すうじかるた 100かいだてのいえ すうじかるた 100かいだてのいえ
作: いわい としお  出版社: 偕成社 偕成社の特集ページがあります!
かるた以外の遊び方もたくさん! 絵本から生まれたあたらしいかるた
りおらんらんさん 30代・ママ

買ってよかったです
100かいだてシリーズ。子供たちが大好…
自宅でも、おでかけ中でも。名作絵本ムービー見放題♪ 【プレミアムサービス】
おおきなかぶ
チェックする  
気になった作品はチェックして、マイページであとからゆっくり確認できます。(要サインイン)

おおきなかぶ

  • 絵本
作: トルストイ
絵: ニーアム・シャーキー
訳: 中井 貴惠
出版社: ブロンズ新社 ブロンズ新社の特集ページがあります!

在庫あり

本体価格: ¥1,500 +税

絵本ナビ在庫 残り3

  • 利用できる決済方法
  • クレジットカード

  • 代金引換

  • dケータイ払いプラス

  • 後払い

※「dケータイ払いプラス」はスマートフォンからのみご利用いただけます。

作品情報

発行日: 1999年
ISBN: 9784893091819

この作品が含まれるテーマ

出版社からの紹介

イギリスの新進作家による
魅力的な絵と、
読み聞かせの会で活躍する
中井貴恵の翻訳で、
誰もが知ってるあのお話が今、
よみがえります。

ベストレビュー

ニーアム・シャーキー風

1999年に英国の新人絵本作家に贈られるマザーグース賞を受賞したアイルランドの作家です。
しかも、この邦訳が中井貴惠で(訳したからこうなったのか)、今までにない「おおきなかぶ」で、面白かったです。
原作とちょっと違うのは、おじいさんおばあさんが連れてくるのが、孫娘や飼い犬、飼い猫などではなくて、自分達のかっている家畜(牛やブタ)たちなのです。
しかも、牛が1匹とか、ブタが2匹とか、出てくる動物のかぶが、1匹づつ増えてくるところも、「この作者、できる」って、感じでした。
最後の最後に手伝うのはなぜか、やっぱりねずみで、彼は1匹なのです。(ここのところを作者に聞いてみたいなぁ)

かぶが抜けた時の擬音も、実に個性的で面白かったですね。
『ばひょ〜んんん!』ですって。
イラストもかわいくって、楽しいです。
ぜひ、この一風変わった「おおきなかぶ」御覧ください。

(てんぐざるさん 30代・ママ 女の子9歳、女の子4歳)

この作品を見た人はこんな作品も見ています

この作品を見た人はこんなグッズを見ています

出版社おすすめ


トルストイさんのその他の作品

家族だからって、わからないこともある。 / クリスマスのちいさなほし / 火は早めに消さないと / 人にはどれだけの土地がいるか / 百年文庫(8) 罪 / せかい童話図書館(21) エメリアンとたいこ

ニーアム・シャーキーさんのその他の作品

はらぺこかいじゅう / ジャックと豆の木

中井 貴惠さんのその他の作品

バルト 氷の海を生きぬいた犬 / くるみわり人形 / はだかの王さま / いたずらこねこ / あかちゃんがうまれたよ / 大人と子供のための読みきかせの会



『ペネロペのおうち』編集者 増井麻美さん インタビュー!

おおきなかぶ

みんなの声(19人)

絵本の評価(4.45

何歳のお子さんに読んだ?

じいじ・ばあばの声 1人

じいじ・ばあばの声一覧へ




全ページためしよみ
年齢別絵本セット