すうじかるた 100かいだてのいえ すうじかるた 100かいだてのいえ
作: いわい としお  出版社: 偕成社 偕成社の特集ページがあります!
かるた以外の遊び方もたくさん! 絵本から生まれたあたらしいかるた
りおらんらんさん 30代・ママ

買ってよかったです
100かいだてシリーズ。子供たちが大好…
大切な子へのプレゼントに。【お子様の名前入り】はらぺこあおむしのバスタオル。
あかてぬぐいのおくさんと7にんのなかま
チェックする  
気になった作品はチェックして、マイページであとからゆっくり確認できます。(要サインイン)

あかてぬぐいのおくさんと7にんのなかま

  • 絵本
作・絵: イヨンギョン
訳: 神谷丹路
出版社: 福音館書店 福音館書店の特集ページがあります!

在庫あり

平日朝8時までの注文で当日発送
※お届け日は翌日以降(詳しくはコチラ

本体価格: ¥1,500 +税

  • 利用できる決済方法
  • クレジットカード

  • 代金引換

  • dケータイ払いプラス

  • 後払い

※「dケータイ払いプラス」はスマートフォンからのみご利用いただけます。

作品情報

発行日: 1999年11月
ISBN: 9784834016338

読んであげるなら 3才から
自分で読むなら 小学低学年から

この作品が含まれるテーマ

出版社からの紹介

針仕事の上手な奥さんが眠ったすきに、物差しやはさみたち7つの道具が自分の自慢を始めました。騒ぎで目を覚ました奥さんは、それを聞いて私が一番だと怒りますが……。

ベストレビュー

ひのしって何?

お針箱の職人たちが本当に居たら・・・と読んでいる自分も楽しい物語。訳文もストーリーも安心して読める絵本です。女性らしい言葉遣いも道具という視点で男の子も入り込めます。
9歳の息子は、表紙裏の絵をじーっと見ながら、「おもしろかったけど、ひのしって何?」「のしごてって?」と道具が気になって気になって仕方がありませんでした。
若くはない私ですが、のしごてやひのしは使ったことも無く、昔の道具として学んだくらいで・・・身振り手振りで説明しました。
一通り理解したら、さぁ「もう一回読んで」です!
(川萬さん 40代・ママ )

この作品を見た人はこんな作品も見ています

この作品を見た人はこんなグッズを見ています

出版社おすすめ


イヨンギョンさんのその他の作品

よじはん よじはん / ふしぎなかけじく

神谷丹路さんのその他の作品

だまされたトッケビ 韓国の昔話



『こどものアトリエ』西巻茅子さんインタビュー

あかてぬぐいのおくさんと7にんのなかま



全ページためしよみ
年齢別絵本セット