宮沢賢治の絵本 貝の火 宮沢賢治の絵本 貝の火
作: 宮沢 賢治 絵: おくはら ゆめ  出版社: 三起商行(ミキハウス) 三起商行(ミキハウス)の特集ページがあります!
親子のひばりは、沢山おじきをして申しました。 「これは貝の火という宝珠でございます。 王さまのお伝言ではあなた様のお手入れ次第で、この珠はどんなにでも立派になる
絵本が毎月届く「ワクワク」をぜひお子様に。 絵本ナビの定期購読「絵本クラブ」 お申し込みはこちらから>>>
もりのおやつやさん
チェックする  
気になった作品はチェックして、マイページであとからゆっくり確認できます。(要サインイン)

もりのおやつやさん

  • 絵本
作・絵: とりごえ まり
出版社: 学研 学研の特集ページがあります!

本体価格: ¥1,200 +税

  • ハッピー・リユース・プログラム対象作品

「もりのおやつやさん」は現在購入できません

  • 利用できる決済方法
  • クレジットカード

  • 代金引換

  • d払い

  • 後払い

※「d払い」はスマートフォンからのみご利用いただけます。

作品情報

  • ちょっとためしよみする

発行日: 2008年04月
ISBN: 9784052030116

幼児〜小学生

この作品が含まれるシリーズ

出版社からの紹介

「♪おやつ、おやつ、おやつのじかん」と歌いながら、森の動物たちが集まってきました。ハルちゃんとこねこのチュチュもあとをつけていくと、そこはもりのおやつやさん。あまい香りと笑顔がいっぱいのお店です。でもチュチュがつまみぐいをしたものだから…。
【著者プロフィール】
1965年金沢生まれ。〈しんくんとのんちゃん〉シリーズ(アリス館)や〈ハリネズミのくるりん〉シリーズ(文溪堂)など、かわいい動物の絵本で人気。ほかに『ももんがモンちゃん』(学研)などの作品がある。

ベストレビュー

ブンブーン!

おやつの時間、森の動物達がいろいろな食べ物を持って集まってきます。
ハルちゃんと一緒にその様子を見に来たこねこのチュチュが、うっかりみんなの邪魔をしてしまうのですが・・・

とてもかわいらしい絵で、ほのぼのとした雰囲気がよく出ています。
おいしいケーキを食べるみんなの様子も、とても幸せそう。
大きな大きなケーキ、一緒に食べたくなります。

娘はみつばちを指さしながら「ブンブーン!」と元気よくおしゃべりしていました。
おさるさんが出てきたときには「アーイアイ!」
歌を途中途中に織り交ぜながら、絵本を楽しみました。
(こりえ♪さん 30代・ママ 女の子1歳)

この作品を見た人はこんな作品も見ています

この作品を見た人はこんなグッズを見ています

出版社おすすめ


とりごえ まりさんのその他の作品

とんだとんだ / どうぶつえん だいすき / コトリちゃん / ぼくのへやのりすくん / ロバのポコとうさぎのポーリー / 新装版 ぱたぱたしかけ みにくいあひるのこ



みごたえ満点!船の断面図絵本『ペンギンクルーズ』のはなはるかさんインタビュー

もりのおやつやさん

みんなの声(36人)

絵本の評価(4.46

何歳のお子さんに読んだ?




全ページためしよみ
年齢別絵本セット