だれか ぼくを ぎゅっとして! だれか ぼくを ぎゅっとして!  だれか ぼくを ぎゅっとして! の試し読みができます!
作・絵: シモーナ・チラオロ 訳: おびか ゆうこ  出版社: 徳間書店 徳間書店の特集ページがあります!
小さな子どものサボテン、サボタの「だきしめてほしい思い」を描いた、心がほっとあたたまる絵本です。
【アドベントカレンダーあります】クリスマスまでの毎日を、ワクワク楽しみましょう♪
だるまちゃんとうさぎちゃん
チェックする  
気になった作品はチェックして、マイページであとからゆっくり確認できます。(要サインイン)

だるまちゃんとうさぎちゃん

  • 絵本
作・絵: 加古 里子
出版社: 福音館書店 福音館書店の特集ページがあります!

在庫あり

平日朝8時までの注文で当日発送
※お届け日は翌日以降(詳しくはコチラ

本体価格: ¥900 +税

  • 利用できる決済方法
  • クレジットカード

  • 代金引換

  • dケータイ払いプラス

  • 後払い

※「dケータイ払いプラス」はスマートフォンからのみご利用いただけます。

作品情報

発行日: 1977年04月
ISBN: 9784834004502

読んであげるなら・3才から
自分で読むなら・小学低学年から

この作品が含まれるシリーズ

関連するスペシャルコンテンツ


かこさとしさん90歳おめでとう! 記念連載第7回


「だるまちゃん」シリーズの魅力に迫る!


『だるまちゃんの絵本(7冊セット)』に、「とんとんかみずもう」を2」枚おまけに付けて、数量限定商品として販売中!


▼ 絵本とあわせて、贈り物にも自分用にも♪
>>「だるまちゃん」グッズはこちら

みどころ

 だるまちゃんシリーズ第三弾は雪の中でうさぎちゃんと一緒に遊ぶおはなし。何だか懐かしいレトロで温かい雰囲気のストーリーは他シリーズと同様、その上にところどころに雪の遊び方や手袋人形の作り方などがたくさん載っていて加古里子ワールドがたっぷり堪能できます。雪が降った日にこれは楽しい絵本です。

だるまちゃんとうさぎちゃん

出版社からの紹介

だるまちゃんシリーズの第3作目。雪の日、だるまちゃんはうさぎちゃんたちに会い、いっしょに遊び始めました。冬の遊びをふんだんに紹介している絵本です。

ベストレビュー

早速、うさぎのぼうし作りました(^・^)

「だるまちゃんとてんぐちゃん」「だるまちゃんとかみなりちゃん」
の大ファンの年少の息子は、園から帰宅するなり、
「今日ね、『だるまちゃんとうさぎちゃん』を読んでもらったよ」と嬉しそうに報告。私もどんなお話か知りたかったし、早速読んであげました。
今の季節にぴったりの雪のお話で、とっても可愛い。
雪だるまの目がりんごと言う発想がなんとも言えない。
たんげさぜん、ざとういちとか昔の言葉が出てきたりもして、内容は分かるのかなって心配もしましたが、色々な遊びを紹介してくれて楽しかったです。
りんごのだるまを作らされたり、うさぎの帽子を折り紙で作らされたり、絵本を読む楽しみの他に盛り沢山楽しみを与えてくれました。
(秀のママさん 30代・ママ 男の子4歳)

この作品を見た人はこんな作品も見ています

この作品を見た人はこんなグッズを見ています

出版社おすすめ

  • こどものなかま
    こどものなかま
     出版社:BL出版 BL出版の特集ページがあります!
    ペンギンのなかま、クジラのなかま、サイのなかま、なかまと出会い遊んだあとで、ぼくがみつけたのは…

加古 里子さんのその他の作品

だるまちゃんとにおうちゃん / だるまちゃんしんぶん / だるまちゃんと楽しむ 日本の子どものあそび読本 / だるまちゃんすごろく / 絵巻じたて ひろがるえほん かわ / だるまちゃんとにおうちゃん



宮部みゆきさん × 佐竹美保さん 対談インタビュー

だるまちゃんとうさぎちゃん

みんなの声(98人)

絵本の評価(4.62

何歳のお子さんに読んだ?




全ページためしよみ
年齢別絵本セット