新刊
博物館の少女 怪異研究事始め

博物館の少女 怪異研究事始め(偕成社)

富安陽子が描く明治時代×あやかしミステリー!

  • ためしよみ
新刊
ぐるぐるうごく しましまぐるぐる

ぐるぐるうごく しましまぐるぐる(学研)

赤ちゃんはうごくものが好き!累計250万突破の大人気シリーズから待望の新刊登場!

  • かわいい
  • ギフト
ハキちゃんの「はっぴょうします」

ハキちゃんの「はっぴょうします」

  • 児童書
作: 薫 くみこ
絵: つちだ のぶこ
出版社: 佼成出版社 佼成出版社の特集ページがあります!

在庫あり

原則月曜から土曜は朝8時までの注文で当日発送
※お届け日は翌日以降(詳しくはコチラ

税込価格: ¥1,210

  • ハッピー・リユース・プログラム対象作品

絵本ナビ在庫 残り3

  • 利用できる決済方法
  • クレジットカード

  • 代金引換

  • atone翌月後払い

  • d払い

※「d払い」はスマートフォンからのみご利用いただけます。

  • Line

作品情報

発行日: 2006年03月
ISBN: 9784333021987

6〜7歳 編集部おすすめ

この作品が含まれるシリーズ

出版社からの紹介

朝の発表で何を話すか悩んでいたハキちゃんは、クラスメイトのよねだ君から「カナヘノサウルス」という生き物を見せてもらいます。その正体やいかに!? 豊かで自由な子どもの発想を描いた、おかしさ満点の傑作童話!

ベストレビュー

子どもって、虫めがね大好きですよね。

ハキちゃんのクラスでは、一時間目の授業の前に、黒板の前に立って、みんなに教えてあげたい事、一人ずつ話す「朝の発表」があります。
人の前でも自分の意見をきちんと言えるようになるための訓練なのです。
みんなに「おおおっ!」と言われるようなものを発表したいハキちゃんなのですが・・・
公園の入口で会った同じクラスのよねだくんは、こおろぎをたくさん捕まえていました。
こおろぎがカナヘノサウスルの餌だと聞いたハキちゃんは、カナヘノサウルスを見たくて、よねだくんの家へ連れて行ってもらうことに。
そこで見たカナヘノサウルスの正体は!!
ハキちゃんは、カナヘノサウルスを発表することに決め、二人でカナヘノサウルスを探しにはらっぱに出かけます。
二人のカナヘノサウルス探しはとても楽しそうで『モンシロマイムス・トノバッタノドン・カマキリトプス・テントウムシマイムス』など名前つけっこ遊びのページは、大好きです。
いつも見ているものが少しの発想ですごく素敵に見えること。
それを教えてくれたよねだくんのことを『よねだはかせ』って呼ぶハキちゃんの気持ちがよく分かります。
でも、最後は『はかせからばかせ』に格下げになっちゃいましたけど。
これも、ウケていました。
小学校での子どもたちの様子を見ることができて、早く小学生になりたいあやちゃんにちょうど良い本だったと思います。
私も『最近の小学校ではこんなことやってるんだぁ』なんて思いながら読みました。
(きんさんさん 40代・ママ 女の子5歳)

この作品を見た人はこんな作品も見ています

この作品を見た人はこんなグッズを見ています

出版社おすすめ

  • かばさん 改訂版
    かばさん 改訂版
    作:やベみつのり 出版社:こぐま社 こぐま社の特集ページがあります!
    子どもと遊ぶときはいつだって全力投球!矢部太郎氏の父、やべみつのり氏の描く、最高に楽しい親子の絵本

薫 くみこさんのその他の作品

ぞぞぞぞでんしゃ / スパイガールGOKKO 異界からのラブレター / しらゆきちりか ちっちゃいな / スパイガールGOKKO 極秘任務はおじょうさま / ちいさいごみしゅうしゅうしゃ ぱっくん / スパイガールGOKKO

つちだ のぶこさんのその他の作品

にんきもの いちねんせい / へっこきへのた / あれ あれ あれれ / さるかにがっせん / からっぽマヨネーズ / くだものっこの花


絵本ナビホーム > 児童 > 全集・双書 > 日本文学、小説・物語 > ハキちゃんの「はっぴょうします」

児童書出版社さん、周年おめでとう! 記念連載

ハキちゃんの「はっぴょうします」

みんなの声(26人)

絵本の評価(4.7

何歳のお子さんに読んだ?

プレミアムサービス


全ページためしよみ
年齢別絵本セット