貝の火 貝の火
作: 宮沢 賢治 絵: おくはら ゆめ  出版社: 三起商行(ミキハウス) 三起商行(ミキハウス)の特集ページがあります!
親子のひばりは、沢山おじきをして申しました。 「これは貝の火という宝珠でございます。 王さまのお伝言ではあなた様のお手入れ次第で、この珠はどんなにでも立派になる
【本好きな子になってほしい!】と思うママへ。 絵本を毎月お届けします.。まずはチェック。 >>>
にっぽんのおにぎり
チェックする  
気になった作品はチェックして、マイページであとからゆっくり確認できます。(要サインイン)

にっぽんのおにぎり

  • 絵本
著: 白央 篤司
出版社: 理論社 理論社の特集ページがあります!

在庫あり

物流センター移転に伴う配達遅延のお知らせ

本体価格: ¥1,400 +税

  • ハッピー・リユース・プログラム対象作品

絵本ナビ在庫 残り1

  • 利用できる決済方法
  • クレジットカード

  • 代金引換

  • dケータイ払いプラス

  • 後払い

※「dケータイ払いプラス」はスマートフォンからのみご利用いただけます。

作品情報

  • ちょっとためしよみする

発行日: 2015年06月
ISBN: 9784652201060

25×21p 48ページ

出版社からの紹介

鮭やおかか、つくだ煮やお漬け物…47都道府県のそれぞれの地方で愛されているおにぎり、その土地の食べ物でアレンジしたおにぎりを大きな写真とともに紹介しています。土地の歴史や風土も伝えてくれるまさにおにぎり風土記絵本。

にっぽんのおにぎり

ベストレビュー

おにぎり

全頁試し読みで読みました。47都道府県のおにぎりが、写真と解説で紹介されています。どのおにぎりも凄く美味しそうで、朝食を食べた私ですが、おにぎりなら別腹で食べれそうです。孫が魚アレルギーであるのでなかなか家でおにぎりを作る時は具材に気をつけないといけないのですが、やっぱり愛知県出身の私は、天むすが大好きなので食べたいです。天むすの歴史は、50年ということを知って私より若いことを知りました。旅行に行ったらご当地ご自慢のおにぎりを食べたいと思いました。表紙の塩むすびも家で作れるから作って食べたいと思いました。
(ぴょーん爺さん 60代・じいじ・ばあば )

この作品を見た人はこんな作品も見ています

この作品を見た人はこんなグッズを見ています

出版社おすすめ


白央 篤司さんのその他の作品

にっぽんのおかず / ジャパめし。 ところ変われば食変わる―地元レシピ42 / にっぽんのおやつ



永遠のウルトラ少年・少女たちへ捧ぐ!ウルトラセブン絵さがし本

にっぽんのおにぎり

みんなの声(15人)

絵本の評価(4.31

何歳のお子さんに読んだ?

じいじ・ばあばの声 1人

じいじ・ばあばの声一覧へ




全ページためしよみ
年齢別絵本セット