だれのあしあと だれのあしあと だれのあしあとの試し読みができます!
作・絵: accototo ふくだとしお+あきこ  出版社: 大日本図書 大日本図書の特集ページがあります!
雪のうえにのこったあしあと、さあ、だれの? あてっこ遊びができる絵本!

チェロの木」 みんなの声

チェロの木 作:いせひでこ
出版社:偕成社 偕成社の特集ページがあります!
本体価格:\1,500+税
発行日:2013年03月
ISBN:9784039639301
評価スコア 4.75
評価ランキング 732
みんなの声 総数 7
「チェロの木」は現在購入できません
  • この絵本のレビューを書く

立場で選ぶ

並び替え

7件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ
  • いせひでこさんならではの絵本です。
    チェロという楽器への愛情から生まれた絵本です。
    主人公の幼い頃の森に対する畏敬と、楽器職人である父親への尊敬、父親が生み出すチェロへの愛着…。
    そんな要素が、幻想的な楽曲のように、透明感をもって描かれています。
    音楽家にも楽器職人にもならず、子どもたちへのチェロの先生になった主人公。
    父親が作ってくれた子ども用のチェロが、響きわたっていました。

    掲載日:2013/05/28

    参考になりました
    感謝
    2
  • 19年前の早朝5:46分 地震が起きました 
    まだ夜が明けない寒い朝 みんな布団の中で眠っている人が多かったでしょう
    私は京都ですが それでもあの朝の地震のゆれの怖さを見に感じています
    いせひでこは「1000人のチェロコンサート」に参加され 
    絵本「1000の風1000のチェロ」を描かれました

    そして この絵本「チェロの木」を読ませていただき  いせさんの重いがジーンと伝わってきます

    「やまばとの子どもが鳴いてるね。・・・」こんなはじまりで
    やまばとが さえずる練習しています それを ぐぜりというのですね

    おじいさんが ぐぜりのことを教えてくれ 森の木を育てる仕事をしていて、お父さんが 楽器作りの仕事その息子の私が チェロリストのパブロさんのチェロの響きに感動してまばたきせずに聞き入ったのです

    森の中でであう自然の恵み 森の中に自分もいるような錯覚に襲われます
    いせさんの世界です

    おとうさんは 誕生日プレゼントにチェロを作ってくれました
    心を込めて我が子のために作ったチェロ
    それから チェロのとりこになっていくのですね。
    今はお父さんもパブロさんもこの世にはいません
    そして 自分が選んだ生き方は お父さんが作ってくれたチェロを
    小さな子どもたちに教える道を選んだのです
    人には いろんな 人がいて成り立っています

    この話は 森の木を育てるおじいさん チェをを作るお父さん
    そして 自分の生き方
    このようにして 引き継がれていくのですね
    人の一生はあっという間ですが  自分に与えられた時間を自分の生き方で 生きる 
    その事を この絵本から学びました

    そして 震災で身近な人を亡くされた人たちの悲しみをこの日1.17の日に改めて 感じました

    静かに いせさんの絵本を読んで・・・・

    掲載日:2014/01/19

    参考になりました
    感謝
    1
  • 美しい…

    本当にうっとりするくらい絵がすてきです。
    いせさんの真骨頂。
    すてきでした。
    文章は長めなので、小さい子への
    読み聞かせとしてはちょっと飽きてしまうかもしれませんが
    6年生くらいなら大丈夫かなと思います。
    大人がしっとりとじっくりと眺めたい絵本でした。

