ねずみくんのクリスマス ねずみくんのクリスマス
作: なかえ よしを 絵: 上野 紀子  出版社: ポプラ社 ポプラ社の特集ページがあります!
小さなクリスマスツリーをわらわれたねみちゃん。でも、ねみちゃんのツリーは、本当は大きなあるもののかざりだったのです。
ラムネ色さん 60代・じいじ・ばあば

みんながねみちゃんに贈ったツリー
ちいさいのから、大きいものまで、クリス…

おうちにかえろう ちいくまくん」 みんなの声

おうちにかえろう ちいくまくん 作:マーチン・ワッデル
絵:バーバラ・ファース
訳:角野 栄子
出版社:評論社 評論社の特集ページがあります!
本体価格:\1,300+税
発行日:2001年07月
ISBN:9784566007178
評価スコア 4.67
評価ランキング 1,813
みんなの声 総数 11
  • この絵本のレビューを書く

立場で選ぶ

並び替え

11件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 2 次の10件 最後のページ
  • 冬の散歩の帰り道・・・

    • 多夢さん
    • 40代
    • ママ
    • 兵庫県
    • 女の子9歳

    好奇心いっぱいのちいくまくん。

    「さく さく さく」
    「ぴっちゃん ぽっちゃん・・・」
    「ごー ごー ごー」
    「ぎり ぎり ぎり」

    雪の森の中は、いろんな音がいっぱい。
    その度に振り向くちいくまくんに、
    おおくまさんは、ひとつひとつ答えます。

    ふたりのやりとりが、とても微笑ましい。
    この絵本を読むと、優しくなれます。

    おはなしも素敵な上に、
    バーバラ・ファースさんのくまの絵が、とっても可愛いです。
    優しい色使いに、心が和みます。

    掲載日:2009/12/08

    参考になりました
    感謝
    1
  • さくさくぼうや、ぴっちんぽっちんぼうや

    シリーズの2冊目のお話しです。
    雪の森をたくさん散歩したおおくまさんとちいくまくん、
    そろそろ帰らなくてはとおおくまさんは考えます。
    でも帰り道で、ちいくまくんは、森の中の雪の音に耳を澄まして、
    何度も立ち止ってしまいます。
    ちいくまの話に耳を傾けながらも、家路を急ぐおおくまさん。
    雪の森の木々の様子、おおくまくんとちいくまの表情、
    やさしい、あたたかなタッチの絵が素敵です。

    掲載日:2016/09/26

    参考になりました
    感謝
    0
  • 優しい絵にいやされます!!

    この絵本は、とにかく優しいという印象です。
    絵も優しくて、文も優しくて、くまの親子の会話も優しいんです。
    読んでいて、ほっとするというか、優しい気持ちになれるというか、
    とにかく安心できる絵本です。
    読みかせにゆったりと読んであげたい絵本です♪

    掲載日:2015/02/20

    参考になりました
    感謝
    0
  • 大人のあるべき姿

    • オパーサンさん
    • 30代
    • ママ
    • 福島県
    • 女の子4歳、女の子2歳

    散歩に出かけたおおくまさんとちいくまくん。
    「おうちにかえろう」とおおくまさんが言いますが、ちいくまくんはちょっとした音が気になってしまって、なかなか前に進めません。
    何の音か不思議がるちいくまくんに、おおくまさんは面倒がらずに丁寧に説明してあげます。
    私だったら「もう、うるさい!いいからさっさと帰るよ!」と実力行使してしまいそう(汗)。
    子どもの好奇心をつぶさないためにも、大人はこうありたいと改めて思わされた絵本です。
    おおくまさんの態度だけでなく、絵も丁寧で温かい。
    絵本全体にただようおだやかな雰囲気に憧れてしまいます。

    掲載日:2010/08/31

    参考になりました
    感謝
    0
  • 角野栄子さん

    角野栄子さんが訳を担当なさっている作品だったのでこの絵本を選びました。お父さんと息子の楽しい散歩の時間を垣間見る事が出来て楽しかったです。息子の質問に面倒くさがらずに答える御父さんの姿が素敵でした。そして、散歩から帰ってからの時間も散歩がいかに楽しかったかを確認し合うような時間が本当に素敵でした。子供はお父さんと過ごした貴重な散歩の時間を生涯忘れないだろうと思いました。素敵な親子関係に嬉しくなりました。

    掲載日:2008/11/26

    参考になりました
    感謝
    0
  • やさしい

    • セブさん
    • 30代
    • ママ
    • 群馬県
    • 男の子3歳、女の子2歳

    おおくまくんとちいくまくんの関係ははっきり書かれていませんんが
    一緒に暮らしています。
    おおくまくんはどんなときも決して大人ぶったりめんどくさがったりせずにきちんとちいくまくんに付き合います。
    ちいくまくんはおおくまくんが見守る中でのびのびと、時にはやんちゃに過ごし、たくさんの事を学びます。
    絵が素朴でやさしくて、厳しい自然の中でありながら穏やかに生活している二人の姿は美しいです。
    お互いに尊重しあい全幅の信頼を得た素敵な関係。
    大人(年長者)はこうありたいと思わされる一冊です。
    上の子にとってはちいくまくんのやることがかわいくて仕方ないらしく、時々まねをしています。

