宮沢賢治の絵本 貝の火 宮沢賢治の絵本 貝の火
作: 宮沢 賢治 絵: おくはら ゆめ  出版社: 三起商行(ミキハウス) 三起商行(ミキハウス)の特集ページがあります!
親子のひばりは、沢山おじきをして申しました。 「これは貝の火という宝珠でございます。 王さまのお伝言ではあなた様のお手入れ次第で、この珠はどんなにでも立派になる
【本好きな子になってほしい!】と思うママへ。 絵本を毎月お届けします.。まずはチェック。 >>>
うさぎのさとうくん
チェックする  
気になった作品はチェックして、マイページであとからゆっくり確認できます。(要サインイン)

うさぎのさとうくん

  • 絵本
作・絵: 相野谷由起
出版社: 小学館 小学館の特集ページがあります!

在庫あり

平日朝8時までの注文で当日発送
※お届け日は翌日以降(詳しくはコチラ

本体価格: ¥1,200 +税

  • ハッピー・リユース・プログラム対象作品

  • 利用できる決済方法
  • クレジットカード

  • 代金引換

  • atone翌月後払い

  • 後払い

  • d払い

※「d払い」はスマートフォンからのみご利用いただけます。

作品情報

発行日: 2006年04月
ISBN: 9784097274902

B20取・60頁

この作品が含まれるテーマ

出版社からの紹介

うさぎのさとうくんのほんわかした毎日。

うさぎのかぶりものをした男の子、さとうくん。淡々と過ごす毎日のなかに、楽しいこと、うれしいことが起こります。
詩的な文章と、中間色を多用したやさしいタッチのイラストが、見る人の心をあたたかく包みます。

ベストレビュー

ほんわかムード

「ちいさないけ」「くさのうみ」「ほしのよる」「すいか」「そらのまど」「くるみ」「もりのこおり」の7つの物語があります。うさぎのさとうはねるくんは、あるひうさぎになりました。から始まります。7つともほんわかムードのお話です。毎日のんびりと暮らして、好きなことをして暮らしているから幸せが伝わってくるのがいいなあと思いました。絵も明るいタッチがいいなあと思いました。
(ぴょーん爺さん 60代・じいじ・ばあば )

この作品を見た人はこんな作品も見ています

この作品を見た人はこんなグッズを見ています

出版社おすすめ

  • 築地市場
    築地市場の試し読みができます!
    築地市場
     出版社:小峰書店 小峰書店の特集ページがあります!
    豊洲への移転をひかえた市場の今を感謝の気持ちをこめて徹底取材!
  • パンダ銭湯
    パンダ銭湯
    作・絵:ツペラ ツペラ(tupera tupera) 出版社:絵本館 絵本館の特集ページがあります!
    いま、明かされるパンダのひみつ。

相野谷 由起さんのその他の作品

ポカポカスープ / うさぎのさとうくん こうちゃのうみ / ぷちぷちまめこ / 紙芝居 いいものなんだ? / わたしはいまとてもしあわせです 難病のともだちからあなたへ / がんばれ けろファミリー!



翻訳者 中井はるのさん、編集者 三輪ほう子さん インタビュー!

うさぎのさとうくん



全ページためしよみ
年齢別絵本セット