ねずみくんのクリスマス ねずみくんのクリスマス
作: なかえ よしを 絵: 上野 紀子  出版社: ポプラ社 ポプラ社の特集ページがあります!
小さなクリスマスツリーをわらわれたねみちゃん。でも、ねみちゃんのツリーは、本当は大きなあるもののかざりだったのです。
morimoriさん 30代・ママ

クリスマスにぴったり^^
小さなねずみのねみちゃんがみんなのため…
0歳の子と読みたい絵本ベストセレクションよりこの3冊をご紹介(1)
あかちゃんはおかあさんとこうしておはなししています
チェックする  
気になった作品はチェックして、マイページであとからゆっくり確認できます。(要サインイン)

あかちゃんはおかあさんとこうしておはなししています

作・絵: スギヤマ カナヨ
出版社: 赤ちゃんとママ社

在庫あり

平日朝8時までの注文で当日発送
※お届け日は翌日以降(詳しくはコチラ

本体価格: ¥900 +税

  • 利用できる決済方法
  • クレジットカード

  • 代金引換

  • dケータイ払いプラス

  • 後払い

※「dケータイ払いプラス」はスマートフォンからのみご利用いただけます。

作品情報

  • 全ページためしよみする
  • ちょっとためしよみする

発行日: 2010年11月
ISBN: 9784870140622

B5判変型/24ページ

この作品が含まれるテーマ

関連するスペシャルコンテンツ


スギヤマカナヨ賞、赤ちゃんとママ社賞決定!

出版社からの紹介

ママになった喜びやうれしさ、
子どもをいとおしく思う気持ち…
日々の忙しさに追われて
忘れがちだった思いを
あらためて感じてほしい
すべてのママに贈りたい絵本。

あかちゃんはおかあさんとこうしておはなししています

ベストレビュー

あの頃も今も

娘が赤ちゃんのとき、慣れない育児に精一杯でした。
娘はまだ4歳ですが、赤ちゃんの時の表情や動きを
あまり覚えていません。
そのくらい余裕がなかったんだなって思います。
まるで、泣かせることが罪のようにすら感じていました。
ぐずるたびに慌て、あやし、それでも泣き止まないと
私も涙が出てきました。この本のように・・・。

泣いている顔も赤ちゃんの「お話」。
この本は、そう語ります。
泣き止ませることに必死になるのではなく、
時には、泣き顔をじっくり観察するくらいの
余裕を持てばよかったなって思います。

あれから4年が過ぎ、娘は「お話」が上手にできるように
なりました。
それでも、気持ちがかみ合わないときもありますが、
これもふたりの「お話」、大切にしていきたいなと思います。

何歳であっても、どのような親子関係でも、
すべては、子どもとの「お話」。
今の親子関係をじっくりと見つめる機会を与えてくれる本でした。
(しゅうくりぃむさん 40代・ママ 女の子4歳)

この作品を見た人はこんな作品も見ています

この作品を見た人はこんなグッズを見ています

出版社おすすめ


スギヤマ カナヨさんのその他の作品

おとうさんのクリスマスプレゼント / やってみよう!あいうえお / おまかせ!ヨーチェンジャー / ぼくのまちをつくろう! / いわんこっちゃない / レンタルおばけのレストラン



風変りで美しい表現方法がたくさん!

あかちゃんはおかあさんとこうしておはなししています

みんなの声(51人)

絵本の評価(4.4

何歳のお子さんに読んだ?




全ページためしよみ
年齢別絵本セット