だれのあしあと だれのあしあと だれのあしあとの試し読みができます!
作・絵: accototo ふくだとしお+あきこ  出版社: 大日本図書 大日本図書の特集ページがあります!
雪のうえにのこったあしあと、さあ、だれの? あてっこ遊びができる絵本!

ジャイアント・ジョン」 みんなの声

ジャイアント・ジョン 作・絵:アーノルド・ローベル
訳:福本友美子
出版社:文化出版局 文化出版局の特集ページがあります!
本体価格:\1,300+税
発行日:2004年
ISBN:9784579404278
評価スコア 4.17
評価ランキング 16,636
みんなの声 総数 11
「ジャイアント・ジョン」は現在購入できません
  • この絵本のレビューを書く

立場で選ぶ

並び替え

11件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 2 次の10件 最後のページ
  • 優しい大男

    このお話は、貧しい家に生まれた大男のお話でした。その男はお母さんと二人暮らしだったのですが、明日食べるものすらなくなって出稼ぎに出かけることに。そこで優しい王様の一家と出会って素敵に働くことができました。こんな素敵に働くってステキなお話だな〜って思いました。

    掲載日:2015/06/01

    参考になりました
    感謝
    1
  • ジョンとお母さん以外は小さいので…。

    • てんぐざるさん
    • 40代
    • ママ
    • 埼玉県
    • 女の子17歳、女の子12歳

    「魔法の森」や「妖精たち」の登場と、おとぎ話のような出だしでお話が始まるのに、家に帰ったジョンを待っていたのは、ポテトチップス!?この時代的イメージのギャップがすごいです!
    ジャイアント・ジョンの姿配置も画面にいっぱいに描いてあるので、遠目でもよく見えますが、ジョンとジョンのお母さん以外はみんな小さく描いてあるので、よ〜く見ないとうっかり見逃してしまう人物やしぐさもあるかもしれません。

    個人的にはうっかりお城を壊してしまったジョンが、おもちゃの積み木のように建て直ししているシーンが好きです。
    特に犬の手当てをしている妖精たち、可愛いです。

    5,6歳くらいから、小学校中学年くらいのお子さんたちにおススメします。

    掲載日:2012/08/01

    参考になりました
    感謝
    1
  • 寛大な王様一家が素敵♪

    • ぼのさん
    • 40代
    • ママ
    • 新潟県
    • 男の子14歳、女の子12歳、女の子7歳

    子どもの頃から大好きな外国の絵本作家ナンバー1のアーノルド・ローベルさん♪
    今、ちょうど、2年生の次女が、国語で「ふたりはともだち」の「おてがみ」を勉強していて、毎日音読してくれるので、家にあったローベルさんの絵本を片っ端から読み、それでも足りずに、図書館から未読のこれを借りてきました。

    知らないな〜と思ったら、1964年初版の古典絵本でありながら、日本での出版は2004年!比較的新しい絵本なんですね?!(ジュンイチさん、情報ありがとうございます♪)

    ジャイアント・ジョンは、まほうのもりに、お母さんと住んでいる、大きな大きな男の子。
    家にお金がなくなり、食べ物に困ったお母さんを助けようと、働きに出たジョンは・・・???

    自分たちと少しでも違うと排除したがる人間が多い中、ジョンが出会った王様一家(王様&お妃様&お姫様)は、大巨人のジョンを見ても怖がったり、戦ったりするどころか、とても友好的で仕事までさせてくれます。
    わざとではないにせよ、お城を壊してしまったジョンを責めたり、追い出したりせず、その寛大さにビックリ!

    直したお城の形や、お腹をすかせたお母さんが食べようとしていた「とあるもの」に大爆笑。やはり、ユーモアのセンス抜群のローベルさんです♪

    巨人と妖精たちと王様一家というコントラストも楽しく、絵もユーモラスでかわいいです♪

    でも、ラストがちょっと、強引にまとめてしまった感があり、まほうの音楽が、もっと何かに役立つ終わり方だったらよかったのになあ、とも思います。

    掲載日:2008/10/29

    参考になりました
    感謝
    1
  • 個性を生かした仕事ぶり

    大男ならぬ大男の子、ジャイアント・ジョンのお話。
    ある日お母さんから食べるものもお金もなくなったと聞いたジョンは、仕事を探しに出かけます。
    たどりついたのは、王様とお妃様とお姫様と犬が暮らすお城。
    こんなに大きな男の子が、どんな仕事を任されるんだろう?と興味津々で読んでいると――なるほど、ジャイアント・ジョンの大きさをフルに活用した、彼にしかできない仕事内容でした。
    無事に仕事を終わらせお金をもらったまではよかったんですが、魔法の森の妖精達が飛んできて…?

