十二支のおもちつき 十二支のおもちつき
作: すとう あさえ 絵: 早川 純子  出版社: 童心社 童心社の特集ページがあります!
来年も福がいっぱいの一年になりますように。

小さなバイキングビッケ」 みんなの声

小さなバイキングビッケ 作:ルーネル・ヨンソン
絵:エーヴェット・カールソン
訳:石渡 利康
出版社:評論社 評論社の特集ページがあります!
本体価格:\1,400+税
発行日:2011年09月
ISBN:9784566013797
評価スコア 4.4
評価ランキング 8,897
みんなの声 総数 19
  • この絵本のレビューを書く

立場で選ぶ

並び替え

19件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 2 次の10件 最後のページ
  • アニメもおもしろかったけど(当時幼稚園)本はもっと好きでした

    • アユンさん
    • 50代
    • せんせい
    • 奈良県
    • 女の子15歳、女の子15歳

     子育て中に双子娘によみきかせようと探していたら廃版になっていて本当にがっかりしたおぼえがあります。復刊バンザイ!
     だから実は7歳というのは、私が読んでもらった年齢です(昔すぎてだめかしら)。一度読んでもらっただけで、ほとんどストーリーをおぼえてしまいました。それくらいおもしろかった!

     ビッケは勇猛果敢なバイキング、北欧の荒れた海に乗り出し、外国の沿岸を荒らしてまわる一族の少年、それも族長の長男。
     当然、無鉄砲で野蛮で何よりケンカが好きで恐ろしい顔をつくれる「強くて乱暴な男の子」像を求められるのですが、これがひょろっとした頭のよい平和主義者の男の子。
     毎日大人からも子どもからも怠け者、役立たずとばかにされて見下され、族長のお父さんからも嘆かれているのです。
     でも、とってもかしこいビッケはそんなこと気にしません。戦いはきらいなのでみんながあきれて襲撃につれていかれなくて、ちょうどいいと思ってさえいるのです。
     ビッケの平然とした態度とその考え方が私には印象的かつ衝撃的でした。

     「勇敢で無鉄砲なのはただ考えがたりないってこと」
     「なまけたいと思った人が色々便利なものを発明したんだよ、ねじとか台車とか」
     「頭をつかえばなんだってできる」
     といった感じで、7歳の時の自分にとっては、本当に目からうろこでした(実際の文章はうろおぼえですが)。

     ビッケシリーズの中ではこの「小さなバイキングビッケ」と「弓矢」が気に入っていました。アニメよりも本を先に読んでいたのだと思います。
     アニメは3回ほど、偶然見ただけですが、原作どおりのエピソードで画もかわいかったと思います。色もよかったですね。

     物語では、まず、シリーズのはじめの方のエピソードが気に入りました。
     一族の大人が、旅商人に、白い砂を塩だと売りつけられてしまうのに、ビッケは即座に見破ってしまうのです。そのかしこさと機転に私はすごく感動しました。
     (物語の中では、ビッケのすごさを誰もわかってくれなかったけれど)。

     どの話もユーモアたっぷりで、強くて考えなしの族長や肝っ玉かあさんや、わかりやすくマヌケで乱暴なバイキングたちや、待ち構えるいばった王様や領主たちがくりひろげる大騒ぎの中、びくびくしながら知恵をふりしぼるビッケが最高でした。
     読んだらすっきり爽快!胸がすっとします。

     特に好きだったのが、「関税と称して、せっかくのエモノをとりあげてしまう役人達の海峡をどうやって切り抜けるか」という話。

     もう1つ、好きなのはビッケがしぶしぶでかけた初めての遠征の話(15歳だったかな?)。
     それにせっかくそこで、今までとうってかわって尊敬されるようになったのに、翌日、今まで出た中で一番チビのおおかみに追いかけられて逃げまくったため、子ども達の中でのビッケの評判はまたもや奈落の底へ、というエピソードも好きでした。

     この2つの話は確か「小さなバイキングビッケ」に入っていたと思います。
     
     ただ 「ビッケ」シリーズはストーリーがおもしろくても、全体として分量が多く、場面転換が何度もあるので読み慣れていないとわかりにくいかもしれません。
     最初は大人が読んであげたほうがわかりやすいと思います。
     私は中学くらいまで、ずーっと楽しんでいたと思いますが、一番よく読んだのは小3〜5年生くらいでしょうか。
     自分で読むにはやや難易度が高目なため、大のお気に入りの本でしたが、「自信を持っておすすめ」ではなく「なかなかよい」の評価です。
     
