メリー メリー クリスマス! メリー メリー クリスマス! メリー メリー クリスマス!の試し読みができます!
作: 岡村 志満子  出版社: くもん出版
クリスマス準備で困っている人は、クリスマスおたすけ隊におまかせ! 親子で楽しいクリスマスが味わえる絵本です。光るページつき!  
クリスマスのおすすめ続々更新中♪ 『絵本ナビのクリスマス2017』 がオープンしました♪
プレッツェルのはじまり
チェックする  
気になった作品はチェックして、マイページであとからゆっくり確認できます。(要サインイン)

プレッツェルのはじまり

  • 絵本
作: エリック・カール
訳: アーサー・ビナード
出版社: 偕成社 偕成社の特集ページがあります!

在庫あり

本体価格: ¥1,400 +税

  • ハッピー・リユース・プログラム対象作品

絵本ナビ在庫 残り3

  • 利用できる決済方法
  • クレジットカード

  • 代金引換

  • dケータイ払いプラス

  • 後払い

※「dケータイ払いプラス」はスマートフォンからのみご利用いただけます。

作品情報

  • ちょっとためしよみする

発行日: 2013年02月04日
ISBN: 9784033482606

5歳から
30.0×21.0cm 32ページ

エリックカールスペシャルサイトオープン

みどころ

日本ではあまり馴染みがないけれど、ドイツの伝統的な美味しいパン、プレッツェル。なんといっても、あの不思議なくるくるの形が気になりますよね。どうしてこんなパンが誕生したのでしょう。
その由来を絵本にしてくれたのが世界的な絵本作家エリック・カールです。
お日様にかざしたこんがり焼き色のついたプレッツェルの美味しそうなこと!!

昔々、お城を囲む小さな国のすみっこにパン屋さんがありました。
そこでパンを毎朝つくっているのが、国じゅうで、町じゅうで、一番腕のいいパン職人のウォルターです。
パン屋はいつもお客さんでにぎわっていたけれど、一番のお客さんはお城の女王さまと王さま。毎朝、お城まで届けていました。
ところがある日、ロールパンに入れる牛乳をこぼしてしまった!
仕方なく、水を入れてパンを作ったウォルターでしたが…口の肥えている女王さま、そして王さまには通じなかった。怒った王さまがウォルターにつきつけた難題は、
「あさひが三つさしてくるパンをつくるのだ。」
期限は明日の朝。さて、ウォルターは無事に新しいパンを発明できるのでしょうか。

エリック・カールがなぜプレッツェルのお話を?でも、こんなエピソードを聞いて納得です。
彼は、生まれはニューヨークだけれどドイツ育ち。そして腕のいいパン職人だったおじさんがいたのだそう。その名も「ウォルター」、やっぱり町一番の人気のパン屋さん。いいかおりにつつまれながら、よくパン屋の仕事を見学していたそうですよ。おじさんはいつも一生懸命働いていて、お店ではおくさんがいつも大忙し。そんな記憶から、この絵本には尊敬や感謝の思いもこもっているのかもしれませんね。

「プレッツェル」という言葉の由来には色々な説があるみたいですが、にぎやかで、色鮮やかで、かおりまで伝わってきそうなこの絵本で堪能することをおすすめします。エリック・カール1972年の作品を今回初邦訳された「食の傑作絵本」です。

(磯崎園子  絵本ナビ編集長)

プレッツェルのはじまり

出版社からの紹介

エリック・カール1972年の作品を初邦訳

パン生地に水を入れて焼いたパン屋に王さまが難題を出した。プレッツェルの由来をえがいた昔話を絵本化。1972年の作品を初邦訳。

ベストレビュー

偶然のようなことの流れで・・・・・・

ドイツ生まれなんですかぁ〜。
柔らかく焼き上げた大きい種類と、固く焼いた小さい種類があるんですね。
私は固く焼きしめた小さいプレッツェルの方が、馴染みがあります。
どこかの国の大統領さんが、NFLをテレビで観戦中に喉に詰まらせたのもこちらかな?
ドイツでは、柔らかい派が主流なのかな?

プレッツエルの形の起源については、諸説あるようで、この作品のように罪を犯したパン職人が、罰を免れるため、パンから太陽を一つの角度から3度見ることがでるパンを焼くことになったという説。
巻末の解説のように、祈りをささげている修道士をかたどったものだとする説。
もう一つの伝承によると、この3つの穴はキリスト教の三位一体のを象徴という話もあるようです。

この作品は、エリック・カールさんのおばあちゃんから聞いたプレッツエルの昔話に、カールさんが幼い頃近くに住んでいた腕の良いパン職人のおじさんを登場人物にして、作り上げたものだそうです。

何といっても、偶然のようなことの流れでプレッツエルができてしまったこのお話は、子どもたちがとっても楽しめるんじゃないかと思います。

高学年にも読んでみたいな〜って思いました。
(アダム&デヴさん 50代・ママ 男の子17歳)

この作品を見た人はこんな作品も見ています

この作品を見た人はこんなグッズを見ています

出版社おすすめ


エリック・カールさんのその他の作品

パペラ 1枚の紙でつくる はらぺこあおむしとなかまたち / エリック・カールのイソップものがたり / はらぺこあおむし 日本語版40周年記念限定版 / フリップフラップえほん はらぺこあおむし / いちばんのなかよしさん / はらぺこあおむし+ぬいぐるみギフトセット

アーサー・ビナードさんのその他の作品

なずず このっぺ? / みんな みんな いただきます / この本をかくして / ドームがたり / すばらしい みんな / えを かく かく かく



お子さんと一緒に物語が楽しめる『音のでるえほん』

プレッツェルのはじまり

みんなの声(12人)

絵本の評価(4.69

何歳のお子さんに読んだ?




全ページためしよみ
年齢別絵本セット