はこんなグッズを見ています

出版社おすすめ


近藤 薫美子さんのその他の作品

むしホテルのおばけさわぎ / まよいが / ぴょんぴょんむし / むしホテルへようこそ / はじめまして / もりへぞろぞろ



『いちまるとふしぎな手』 <br>八田香里さん&宮下知子さんインタビュー

むしサッカーはらっぱカップ

みんなの声(20人)

絵本の評価(4.24

何歳のお子さんに読んだ?




全ページためしよみ
年齢別絵本セット