うさぎマンション うさぎマンション うさぎマンションの試し読みができます!
作: のはな はるか  出版社: くもん出版
うさぎマンションには、 画家、パン屋、音楽家、魔法使い… いろんなうさぎが住んでいます。1部屋ごとに進行する物語を 見つけて、楽しむ絵本。
【アドベントカレンダーあります】クリスマスまでの毎日を、ワクワク楽しみましょう♪
あおくんときいろちゃん
チェックする  
気になった作品はチェックして、マイページであとからゆっくり確認できます。(要サインイン)

あおくんときいろちゃん

  • 絵本
作・絵: レオ・レオニ
訳: 藤田 圭雄
出版社: 至光社 至光社の特集ページがあります!

本体価格: ¥1,200 +税

「あおくんときいろちゃん」は現在購入できません

  • 利用できる決済方法
  • クレジットカード

  • 代金引換

  • dケータイ払いプラス

  • 後払い

※「dケータイ払いプラス」はスマートフォンからのみご利用いただけます。

作品情報

絵本クラブ
発行日: 1967年
ISBN: 9784783400004

2〜3歳 編集部おすすめ

関連するスペシャルコンテンツ


5000円分の図書カードをもらおう!(11/30まで)


カナガキ事務局長、廣川暁生さんに聞く、レオ・レオニの魅力

「【特別企画|コースター40枚付き】 レオ・レオニ絵本24冊セット(ギフトラッピング込)」も販売中です。>>>

▼ 絵本とあわせて欲しい♪タオルやポーチ、Tシャツなど。
>>レオ・レオニグッズはこちら

おはなし

あおくんはパパとママとおうちに住んでいて、お友達がたくさん。
でも一番の仲良しはきいろちゃんで、きいろちゃんは通りの向こうにパパとママと住んでいます。
ある日あおちゃんのママは、あおちゃんにお留守番を頼んでお買い物に。ところがあおちゃんはきいろちゃんと遊びたくて家を出てしまいます。あちこち探しますがきいろちゃんはいません。とうとう街角でばったりきいろちゃんと出会いました。あおくんときいろちゃんは嬉しくてくっつき・・・みどりちゃんになってしまいます。
遊びつかれたふたりは家に帰りますが、あおくんちでもきいろちゃんちでも「うちのこじゃない」と言われてしまいます。あおくんときいろちゃんは悲しくて大粒の涙を流します。泣いて、泣いて、ふたりは全部涙になってしまいます。
あおの涙はあおくんに、きいろの涙はきいろちゃんになりました。
「これなら ぱぱや まま きっと まちがえっこないね」
あおくんのパパやママはあおくんが帰ってきて大喜び。喜んできいろちゃんを抱き上げると・・・みどりになりました。あおくんのパパとママはそれを見ていきさつを理解しました。そしてきいろちゃんのパパとママと抱き合って・・・みどりになって・・・喜びを分かち合うのでした。

みどころ

「おはなし」をお読みになっていかがでしたでしょうか?しっかりしたストーリーですよね。
ところがこのストーリーの挿絵はすべて、色紙をちぎったような単純な絵なのです。
これほどまでにシンプルな絵で、これほどしっかりしたストーリーが出来るとは驚きです。
レオ・レオーニの代表作として必ず取り上げられるこの作品。レオーニが孫のために作ったことは有名で、長い間世界中の子どもたちに愛されています。

出版社からの紹介

絵の具で描かれた青や黄色のまるが生き生きと動きまわり、絵本ならではの夢と感動をもたらしてくれる。作者が孫のために作ったという人間愛あふれる絵本。

 この絵本の作者レオ・レオーニは長年アメリカで、もっとも活躍した芸術家の一人です。その多彩な創造力は絵画、グラフィック・アート、デザインの各分野で示されています。
 1910年アムステルダムに生れ、29才でアメリカに渡りました。アメリカでは創作のかたわらすぐれたアート・ディレクターとして多くの仕事をし、賞も受けています。
 すでに古典といわれるこの絵本はレオーニが孫たちにお話をせがまれた時、ぐうぜん生れたものです。手近の紙に色をつけて次つぎに登場人物を創りだしながら、孫たちもレオーニ自身も夢中だったといいます。
 アメリカでは、この絵本の、青と黄とが重なってまったく違った緑になるというテーマが、人と人の心の融和を暗示するものとして、おとなたちの間でも好評を博しています。
(表紙カバーより)

ベストレビュー

発想の勝利

なかなか色紙を切っただけのものを主人公にするなんて発想は思い付きませんよね
それを無理なくやってのけるレオ・レオニさんは凄いです!!
しかも、それにちゃんと命が宿って見えるんです
一緒に遊んだり、泣いたり…人と同じように見えるんです!!
これは多分子供が読んだら、もっと生きているように思えるかもしれないですね
(たにぐちまおさん 10代以下・その他の方 )

おすすめレビュー

創造する力

シンプルな切り絵ですが 説明もないのにお母さんお父さんって分かります。 想像する力があれば、色も動き出すんだと思いました。 一緒に合わさって別の色になる。 でもそれぞれの色の存在も大切。 青が居ないと緑にならないし 黄色が居ないと緑にならないし。 無駄なものなんてないんだなと思いました。

→続きを読む

powerd byまなびナビ

この作品を見た人はこんな作品も見ています

この作品を見た人はこんなグッズを見ています

出版社おすすめ


レオ・レオニさんのその他の作品

フレデリック(ビッグブック) / レオ・レオニの絵本セット(全22巻) / レオ・レオニの絵本セット(全21巻セット) / 英語でもよめる スイミー / ねずみの つきめくり / アレクサンダとぜんまいねずみ ビッグブック

藤田 圭雄さんのその他の作品

きんの えんとつ / 地球の病気 / あひるの おいしゃさん / そめごろうと からす / しょうぼうねこ



柚木沙弥郎さんのあかるい「雨ニモマケズ」




全ページためしよみ
年齢別絵本セット