     私自身は、ストーリーを楽しんだだけではなく、ビッケの生き方、つまりヨンソンの考え方から大きな影響を受けたと思います。

     例えば、集団の中でほめたたえられなくても(むしろばかにされても)、自分は自分らしくあれば、それで生きていっていいんだし、
     みんながばかにする自分らしさがいつか家族やその集団を助けることだってあるかもしれないんだな、とぼんやり考えるようになりました。

     ビッケのひょうひょうとした生き方と天才的な発想の転換、家族への皮肉で的確な、それでいてあたたかい見方、暴力をいやがる性質、それにとびでたひざ小僧がとっても好きでした。
     私の初恋の人かもしれませんね。

     よかったらビッケに出会って好きになってもらえたら、とても嬉しいです。

    掲載日:2017/05/10

    参考になりました
    感謝
    2
  • 息子の毎晩の楽しみでした

    6歳の息子と読みました。
    1日1章ずつ。
    息子は、とても楽しく、毎晩楽しみにしていました。

    何が楽しいって、やっぱり船に乗って冒険にいくと想像すると、
    息子はワクワクするようです。
    船のオールや、帆にも興味津々でした。
    バイキングたちの、ちょっとおばかなやり取りや、
    ビッケの活躍する様子が楽しかったみたい。大笑いしていました。

    息子はちょっと怖がりです。
    なので、少し怖がりだけれど知恵のまわるビッケの勇姿に共感していたみたい。

    息子は6歳。幼年童話は何冊も読んでいましたが、
    今回、初めて少し長目の本に挑戦です。
    絵が少ないことも、少し難しい言い回しも、息子は初体験。
    でも、私が読んだ文を聞きながら想像する、という楽しさを知ったようです。
    本好きに育ってほしいなあ。

    せっかくなので、当時のフラーケ地方と、
    バイキングたちの冒険した場所の地図が載っていたらもっと楽しかったなあ。

    掲載日:2017/05/22

    参考になりました
    感謝
    0
  • 小さなバイキング、ビッケ。

    • ととくろさん
    • 30代
    • ママ
    • 千葉県
    • 女の子8歳、女の子4歳

    ビッケは勇猛なバイキング族長ハルバルの息子。
    彼は戦いより知恵と工夫で乗り切る子どもです。

    ビッケの飄々とした様子、
    知恵の使いように感心しました。
    バイキングらしい父との対比のような存在でありながら
    その功績により、
    周囲に認められていくのは痛快で面白い作品です。

    オオカミに追いかけられたり、領主に捕まったり。
    ビッケを襲う困難は
    子どもとしてもバイキングとしても
    とても大きなもの。
    どうなるんだろう?
    どれも鮮やかな解決をしてくれます。
    ぜひ読んで確かめてみてください。

    どうにもなりそうもないとき、
    ビッケのように頭を動かしてみよう。
    「北欧の一休さん」、
    ぜひ自分にもその発想力をほしいものですね。

    掲載日:2017/05/22

    参考になりました
    感謝
    0
  • 本の方が好きかも

    アニメも何回か見たことがありますが、私は本の方が想像が膨らんで楽しい感じがしました。5歳の子どもが一人で読むのはまだ先のことになりそうですが、ビッケがトラブルを知恵と勇気で賢く解決していく冒険ストーリーは、子どもも大人も楽しめました。

    掲載日:2017/05/22

    参考になりました
    感謝
    0
  • パワフルなバイキング

     小さなバイキング、ビッケが知恵をつかって大活躍。ノコギリエイ!?や、道化師に変装して脱出するなんて、すごいです。
     
     きれのある文章がよみやすく、いきいきとした会話文は、みんなの声がきこえてきそうでした。
     
     たくましいおとうさんと、冷静なビッケ、でも一番強いのは、おかあさんかもしれませんね、、、。1000年も前のバイキングのパワフルなお話、たのしかったです。

    掲載日:2017/05/15

    参考になりました
    感謝
    0
  • ビッケの発想にワクワク

    なんて賢いのでしょう!子どもで力はなくとも、ずばぬけた発想と頭の回転の早さで周りの大人よりも優れたバイキングとして活躍します。大人が力で石を運んでいる間にビッケは頭で石を運ぶという冒頭でのフレーズがビッケの実力を物語っていますね。
    次はどんなアイディアでこの状況を打開するのだろうと、読んでてワクワク。このシリーズ全部読んでみたくなりました。

