くらやみのゾウ ―ペルシャのふるい詩から― くらやみのゾウ ―ペルシャのふるい詩から―
再話: ミナ・ジャバアービン 絵: ユージン・イェルチン 訳: 山口 文生  出版社: 評論社 評論社の特集ページがあります!
「群盲象を評す」としても知られる物語。3世紀の世界的なペルシャ詩人、ルーミーの詩をもとにしたお話です。
人気絵本をスマートフォン・タブレットで!絵本読み放題サービス♪【プレミアムサービス】
ぼくがあかちゃんだったとき
チェックする  
気になった作品はチェックして、マイページであとからゆっくり確認できます。(要サインイン)

ぼくがあかちゃんだったとき

  • 絵本
作・絵: 浜田 桂子
出版社: 教育画劇 教育画劇の特集ページがあります!

在庫あり

平日朝8時までの注文で当日発送
※お届け日は翌日以降(詳しくはコチラ

本体価格: ¥1,200 +税

  • ハッピー・リユース・プログラム対象作品

絵本ナビ在庫 残り1

  • 利用できる決済方法
  • クレジットカード

  • 代金引換

  • d払い

  • 後払い

※「d払い」はスマートフォンからのみご利用いただけます。

作品情報

  • 全ページためしよみする
  • ちょっとためしよみする

発行日: 2000年05月
ISBN: 9784774604824

出版社からの紹介

6歳の誕生日、おとうさんがぼくがあかちゃんだったときの話をしてくれたよ。心あたたまる絵本。

ぼくがあかちゃんだったとき

ベストレビュー

愛情の確認です!

主人公の男のが6才の誕生日に今までの成長をお父さんから教えられるお話です。
年中になったばかりの息子でも、お話は決して難しくなかったようです。
子供ってとっても不思議なことに、覚えているかどうか分からないこと聞きたがります。
生まれた時のこと、おっぱい飲んでいた時のこと、歩いた時のこと・・・、それって自分が愛されているという愛情確認の為に聞くのではないかな?と私は思います。
主人公の男の子もお父さんから沢山のことを聞いて嬉しかったと思うし、愛されていること確認出来た事と思います。
読んで損はない作品です。
(秀のママさん 30代・ママ 男の子4歳)

この作品を見た人はこんな作品も見ています

この作品を見た人はこんなグッズを見ています

出版社おすすめ

  • うさぎマンション
    うさぎマンションの試し読みができます!
    うさぎマンション
     出版社:くもん出版
    うさぎマンションには、 画家、パン屋、音楽家、魔法使い… いろんなうさぎが住んでいます。1部屋ごとに

浜田 桂子さんのその他の作品

まよなかかいぎ / だれのこどももころさせない / わらう / あげます。 / おやおやじゅくへようこそ / 日・中・韓平和絵本 へいわって どんなこと?



ひゅ〜どろどろどろだらけ〜♪おばけ野菜がいっぱい!

ぼくがあかちゃんだったとき

みんなの声(31人)

絵本の評価(4.66

何歳のお子さんに読んだ?

ママの声 26人

ママの声一覧へ

じいじ・ばあばの声 1人

じいじ・ばあばの声一覧へ




全ページためしよみ
年齢別絵本セット