話題
まほうのさんぽみち

まほうのさんぽみち(評論社)

絵本が大好きな女の子とパパの、幸せであたたかいお話。

新刊
トラといっしょに

トラといっしょに(徳間書店)

美しいイラストで描いた心に残る絵本

  • 学べる
  • ギフト
コッコさんのともだち

コッコさんのともだち

  • 絵本
作・絵: 片山 健
出版社: 福音館書店

税込価格: ¥990

  • ハッピー・リユース・プログラム対象作品

「コッコさんのともだち」は現在購入できません

  • 利用できる決済方法
  • クレジットカード

  • 代金引換

  • atone翌月後払い

  • d払い

※「d払い」はスマートフォンからのみご利用いただけます。

  • Line

作品情報

発行日: 1991年04月
ISBN: 9784834004359

読んであげるなら・2才から
24P 22X21cm

この作品が含まれるシリーズ

みどころ

保育園のへやのすみ。
ひとりぼっちで立っているのは?

コッコさんです。
コッコさんは、なかなかみんなと遊べません。
お庭に出ても、やっぱりみんなと遊べません。

「ふたりずつ てを つなぎましょ」

さあ困りました、コッコさん。
誰と手をつなげばいいんでしょう。
でも、ごらんなさい。あそこにもひとりぼっちで立っている子がいますよ……。

なかなか上手にみんなの輪の中に入れなかったコッコさんが、同じようにもじもじしているアミちゃんに出会い、少しずつみんなと遊べるようになるまでのお話。春になればよく見る光景、だけどコッコさんは自分かな、それとも隣でもじもじしているあの子かな、そんな風に読んでみると、みるみる絵が動き出し、まわりのみんなの声まで聞こえてくるのです。

片山健さんが描くのは、小さな女の子の繊細で可愛らしい心情。ささいな出来事だけれど、それはとっても魅力的。なぜなら本人たちにとっては、決してささいな話ではないからですよね。「うれしい」気持ちが伝わってきます。コッコさんの他のお話はシリーズで読むことができますよ。

(磯崎園子  絵本ナビ編集長)

コッコさんのともだち

出版社からの紹介

コッコさんは保育園で1人ぼっち。庭のすみにいて、なかなかみんなと遊べません。ある日先生が「さあ ふたりずつ てを つなぎましょう」といいました。コッコさんは困っていると、1人ぼっちの子が、もう1人いましたよ。手をつなぐと、うれしい気持ちになり、2人はどんどん仲よくなっていきました。引っ込み思案のコッコさんが、みんなと遊べるようになるまでのお話です。

ベストレビュー

シンプルに心に響きます

コッコさんシリーズ、ハズレなし。
お兄ちゃんの小さい頃から時々読んではいましたが、コッコさん女の子なもんで。あまり親近感がないのか息子はあまりはまりませんでしたが。
娘はどハマりです。
ちょっと無愛想に描かれたコッコさんが、なんともよくふてくされている娘とダブります。
今回のコッコさんはお友達ができるまでです。
1人でいるもの同士が仲良くなる、シンプルなお話ですが、そのきっかけが服の色なとことか、仲良くなって終わりかと思いきや、喧嘩して、喧嘩するからこそ他の子とも遊べるようになって、そしてやっぱり2人の楽しさもあって、という本当に友達ってことの本質を描いている気がしました。
今、まさに仲良しのお友達と始終喧嘩しちゃー仲直りしている娘。喧嘩できるってことの大切さも噛み締めてくれたかな?
(たっちママさん 40代・ママ 男の子7歳、女の子4歳)

この作品を見た人はこんな作品も見ています

この作品を見た人はこんなグッズを見ています

出版社おすすめ


片山 健さんのその他の作品

だーれもいない だ−れもいない / なっちゃんの なつ / とんねるをぬけると / あったかいな / だーれもいない だーれもいない / きはなんにもいわないの



『とびだすえほん たべるのだあれ?』すぎはらけいたろうさんインタビュー

コッコさんのともだち

みんなの声(65人)

絵本の評価(4.48

何歳のお子さんに読んだ?

プレミアムサービス


全ページためしよみ
年齢別絵本セット