    掲載日:2017/05/15

    参考になりました
    感謝
    0
  • ビッケの知恵と勇気の物語

    • じっこさん
    • 30代
    • ママ
    • 東京都
    • 女の子5歳、男の子1歳

    海賊の族長ハルバルの息子ビッケの力を借りて、大冒険を乗りきって宝物を家へ持ち帰ったお話です。ハルバルや船員たちは野蛮で浅はかですぐにピンチに陥るのですが、とっても頭のいいビッケの知恵でピンチをしのぎます。
    ビッケはちょっぴり生意気だけれど、とっても頭の回転の速い男の子。でも、とっても勇気があったり冒険好きなわけじゃない。仲間を助けるために怖いけれど勇気を振り絞るのです。そんな等身大の主人公だから、みんなに愛されるのだろうと思いました。
    ちょっとうまくいきすぎかなと思う部分もありますが、ビッケの活躍は読んでいて痛快です。お父さんのハルバルや仲間たちは、ちょっぴりポンコツだけれど、憎めない人たちです。
    続編も読んでみたいです。児童書ですが、大人でもおもしろかったですよ。子どもがもう少し大きくなったら読んでもらいたいです。私も子どもの頃の出会いたかったです!

    掲載日:2017/05/15

    参考になりました
    感謝
    0
  • 今はハルバルとうさん!

    そうだった、そうだった!
    ナイスアイディアがうかぶと、火花が飛び散るんでした。
    なつかしーい!
    ♪ビッケビッケビッケは海の子バイキング♪
    テレビアニメのテーマソングが
    思わず口をついてでてきました。

    本のビッケは、スラリとして
    ちょっとお兄さんのイメージ。

    ためし読みさせていただいた後
    たまらず、図書館で借りてきて続きを読みました。

    アニメで見ていた頃は、だんぜんビッケ応援団でしたが
    今こうやって原作を読むと
    自分も年を取ったせいか
    ハルバルとうさんに心を寄せてしまいます。

    ビッケと石運び競争をするときも
    便利な文明の利器など考えも及ばず
    コツコツと自分の手と足で仕事をするところ、
    今どきの各種機器についていけない私を見るようで好感度アップ!
    ビッケと本気で対抗するも、彼が「自慢の息子」ってところも。
    イルバに頭が上がらないところもね、魅力的。

    でも、そのイルバも、奥さん、お母さんの鏡。
    ハルバルをどんなに言い負かしても
    ちゃーんと尊敬して立てることを忘れない。
    だからビッケも「ぼくのお父さんは最高」って言えちゃうんでしょうね。
    お手本にしたいような一家です。

    子ども達が、子供だった頃に
    一緒に読みたかったな。

    掲載日:2017/05/12

    参考になりました
    感謝
    0
  • 力だけじゃなくて頭を使うんだ

    あまり本を読まない4年生の娘ですが、こちらは、カラフルでおしゃれなイラストに惹かれたようで、手を伸ばしてくれました。
    バイキングの子供、ビッケ。ビッケのユニークなアイディアには、脱帽です。
    お父さんたちのように力で戦うより、頭を働かせる方が好きなんですね。
    娘もニコニコ顔で読んでいました。乱暴者だけれど、子供っぽいバイキングたちの言動が面白かったようです。

    掲載日:2017/05/10

    参考になりました
    感謝
    0
  • よく頭の回る子どもバイキングのビッケです。
    次々と繰り広げられる物語が、コミカルでテンポが良いので、お話に引き込まれてしまいました。
    大人たちがビッケにかなわないところなどは、とても愉快でした。
    場面場面が視覚的にイメージできるところも魅力です。

    掲載日:2017/05/09

    参考になりました
    感謝
    0

19件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 2 次の10件 最後のページ

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。

この作品にレビューを投稿された方は、こんな作品にも投稿しています

はらぺこあおむし / しろくまちゃんのほっとけーき / ぐりとぐら / おつきさまこんばんは / きんぎょがにげた / いないいないばあ / もこ もこもこ / おおきなかぶ / がたん ごとん がたん ごとん / くだもの

絵本の人気検索キーワード

ぐりとぐら /  はらぺこあおむし /  バムとケロ /  こびとづかん /  はじめてのおつかい /  そらまめくん /  谷川俊太郎 /  ちいさなちいさな王様 /  いないいないばあ /  いやいやえん /  スイミー /  飛び出す絵本

出版社おすすめ



『とびだせビャクドー! ジッセンジャー』森田まさのりさんインタビュー

みんなの声(19人)

絵本の評価(4.4)

何歳のお子さんに読んだ?


全ページためしよみ
年齢別絵本セット