宮沢賢治の絵本 貝の火 宮沢賢治の絵本 貝の火
作: 宮沢 賢治 絵: おくはら ゆめ  出版社: 三起商行(ミキハウス) 三起商行(ミキハウス)の特集ページがあります!
親子のひばりは、沢山おじきをして申しました。 「これは貝の火という宝珠でございます。 王さまのお伝言ではあなた様のお手入れ次第で、この珠はどんなにでも立派になる
【本好きな子になってほしい!】と思うママへ。 絵本を毎月お届けします.。まずはチェック。 >>>
やまださんちのてんきよほう
チェックする  
気になった作品はチェックして、マイページであとからゆっくり確認できます。(要サインイン)

やまださんちのてんきよほう

  • 絵本
作: 長谷川 義史
出版社: 絵本館 絵本館の特集ページがあります!

在庫あり

平日朝8時までの注文で当日発送
※お届け日は翌日以降(詳しくはコチラ

本体価格: ¥1,200 +税

  • ハッピー・リユース・プログラム対象作品

  • 利用できる決済方法
  • クレジットカード

  • 代金引換

  • atone翌月後払い

  • 後払い

  • d払い

※「d払い」はスマートフォンからのみご利用いただけます。

作品情報

発行日: 2005年03月
ISBN: 9784871101455

32頁 267×210mm

出版社からの紹介

やまだ家の一日を天気予報とともに描くユーモア絵本。
きもちを天気であらわすと、雨もあれば台風もある!
かみなり、なだれ・・・。
笑顔にしてくれる元気な絵本です。

ベストレビュー

朝から大笑い

 小学校の「朝のお話し会」のボランテイアをしています。

 この季節、「梅雨」やら「カエル」やらが、読み手の共通テーマになります。
 私はここ3年ほど、これを3・4年生に選んでいます。

 絵の力によって、気象用語の「シャレ」が描かれていて笑えます。
左下の「お父さんの一日」がまたおもしろくて。

 近所の1・2年生にも読んでみましたが、やはり3・4年生位が「シャレ」もわかって良い反応です。
 
 朝から、大笑いで学校生活がスタートするのは、ケッコウケッコウと
一人満足して教室をあとにします。

(アダム&デヴさん 50代・ママ 男の子10歳)

この作品を見た人はこんな作品も見ています

この作品を見た人はこんなグッズを見ています

出版社おすすめ

  • よるのねこ
    よるのねこ
    作・絵:ダーロフ・イプカー 訳:光吉 夏弥 出版社:大日本図書 大日本図書の特集ページがあります!
    じゃあ、よるは? ねこのよるってどんなかな?
  • かえるがみえる
    かえるがみえるの試し読みができます!
    かえるがみえる
    作:松岡 享子 絵:馬場 のぼる 出版社:こぐま社 こぐま社の特集ページがあります!
    かえるがみえる、かえるがかえる、「える」の変化だけで愉快なお話が生まれます!言葉の手品みたいな絵本

長谷川 義史さんのその他の作品

ねこのピート クリスマスをとどけよう / タローズ / すきま地蔵 / シカクさん / あめだま / おにのパンツ



そらから「ぼふ〜ん」と落ちてきたのは巨大なホットケーキ!

やまださんちのてんきよほう



全ページためしよみ
年齢別絵本セット