くらやみのゾウ ―ペルシャのふるい詩から― くらやみのゾウ ―ペルシャのふるい詩から―
再話: ミナ・ジャバアービン 絵: ユージン・イェルチン 訳: 山口 文生  出版社: 評論社 評論社の特集ページがあります!
「群盲象を評す」としても知られる物語。3世紀の世界的なペルシャ詩人、ルーミーの詩をもとにしたお話です。
人気絵本をスマートフォン・タブレットで!絵本読み放題サービス♪【プレミアムサービス】
はるですよ ふくろうおばさん
チェックする  
気になった作品はチェックして、マイページであとからゆっくり確認できます。(要サインイン)

はるですよ ふくろうおばさん

  • 絵本
作・絵: 長 新太
出版社: 講談社 講談社の特集ページがあります!

本体価格: ¥1,400 +税

  • ハッピー・リユース・プログラム対象作品

「はるですよ ふくろうおばさん」は現在購入できません

  • 利用できる決済方法
  • クレジットカード

  • 代金引換

  • d払い

  • 後払い

※「d払い」はスマートフォンからのみご利用いただけます。

作品情報

発行日: 1996年
ISBN: 9784061322189

この作品が含まれるテーマ

出版社からの紹介

人気絵本作家長新太が描く創作絵本。
さむがりのふくろうおばさんが、毛糸で大きなふくろをあんで、森全体にかぶせます。ところが、動物たちは暑くて暑くてたまりません。講談社出版文化賞受賞作品。

ベストレビュー

ありえない展開で、楽しい♪

さむがりのふくろうおばさんは、手編みのセーターを着ています。
それでもまだ寒いので、自分が住んでいる木に手編みの袋をかぶせてしまいます。
それでもまだまださむいので隣の木・そのまた隣の木にも・・
とうとう、森全部がすっぽり入ってしまう大きな袋を完成させ、
かぶせてしまいます。
春になってあたたかくなってくると、
森に住んでいるほかの動物達は暑くて暑くてたまらなくなります。
単純なお話なんですが、
子ども達は楽しい繰り返しに爆笑ですよ。
(まりん♪さん 30代・ママ 女の子11歳)

この作品を見た人はこんな作品も見ています

この作品を見た人はこんなグッズを見ています

出版社おすすめ

  • はなびのひ
    はなびのひの試し読みができます!
    はなびのひ
     出版社:佼成出版社 佼成出版社の特集ページがあります!
    待ちに待った花火大会に、町じゅうがワクワクする様子が面白い! 一緒に花火を楽しみませんか?

長 新太さんのその他の作品

クレヨンぞうさん / 帽子から電話です / 長新太の絵はがきブック おめでとう / かしてあげたいな / ひとつずつ / ベタベタブンブンおおさわぎ



細田守監督&tupera tuperaさん対談インタビュー

はるですよ ふくろうおばさん

みんなの声(25人)

絵本の評価(4.38

何歳のお子さんに読んだ?

じいじ・ばあばの声 1人

じいじ・ばあばの声一覧へ




全ページためしよみ
年齢別絵本セット