宮沢賢治の絵本 貝の火 宮沢賢治の絵本 貝の火
作: 宮沢 賢治 絵: おくはら ゆめ  出版社: 三起商行(ミキハウス) 三起商行(ミキハウス)の特集ページがあります!
親子のひばりは、沢山おじきをして申しました。 「これは貝の火という宝珠でございます。 王さまのお伝言ではあなた様のお手入れ次第で、この珠はどんなにでも立派になる
【本好きな子になってほしい!】と思うママへ。 絵本を毎月お届けします.。まずはチェック。 >>>
しにがみとおばあさん
チェックする  
気になった作品はチェックして、マイページであとからゆっくり確認できます。(要サインイン)

しにがみとおばあさん

  • 絵本
作・絵: 鎌田 暢子
出版社: 大日本図書 大日本図書の特集ページがあります!

本体価格: ¥1,400 +税

  • ハッピー・リユース・プログラム対象作品

「しにがみとおばあさん」は現在購入できません

  • 利用できる決済方法
  • クレジットカード

  • 代金引換

  • atone翌月後払い

  • d払い

※「d払い」はスマートフォンからのみご利用いただけます。

作品情報

発行日: 2007年09月
ISBN: 9784477019000

4歳から

出版社からの紹介

何もかもいやになったおばあさんが、「死んでしまいたい」とつぶやくと、目の前に死神が・・・・。
無理難題をふっかけて追い払おうとしますが、簡単にはできません。
絶対絶命のおばあさんの命は、どうなるのでしょうか?
生きていることの喜びを伝えます。

しにがみとおばあさん

ベストレビュー

2年生の教室で読みました

2年生の読み聞かせで読みました。
いきなり1人の男の子に「愚痴をこぼすって何?」と質問されました。
持ち時間10分で2冊読むので、言葉の意味をあまり詳しく説明していられなかったのですが、お話を聞いているうちに理解してくれていたらうれしいです。
読み終わってから子供たちの間では「死神はどんな顔をしているのか?」ということが話題になっていました。
(みいのさん 50代・ママ 男の子17歳、女の子12歳)

この作品を見た人はこんな作品も見ています

この作品を見た人はこんなグッズを見ています

出版社おすすめ

  • どんぐりちゃん
    どんぐりちゃんの試し読みができます!
    どんぐりちゃん
    作:アン・ドヒョン 絵:イ・ヘリ 訳:ゲ・イル 出版社:星の環会 星の環会の特集ページがあります!
    どんぐりちゃんの一生を描いた韓国のやさしい翻訳絵本

鎌田 暢子さんのその他の作品

きつね / こぎつねボック / トントントンをまちましょう / 紙芝居 ぽぽんたのたんぽぽ / まっててね / ペンギンの あかちゃん



親子に贈る、ちいさな幸せの物語『そらはあおくて』杉浦さやかさんインタビュー




全ページためしよみ
年齢別絵本セット