    掲載日:2008/02/27

    参考になりました
    感謝
    0
  • おおくまさんとちいくまくんが雪の中をお家目指して帰っていく途中の場面が続きます。二匹の関係が前作「ねむれないの?ちいくまくん」同様にほのぼのとしています。この絵本は外国版『ぽとんぽとんはなんのおと』だと思いました。こちらは春はまだ少し先のようですが、色々な音に気付いてちいくまくんは「なんの音?」とたずねます。それに対しておおくまさんはやさしく答えてあげています。最後のページで二匹がぐっすり眠っている場面は、暖かさと同時に安心感も覚えます。読み終わった後のすっきりした感覚がたまらない!と思いました。

    掲載日:2005/12/23

    参考になりました
    感謝
    0
  • おおきいくまさんはいいます。
    「そろそろ おうちへかえろう」「さあ おうちへかえろう」って。
    でも、その度にちいさいくまさんは、新しい何か楽しいものを見つけて遊んでしまいます。
    最終的におおきいくまさんが、ちいさいくまさんを肩車して、おうちへ帰っていきます。
    イラストのバーバラ・ファースが描くくまさんたちが、もうとてもかわいいんです!
    とくに、ちいさいくまさんが、いろんな音が気になって後ろを振り向く時の顔が、可愛いんだなぁ。
    お薦めです。

    掲載日:2004/03/08

    参考になりました
    感謝
    0
  • とってもあたたかい感じがします

    • しまママさん
    • 30代
    • ママ
    • 福井県
    • 女の子6歳、女の子5歳

    おおくまさんと、ちいくまくんが、森のなかを歩いて、おうちに帰るまでのお話しです。ちいくまくんが、耳をすますと、いろんな音が聞こえてきます。「さあ、おうちに、かえろう、ちいくまくん」と、おおくまさんは言いますが、ちいくまくんは、動きません。「なにか、きこえるよ」と、ちいくまくんは、いいます。おおくまさんと、ちいくまくんの、やりとりが、とっても、ほのぼのしていて好きです。ちょっとした音が、ちいくまくんにとっては、発見なんですね。おうちについてからの、あたかかい感じもいいですよ。こんな、親子でありたいなと思いました。

    掲載日:2003/07/02

    参考になりました
    感謝
    0
  • ちいくまくんがかわいい!

    「ねむれないの?ちいくまくん」の2作目です。でもこの本だけでも充分楽しめると思います。 おおくまさんとちいくまくんが森のさんぽに出かけますが、その帰り道、聞こえてくるいろんな音がちいくまくんには不思議でたまらないのです。 言葉の繰り返しが多いので、娘も聞きやすそうでしたし、何よりも実物に忠実なのにとてもかわいい絵が私もとても気に入っています。 ウチの子ももうすぐ「なんで?」「これ何?」攻撃を始めると思いますが、おおくまさんのようにどっしり構えて付き合ってあげたいなと思わせてくれます。

    掲載日:2002/12/08

    参考になりました
    感謝
    0

11件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 2 次の10件 最後のページ

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。

この作品にレビューを投稿された方は、こんな作品にも投稿しています

はらぺこあおむし / しろくまちゃんのほっとけーき / おつきさまこんばんは / きんぎょがにげた / いないいないばあ / はじめてのおつかい / ねないこ だれだ / がたん ごとん がたん ごとん / じゃあじゃあびりびり / くだもの

絵本の人気検索キーワード

ぐりとぐら /  はらぺこあおむし /  バムとケロ /  こびとづかん /  はじめてのおつかい /  そらまめくん /  谷川俊太郎 /  ちいさなちいさな王様 /  いないいないばあ /  いやいやえん /  スイミー /  飛び出す絵本

出版社おすすめ

  • あっぷっぷ
    あっぷっぷ
    作:中川 ひろたか 絵:村上 康成 出版社:ひかりのくに ひかりのくにの特集ページがあります!
    「にらめっこしましょ あっぷっぷ!」「もっかい やって!」と繰り返し遊べるあかちゃん絵本です。
  • うさぎのおうち
    うさぎのおうち
    作:マーガレット・ワイズ・ブラウン 絵:ガース・ウィリアムズ 訳:松井るり子 出版社:ほるぷ出版 ほるぷ出版の特集ページがあります!
    じぶんの居場所をみつける子うさぎ。


「11ぴきのねこ」シリーズ こぐま社相談役 佐藤英和さんインタビュー

みんなの声(11人)

絵本の評価(4.67)

何歳のお子さんに読んだ?


全ページためしよみ
年齢別絵本セット