だれか ぼくを ぎゅっとして! だれか ぼくを ぎゅっとして!  だれか ぼくを ぎゅっとして! の試し読みができます!
作・絵: シモーナ・チラオロ 訳: おびか ゆうこ  出版社: 徳間書店 徳間書店の特集ページがあります!
小さな子どものサボテン、サボタの「だきしめてほしい思い」を描いた、心がほっとあたたまる絵本です。
自宅でも、おでかけ中でも。名作絵本ムービー見放題♪ 【プレミアムサービス】
フルーツがきる!
チェックする  
気になった作品はチェックして、マイページであとからゆっくり確認できます。(要サインイン)

フルーツがきる!

  • 絵本
作: 林 木林
絵: 柴田 ゆう
出版社: 岩崎書店 岩崎書店の特集ページがあります!

在庫あり

平日朝8時までの注文で当日発送
※お届け日は翌日以降(詳しくはコチラ

本体価格: ¥1,300 +税

絵本ナビ在庫 残り2

  • 利用できる決済方法
  • クレジットカード

  • 代金引換

  • dケータイ払いプラス

  • 後払い

※「dケータイ払いプラス」はスマートフォンからのみご利用いただけます。

作品情報

  • 全ページためしよみする
  • ちょっとためしよみする

発行日: 2013年10月09日
ISBN: 9784265081264

3才 〜 小学校低学年向け
A4変型判 26.6×21.6/32頁

この作品が含まれるテーマ

みどころ

シャキーンと悪者をやっつけるりんごのお侍「りんごのしん」。
「すけだちいたすぞ!」と現れたのは「なしえもん」に「かきのすけ」。
三人揃ってシャリンゴ、ナシーン、カッキイイーン!
なんて素敵なお侍、かっこいい!!
でも、りんごのしん・・・りんごの芯、だじゃれ!?

そうなんです。
この絵本は、フルーツ侍たちが活躍する格調高きフルーツ時代劇。
同時にだじゃれ満載、ギャグさく裂、爆笑時代劇でもあるのです。
作者は詩人であり、女流オヤジギャグ作家としても名を馳せる(!?)林木林さん。
そして絵を描かれているのは人気小説「しゃばけ」シリーズでビジュアルを担当されている柴田ゆうさん!なんと絵本初挑戦なのだそうです。
これは読む前からドキドキしない訳にはいきません。

事件はフルーツ峠のお茶屋で始まります。りんごのしんがおゆずちゃんの入れてくれたお茶を飲んで休んでいると、スイカ畑のスイカたちが盗まれるという事件が発生!怪しいだいだいぐるま(大八車)を追いかけていくと、乗っていたのは果物問屋のいちごや(越後屋)。着いた先で待っていたのはだいだい屋敷のだいだいかん(代官)。聞こえてくる会話といえば・・・
「そちも わるよのう」
「そういう だいだいかんさまこそ」
悪い会話が聞こえてきます。そこに現れたのが、われらがヒーローりんごのしん。
「ハートのくさったフルーツをほうってはおけないのだっ!」

登場するキャラクターはみんなフルーツ。
笑っちゃうかと思いきや、これが意外な程かっこいいのです。
やっぱり正義の味方はこうでなくっちゃ。
だいだいかんの悪い顔も本格的。
広重、写楽、北斎など浮世絵へのオマージュもたまりません。
子どもたちはもちろん、時代劇や時代小説が大好きな大人の心もくすぐってくれる、粋な絵本の登場です。シリーズ化するといいなあ・・・。

(磯崎園子  絵本ナビ編集長)

フルーツがきる!

出版社からの紹介

ここはフルーツとうげのお茶屋。リンゴのお侍・りんごのしんが休んでいると、スイカ畑のスイカたちが盗まれる事件が発生!怪しいだいだいぐるま(大八車)を追いかけて行くと、なんと果物問屋のいちごや(越後屋)とだいだいかん(代官)が悪巧みをしていたのです!著者の林木林さんは詩人であり、言葉遊びのスペシャリスト。今作でも、得意のギャグが遺憾なく発揮されています。絵は、人気時代小説の「しゃばけ」シリーズ(新潮社)のビジュアルを担当する柴田ゆうさんが絵本に初挑戦です。

ベストレビュー

新しい時代劇

果物たちの時代劇!時代劇なので、勧善懲悪で、安心して読めます。見返しの、登場人物のプロフィールは、とてもわかりやすいです。それから、いがぐりにんじゃのセリフが、面白いです♪なつみかんの代官の屋敷や、荷車が、とてもおいしそうです。代官の悪巧みが、くだらなくて笑えました。夏に読むのにぴったりです。
(ぷりこさん 40代・ママ 女の子13歳、男の子8歳)

この作品を見た人はこんな作品も見ています

この作品を見た人はこんなグッズを見ています

出版社おすすめ

  • どんぐりちゃん
    どんぐりちゃんの試し読みができます!
    どんぐりちゃん
    作:アン・ドヒョン 絵:イ・ヘリ 訳:ゲ・イル 出版社:星の環会 星の環会の特集ページがあります!
    小さなどんぐりちゃんと落ち葉の優しく切ない命のつながりの物語
  • こどものなかま
    こどものなかま
     出版社:BL出版 BL出版の特集ページがあります!
    ペンギンのなかま、クジラのなかま、サイのなかま、なかまと出会い遊んだあとで、ぼくがみつけたのは…

林 木林さんのその他の作品

いたずらえほんがたべちゃった! / くまさん どこ? / おまつり!おまツリー!! / はるやさいのはるやすみ / でんごんでーす / おちゃわんかぞく



お気に入りのくだものはどれ?

フルーツがきる!

みんなの声(14人)

絵本の評価(4.53

何歳のお子さんに読んだ?




全ページためしよみ
年齢別絵本セット