しばわんこの和の行事えほん しばわんこの和の行事えほん しばわんこの和の行事えほんの試し読みができます!
絵・文: 川浦 良枝  出版社: 白泉社 白泉社の特集ページがあります!
お正月、節分、夏祭り...季節に縁のある遊びに触れながら、親子で楽しめる日本の行事をご紹介。
絵本が毎月届く「ワクワク」をぜひお子様に。 絵本ナビの定期購読「絵本クラブ」 お申し込みはこちらから>>>
ふきのとう
チェックする  
気になった作品はチェックして、マイページであとからゆっくり確認できます。(要サインイン)

ふきのとう

  • 絵本
作: 甲斐 信枝
監修: 森田竜義
出版社: 福音館書店

本体価格: ¥900 +税

  • ハッピー・リユース・プログラム対象作品

「ふきのとう」は現在購入できません

  • 利用できる決済方法
  • クレジットカード

  • 代金引換

  • atone翌月後払い

  • d払い

※「d払い」はスマートフォンからのみご利用いただけます。

作品情報

発行日: 2004年01月10日
ISBN: 9784834019636

読んであげるなら:4才から
自分で読むなら:小学低学年から
ページ数:28ページ
サイズ:26X24cm
初版年月日:2003年12月04日

この作品が含まれるシリーズ

出版社からの紹介

早春。春の訪れを知らせるふきの花、ふきのとうは、真っ先に雪の下から姿を現します。 よく見ると、ふきのとうには黄色い花と白い花があります。黄色い花は雄ふきの花、白い花は雌ふきの花で、それぞれ別の地下茎から生えているのです。ふきのとうはどのように命をつないでいるのでしょうか。つぼみが開いたあとの物語と、土の下でくりひろげられる地下茎の仕事を、心地よいリズムの文と情感豊かな絵で克明に描きます。

ベストレビュー

春をつげる ふきのとう  すごいな〜

今日 お店でふきのとうが並んでいました
春を告げる ふきのとう  てんぷらにして食べると おいしい
はるの 味がいっぱい 口に広がります

雪の下から見つけた ふきのとう  感動します
かがくのともはすごいな〜
ふきのとうは はるを知らせてくれる  はな

ふきのとうの花  黄色のおすふきと 白のめすふきがあり
それぞれの 役目があること

地下茎がしっかりはって  生命力の強さに感動しました

自然の節理のすごさ!  そして、子孫を残し伝えていくしっかり役目を果たしています 

地下茎の描き方がすごい ふきのとうがこんなふうに すごい生命力で生きていることに 
感動しました!

かがくのともはすごい視点で 私たちに教えてくれます
(にぎりすしさん 60代・その他の方 )

この作品を見た人はこんな作品も見ています

この作品を見た人はこんなグッズを見ています

出版社おすすめ


甲斐 信枝さんのその他の作品

きゃべつばたけのぴょこり / ちいさなかえるくん / のげしとおひさま / 稲と日本人 / のえんどうと 100にんのこどもたち / きゃべつばたけのいちにち

森田竜義さんのその他の作品

アサガオのなかはみずがいっぱい



【連載】10周年でかえってきた! しごとば・取材日記 その5

ふきのとう

みんなの声(16人)

絵本の評価(4.59

何歳のお子さんに読んだ?

じいじ・ばあばの声 1人

じいじ・ばあばの声一覧へ

プレミアムサービス
絵本ナビxブロンズ新社


全ページためしよみ
年齢別絵本セット