宮沢賢治の絵本 貝の火 宮沢賢治の絵本 貝の火
作: 宮沢 賢治 絵: おくはら ゆめ  出版社: 三起商行(ミキハウス) 三起商行(ミキハウス)の特集ページがあります!
親子のひばりは、沢山おじきをして申しました。 「これは貝の火という宝珠でございます。 王さまのお伝言ではあなた様のお手入れ次第で、この珠はどんなにでも立派になる
小学生からの【読みもの】もあります。楽しく読書習慣を。 絵本ナビの「絵本クラブ」がお手伝いします。>>>
どうぶつドドド
チェックする  
気になった作品はチェックして、マイページであとからゆっくり確認できます。(要サインイン)

どうぶつドドド

  • 絵本
作: 矢野 アケミ
出版社: 鈴木出版 鈴木出版の特集ページがあります!

在庫あり

月曜から土曜は朝8時までの注文で当日発送
※お届け日は翌日以降(詳しくはコチラ

本体価格: ¥1,200 +税

  • ハッピー・リユース・プログラム対象作品

絵本ナビ在庫 残り2

  • 利用できる決済方法
  • クレジットカード

  • 代金引換

  • atone翌月後払い

  • d払い

※「d払い」はスマートフォンからのみご利用いただけます。

作品情報

  • ちょっとためしよみする

発行日: 2015年11月15日
ISBN: 9784790252979

2〜3歳から
22.6×21.3センチ 24ページ

みどころ

最初にネズミを「ちょこり!」と置いて、次にウサギを「ぴょこん!」と置きます。
そして、次はアライグマ。「ぽこん!」
コアラは「もそっ!」、パンダは「ぽふっ!」、オットセイは「ぬるん!」
なんともユニークなオノマトペが並んで、思わず、
「ちょこり!」
連続して声に出したくなっちゃいます。
でも、この絵本、オノマトペが楽しいだけじゃないんです。
ゾウまで「どっしん!」と並べたら、とっても楽しい「遊び」が待っているんです。
その遊びはもちろん……。

『ぐるぐるカレー』や『ぐるぐるジュース』(アリス館)など、
思わず参加したくなるようなユニークな絵本を生み出す矢野アケミさん。
今回の作品もその遊びをしていて思いついたのだそうです。
あなたはどんな動物を並べたいですか?

(木村春子  絵本ナビライター)

出版社からの紹介

ねずみの隣にウサギ、あらいぐま、コアラ、パンダ…と行儀よく並んでいます。ねずみをちょこんと押すと、ドドド…ドミノ倒し!

ベストレビュー

笑ってしまいました

第一の感想が、大人も子どももどっちも好きそうな絵本だ、ということです。

題名だけで選んだ絵本だったのですが、
まさかこんな内容だったとは!
いい意味でまんまとやられました!

動物を置くとこの擬音語もまさしくこれだ!というものです。
何度も読ませたいと思います。
(みせすゆさん 30代・ママ )

この作品を見た人はこんな作品も見ています

この作品を見た人はこんなグッズを見ています

出版社おすすめ


矢野 アケミさんのその他の作品

バナナおいしくなーれ / わっかが8ぽんスポン! / ぐるぐるジュース / ぐるぐるせんたく / ぐるぐるカレー / ジェリーのこーろころん



大きくて愉快でだいすきなパパへの気持ちが絵本になりました

どうぶつドドド

みんなの声(11人)

絵本の評価(4.25

何歳のお子さんに読んだ?




全ページためしよみ
年齢別絵本セット