    掲載日:2014/01/10

    参考になりました
    感謝
    1
  • チェロ奏者だからこそ

    • レイラさん
    • 40代
    • ママ
    • 兵庫県
    • 男の子21歳、男の子19歳

    森の木を育てる仕事をしていたおじいさん、バイオリン・チェロを作る仕事をしていたお父さん。
    そんな環境で育った「わたし」は、やがて、お父さんの仕事に同行した時に出会った
    チェリストとも交流し、チェロに惹かれていくのです。
    もちろん、お父さんは無言でそれを察知し、子ども用のチェロを作ってくれるのです。
    音楽が紡ぎだされるまでの、多くの人の想いをそっと感じさせてくれます。
    楽器に秘められた木の命という視点はとても新鮮でした。
    自らもチェロ演奏者であるいせひでこさんならではの感性ですね。
    その世界観に、いせひでこさんならではの淡い絵がとてもマッチしています。
    チェロやヴァイオリンを弾く知人や身内にそっと紹介したいです。
    小学校高学年くらいから、この世界観、体感してほしいです。

    掲載日:2015/07/25

    参考になりました
    感謝
    0
  • 紅茶のように透明な

    いせひでこさんの作品、『ルリユールおじさん』や『大きな木のような人』が好きなので、こちらも読むのが楽しみでした。
    木も音楽も命も、それぞれが上手に受け継がれている様子が語られていて、とても感動します。
    絵ももちろん素晴らしいのですが、淡々と語られる文章にも惹かれました。「わたしのチェロは、紅茶のように透明なあったかい色だった」という一文が好きです。

    掲載日:2015/05/26

    参考になりました
    感謝
    0
  • 心が満たされました

    森の中をひとりで歩く少年の姿に、自然の偉大な営みを感じることができました。森の木を育てる祖父、その木を何年も乾燥させて楽器を作る父、そして、チェロの魅力に魅せられ、チェロとともに大人になっていった少年。亡くなった人たちは、チェロの中で生きているというその意味が、心に強く響きました。
    疲れていた私でしたが、このお話の世界の中に自分の身を置くことで、とても救われました。

    掲載日:2014/10/26

    参考になりました
    感謝
    0
  • 引き継がれていく木の命

    いせひでこさんの十数年来の創作モチーフ‘木と人‘をこの作品で結実させたという。淡い水彩画が、心地よく、チェロの音色のように、優しく語りかけてくる。
    小鳥がさえずる練習して鳴くのを、ぐせりということを、知った。森を育てる仕事をしていたおじいさん。バイオリン、チェロ職人のお父さん。教会でチェロの音色を聞いて、チェロに心を奪われた息子のために、作ったチェロの音色は、紅茶のように、透明なあったかい色。
    やがてチェロの先生になった息子の小さなチェロは、生徒たちの腕の中であたたかい音をだしているという。
    忙しい現代だけど、何か大切なことを、思い出させてくれる、そんな作品でした。

    掲載日:2014/09/03

    参考になりました
    感謝
    0

7件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。

この作品にレビューを投稿された方は、こんな作品にも投稿しています

はらぺこあおむし / しろくまちゃんのほっとけーき / ぐりとぐら / おつきさまこんばんは / きんぎょがにげた / もこ もこもこ / はじめてのおつかい / がたん ごとん がたん ごとん / お月さまってどんなあじ? / ちいさなあなたへ

絵本の人気検索キーワード

ぐりとぐら /  はらぺこあおむし /  バムとケロ /  こびとづかん /  はじめてのおつかい /  そらまめくん /  谷川俊太郎 /  ちいさなちいさな王様 /  いないいないばあ /  いやいやえん /  スイミー /  飛び出す絵本

出版社おすすめ

  • うさぎのおうち
    うさぎのおうち
    作:マーガレット・ワイズ・ブラウン 絵:ガース・ウィリアムズ 訳:松井るり子 出版社:ほるぷ出版 ほるぷ出版の特集ページがあります!
    じぶんの居場所をみつける子うさぎ。


『こえだのとうさん』 いとうさゆりさん インタビュー

みんなの声(7人)

絵本の評価(4.75)

何歳のお子さんに読んだ?

  • 0歳 0
  • 1歳 0
  • 2歳 0
  • 3歳 0
  • 4歳 0
  • 5歳 0
  • 6歳 0
  • 7歳 0
  • 8歳 1
  • 9歳 0
  • 10歳 0
  • 11歳 0
  • 12歳〜 0
  • 大人 6

全ページためしよみ
年齢別絵本セット