話題
あかちゃんごきげん しゃかしゃか

あかちゃんごきげん しゃかしゃか(くもん出版)

赤ちゃんがだいすきなラトルと絵本が合体した、はじめてのラトル絵本! プレゼントにぴったりです。

  • かわいい
  • ギフト
  • ためしよみ
ありがとうのえほん

ありがとうのえほん

  • 絵本
作・絵: フランソワーズ・セニョーボ
訳: なかがわ ちひろ
出版社: 偕成社 偕成社の特集ページがあります!

本体価格: ¥1,200 +税

  • ハッピー・リユース・プログラム対象作品

「ありがとうのえほん」は現在購入できません

  • 利用できる決済方法
  • クレジットカード

  • 代金引換

  • atone翌月後払い

  • d払い

※「d払い」はスマートフォンからのみご利用いただけます。

  • Line

作品情報

発行日: 2005年10月
ISBN: 9784033279503

対象年齢:3・4歳から
25cm×20cm
32ページ

出版社からの紹介

にわとり、めんどり、おひさま、おうち……。私の世界を支えてくれるたくさんのものたちを感謝の気持ちをこめて、温かく描き出す。

ありがとうのえほん

この作品を紹介しているサイトを見る >>> ユウchan「ありがとうのえほん」

ベストレビュー

ありがとうを言いたい気持ちになる作品

「まりーちゃん」シリーズが有名なフランソワーズの作品です。
何と、フランソワーズは1897年生まれで1961年没とあり、この作品は1947年の作品でした。

物語は
「コケコッコー!
おはよう おんどり
ありがとう
きょうも ぱっちり めが さめた」
という書き出しで始まります。
そんな「ありがとう」のシーンが続くのですが、人に対しての「ありがとう」でないところがミソ。
そう、この絵本は、自分が生きていることに感謝し、周りの全てのものに感謝するという崇高な思いで描かれたものなのです。
ですから、「ありがとう」の対象が、すべての身近なものになっています。

この感謝の気持ちって、とても大事。
当たり前と思っていることにも、感謝の念を持って接することが、小さい頃から身についていたとしたら、人として間違ったことはしないはず。
そんな思いで、この絵本を読みました。
決して華やかな作品ではありませんし、興味を全く示さないお子様がいるかも知れませんが、是非一度は読み聞かせして欲しい作品です。



(ジュンイチさん 40代・パパ 男の子12歳、男の子6歳)

この作品を見た人はこんな作品も見ています

この作品を見た人はこんなグッズを見ています

出版社おすすめ


フランソワーズ・セニョーボさんのその他の作品

わたしのすきなもの / おおきくなったら なにになる?

なかがわ ちひろさんのその他の作品

マザーテレサ / きょうりゅうたちもほんがよめるよ / ハロウィンのかぼちゃをかざろう / てのひらのあいさつ / おたすけこびととおべんとう / きょうりゅうたちのおーっとあぶない


絵本ナビホーム > 児童 > 絵本 > 外国文学小説 > ありがとうのえほん

『あっぷっぷのぷ〜』 すずきまみさんインタビュー

ありがとうのえほん

みんなの声(49人)

絵本の評価(4.6

何歳のお子さんに読んだ?

じいじ・ばあばの声 2人

じいじ・ばあばの声一覧へ

プレミアムサービス


全ページためしよみ
年齢別絵本セット