パパのぼり パパのぼり パパのぼりの試し読みができます!
作・絵: きくち ちき  出版社: 文溪堂 文溪堂の特集ページがあります!
お父さんと一緒に遊びたくなる!
自宅でも、おでかけ中でも。名作絵本ムービー見放題♪ 【プレミアムサービス】
おちゃのじかんにきたとら
チェックする  
気になった作品はチェックして、マイページであとからゆっくり確認できます。(要サインイン)

おちゃのじかんにきたとら

  • 絵本
作・絵: ジュディス・カー
訳: 晴海 耕平
出版社: 童話館出版

在庫あり

平日朝8時までの注文で当日発送
※お届け日は翌日以降(詳しくはコチラ

本体価格: ¥1,400 +税

  • ハッピー・リユース・プログラム対象作品

  • 利用できる決済方法
  • クレジットカード

  • 代金引換

  • dケータイ払いプラス

  • 後払い

※「dケータイ払いプラス」はスマートフォンからのみご利用いただけます。

作品情報

発行日: 1994年9月
ISBN: 9784924938212

おはなし

 ソフィーとお母さんが台所でお茶の時間にしようとしていました。すると突然、玄関のベルが鳴り……、そこにいたのは毛むくじゃらの大きなとら。「ごめんください。ぼく、とてもおなかがすいているんです……。お茶の時間にご一緒させていただけませんか?」。とらが礼儀正しくお願いすると、「もちろんいいですよ」とお母さん。こうして、ソフィーたちはとらと一緒にお茶をいただくことになりました。でも、とらは大きいし、おなかをすかせていたので、テーブルの上のサンドイッチやパン、ビスケット、ケーキだけでなく、家にある食べ物をすべてをたいらげてしまい……。

みどころ

 ある日突然、オレンジ色と黒の縞模様のとらが家にやって来たらどうします? それも礼儀正しく丁寧に「お茶の時間にご一緒させていただけませんか?」なんてお願いしてきたら……。ソフィーとお母さんは慌てることなく、お客様としてとらをもてなし、一緒にお茶を楽しみました。とらが、作りかけの夕ご飯や冷蔵庫の食料、棚の缶詰めもみんな食べてしまったにもかかわらず、ソフィーたちはとらと和やかに別れ、まるで何もなかったかのよう。一大事であるはずのできごとが、このお話では平穏の中に終結する――その異常の平常さが状況のおかしさを誘っています。
 お父さんが帰宅し、ちゃんと問題を解決してくれる場面に心が温まります。ごく日常的な英国の家庭風景を垣間見ることができるのも、この作品の魅力。うちにもとらが来るかもしれない……、そんな期待を抱かせてくれる終わり方には広がりがあり、想像力をかきたてられます。
 1968年の初版以来、世界で300万部を売り上げ、もっとも人気のある絵本作品のひとつと言われています。
――(ブラウンあすか)

ベストレビュー

おちゃのじかんブームです

「おちゃのじかん」という海外の風習をベースにしたものがたり。
お茶とクッキーとケーキとサンドイッチがならぶお茶の時間。
牛乳屋さんや雑貨屋さんが配達にきてくれる、という風景も
身の回りにはないので、こどもたちには新鮮だったようです。
おかあさんも、おんなのこも、とても素敵な色使いの服を着ていて
デザイン的にも見ていてたのしいです。
買ってしばらくは「おやつの時間」が「おちゃの時間」になりました、笑。
(OKIREMさん 30代・ママ )

この作品を見た人はこんな作品も見ています

この作品を見た人はこんなグッズを見ています

出版社おすすめ


ジュディス・カーさんのその他の作品

アルバートさんと赤ちゃんアザラシ / ワニくんとパーティーにいったんだ / ねこのモグとかぞくたち / いつも ふたりで / モグとうさポン / モグ そらをとぶ

晴海 耕平さんのその他の作品

三びきのごきげんなライオン / ちいさなおんどり / うちのこみませんでした? / ブレーメンのおんがくたい / アルどこにいるの? / まほうのなべ



『へんてこレストラン』 <br>古内ヨシさん 竹内通雅さんインタビュー

おちゃのじかんにきたとら



全ページためしよみ
年齢別絵本セット