新刊
うごく! しゃべる! ぬりえーしょん 海のいきもの

うごく! しゃべる! ぬりえーしょん 海のいきもの (小学館集英社プロダクション)

お子さまの塗ったぬりえが、アニメーションになる!フランス生まれの画期的なぬりえシリーズ!

  • かわいい
  • 盛り上がる
新刊
ねえ、おぼえてる?

ねえ、おぼえてる?(偕成社)

国際アンデルセン賞画家賞受賞作家最新刊

  • 泣ける
  • ためしよみ
にじいろのさかな しましまをたすける!

にじいろのさかな しましまをたすける!

  • 絵本
作・絵: マーカス・フィスター
訳: 谷川 俊太郎
出版社: 講談社 講談社の特集ページがあります!

在庫あり

原則月曜から土曜は朝8時までの注文で当日発送
※お届け日は翌日以降(詳しくはコチラ

税込価格: ¥1,980

  • 利用できる決済方法
  • クレジットカード

  • 代金引換

  • atone翌月後払い

  • Amazon Pay

  • d払い

※「d払い」はスマートフォンからのみご利用いただけます。

  • Line

中面を見る

作品情報

発行日: 1997年10月
ISBN: 9784062619691

この作品が含まれるシリーズ

関連するスペシャルコンテンツ


「にじいろのさかな」シリーズ 編集者・吉田幸司さん、長岡香織さんインタビュー


マーカス・フィスターさんにインタビューしました!

出版社からの紹介

続きを読む

ベストレビュー

仲間はずれの葛藤

にじいろのさかなシリーズ第2作目。
前作でキラキラうろこをみんなに分けてあげて、仲良く暮らしているにじうお。
そんなにじうおの前に現れたのが、しましまさかな。
きらきらうろこで結束していた仲間たちだっただけに、
みんなはしましまを受け入れられません。
にじうおは、経験上違和感を感じながらも仲間の考えに同調します。
このあたりの心の動きは、子ども時代ならみんなあるような気がします。
だからこそ、その後のにじうおの行動には勇気付けられますね。
その気持ちは、にじうおに比べて少なかったとはいえ、
仲間たちにも潜在的にあったと思います。
謝り方も、個性がありますね。
だからこその嬉し涙。
しましまの気持ちがとても伝わってきました。
ありのままの心の動きに、好感をもてました。
(レイラさん 40代・ママ 男の子16歳、男の子13歳)

関連記事

この作品を見た人はこんな作品も見ています

3,960円
1,540円
1,760円
1,430円
1,650円

この作品を見た人はこんなグッズを見ています

880円
1,650円
1,650円
1,100円

出版社おすすめ




絵本ナビ編集長『はじめての絵本 赤ちゃんから大人まで』2月24日発売!

にじいろのさかな しましまをたすける!

みんなの声(31人)

絵本の評価(4.41

何歳のお子さんに読んだ?

その他の方の声 1人

その他の方の声一覧へ

プレミアムサービス


全ページためしよみ
年齢別絵本セット

閉じる

入荷リクエスト
ありがとうございます

入荷のお知らせが欲しい方はこちら