    お母さんのために頑張るジャイアント・ジョンもさることながら、彼の個性を丸ごと受け入れてくれた王様やお妃様・お姫様達の大らかさに脱帽です。

    ラスト家に帰った時の、お母さんの姿には笑ってしまいました。
    お母さんもジョンの留守中、頑張って耐えていたんですよね(笑)

    掲載日:2012/08/21

    参考になりました
    感謝
    0
  • 物足りなさもあるけどユーモラス

    アーノルド・ローベルさんの絵本が好きで、借りてきて読んでみました。

    その名の通り、とても大きな身体のジョンの話です。しかもその大きさがさらりと書いてあって、誰も疑問に思っていない様子。そんなユーモアが素敵です。

    ストーリーは、貧乏で困っている家の息子が働きに出る・・・というありがちな展開です。旅先での出来事はとても楽しいし、ハッピーエンドなのですが、稼いで帰るという行為を茶化したかのように感じられる点もあり、その点は少し物足りなさを感じました。

    息子はとても気に入って楽しそうに聞いていましたが・・・。

    掲載日:2012/07/31

    参考になりました
    感謝
    0
  • 作者が好きで読みました。

    • JOYさん
    • 30代
    • ママ
    • 兵庫県
    • 女の子8歳、女の子6歳、男の子3歳

     絵のタッチが好きで、購入しましたが…。

     お金がなくなったお母さんのために、仕事を探しに出かける大男のジョン。王様のお城で働くことになり、大きな体を生かして、活躍します。この辺りまではよかったのですが。お城をこわしてしまっても、元通りにしたので、王様たちが「なみだをふいて、いいおしろになった」と喜んでくれたところや、妖精たちは、魔法の音楽をやめてといってもやめてくれず、そのせいで散々な目にあったのに、最終的にはジョンの家でみんなでなかよく食卓を囲んでいるところが、娘には「わるもの?いいもの?」と意味がわからず、随所に描かれている挿絵のユーモアまでは楽しめませんでした。このあたりは私も同感…。

     もっとおおらかな気持ちで読まなければならないのかな?

    掲載日:2010/06/02

    参考になりました
    感謝
    0
  • 楽しいお話です

    アーノルド・ローベルだったので読んでみたいなあと思いました。

    昔話風のお話だなあと思いました。

    息子は読み聞かせ中に、ジョンが口を吹いてお城に風を送ると「つばが飛びそう」「お城なのに人が少ない、大臣もコック長もいない」と言っていました。

    毎日読んでいる王さまシリーズの影響だと思いますが、こじんまりした王国だなあと思いました。

    そしてジョンが壊れたお城を直すのですが、これでいいのかしら?と思ってしまいました。

    王様たちが鷹揚な性格でよかったですね。

    絵がローベルらしいし楽しいお話ではあります。

    掲載日:2009/10/07

    参考になりました
    感謝
    0
  • ローベルらしい絵

    • ジュンイチさん
    • 40代
    • パパ
    • 東京都
    • 男の子12歳、男の子6歳

    1964年初版の古典的絵本で、日本では2004年8月に翻訳されたもの。
    作者は、コルデコット賞を受賞したアーノルド・ローベルです。

    物語は、むかしむかし、魔法の森にジャイアント・ジョンという大きな男の子住んでいました。という書き出しで始まります。
    家にお金が無くなったので、ジャイアント・ジョンが自分の体を活かして仕事をするのですが、淡々と物語が展開してしまうので、物足りないと感じる人がいるかも知れません。

    「おかあさん、ただいま。
    おかねを もってきたよ!」
    とジャイアント・ジョンは帰ってくるのですが、おかねを得るという行為にもう少し重みを持たせて欲しかったと思います。 
    おかねに関することだけに、正直手放しで喜べないと感じてしまいました。

    掲載日:2008/07/08

    参考になりました
    感謝
    0
  • やさしさがいっぱい

    • けいご!さん
    • 30代
    • ママ
    • 福岡県
    • 女の子8歳、男の子5歳

    とっても大きい、そして心もやさしいジョンという男の子が登場します。貧乏になって、食べるものがなくなってもお母さんのためを思って働きに出るジョン。けなげです。

    ビッグなジョンと、いっしょに出てくる小さなようせいや王さまたち。この対比がおもしろい。また、小さなものたちは大きなジョンをみてこわがることなく友好関係にあるところに好感が持てました。からだの大小など関係なくみんななかよしでいると、楽しいことはいっぱいあるんだよって、小さな子どもたちにも伝わると思います。

    ジョンが建て直した城の形や、おなかぺこぺこのお母さんがやろうとしていたことなど、笑える場面がたくさんあって、アーノルド・ローベルのあそび心がつまっている作品です。

    掲載日:2008/03/14

    参考になりました
    感謝
    0
  • 少し夢が無いかな

    どろんここぶたとか私が小さい頃好きだったので同じ作家さんと知り読みました。はじめのほうは夢があって好きなのですがラストは結構現実的?(お母さんがお金が無くておなかすかしてこまっていたところというのが)といか夢がなかったのが個人的に残念でした。できたら出てきたおひめさまと仲良く暮らしたとかのほうがまだ素敵じゃないかな?お金がない!というストーリはあまり好きではありません。

    掲載日:2007/10/08

    参考になりました
    感謝
    0

11件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 2 次の10件 最後のページ

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。

この作品にレビューを投稿された方は、こんな作品にも投稿しています

はらぺこあおむし / しろくまちゃんのほっとけーき / おつきさまこんばんは / きんぎょがにげた / もこ もこもこ / ぐりとぐらのかいすいよく / がたん ごとん がたん ごとん / くだもの / おばけのバーバパパ / だるまさんが

絵本の人気検索キーワード

ぐりとぐら /  はらぺこあおむし /  バムとケロ /  こびとづかん /  はじめてのおつかい /  そらまめくん /  谷川俊太郎 /  ちいさなちいさな王様 /  いないいないばあ /  いやいやえん /  スイミー /  飛び出す絵本

出版社おすすめ



お気に入りのくだものはどれ?

みんなの声(11人)

絵本の評価(4.17)

何歳のお子さんに読んだ?


全ページためしよみ
年齢別絵本セット