新刊
ねえ、おぼえてる?

ねえ、おぼえてる?(偕成社)

国際アンデルセン賞画家賞受賞作家最新刊

  • 泣ける
  • ためしよみ
あきらがあけてあげるから

あきらがあけてあげるから

  • 絵本
作: ヨシタケシンスケ
出版社: PHP研究所 PHP研究所の特集ページがあります!

在庫あり

原則月曜から土曜は朝8時までの注文で当日発送
※お届け日は翌日以降(詳しくはコチラ

税込価格: ¥1,100

絵本ナビ在庫 残り1

  • 利用できる決済方法
  • クレジットカード

  • 代金引換

  • atone翌月後払い

  • Amazon Pay

  • d払い

※「d払い」はスマートフォンからのみご利用いただけます。

  • Line

中面を見る

作品情報

発行日: 2021年04月13日
ISBN: 9784569789934

出版社のおすすめ年齢:3・4歳〜
B5変型上製/48ページ

内容紹介

みどころ

続きを読む
あきらがあけてあげるから

あきらがあけてあげるから

出版社からの紹介

くやしい。ボクはくやしい。
ボクはチョコがたべたいんだけど、このふくろ、あけにくいんだよ。

ボクはまだちっちゃくてちからもよわいから、このふくろはあけられないんだ…。

でも、もうすこしおおきくなったら、ボクはきっとなんでもあけられるようになるとおもうんだ。
じぶんのぶんもみんなのぶんも、ぜーんぶあけてあげたい。
あきらがあけてあげるから!


どんなものでもあけられるって、なんだか楽しい!
夢が広がるヨシタケシンスケのユーモア絵本。

ベストレビュー

自分であけられず悔しい大きくなり 気持ちわかるよね!

あきらは お菓子の袋が開けられず すごく苦心してる様子がいじらしい!
おかあさんなら すぐに あけれる・・・くやしい!

じぶんがみんなのものを開けてあげたい 気持ちわかるよ!

はやくおおきくならないかな〜

ここからの発想が ヨシタケシンスケさんらしい
地球まであけるなんて  ガバーッ

お父さん登場 
お父さんにあけてもらうんですが 大きくなったら お父さんの役割がなくなるね

おとうさんがあいた 大きな口あけて お菓子を口に入れてもらうお父さんお母さん
こんな姿もいいね〜
おとうさん がんばれ!  瓶のふたが開けられるかな!

こんな本 子供たち大好きですよね
(にぎりすしさん 60代・その他の方 )

関連記事

この作品を見た人はこんな作品も見ています

1,320円
1,540円
1,100円
1,815円
1,430円

この作品を見た人はこんなグッズを見ています

825円
3,960円
1,320円
1,320円

出版社おすすめ




児童書出版社さん、周年おめでとう! 記念連載

あきらがあけてあげるから

みんなの声(13人)

絵本の評価(4.71

何歳のお子さんに読んだ?

プレミアムサービス


全ページためしよみ
年齢別絵本セット

閉じる

入荷リクエスト
ありがとうございます

入荷のお知らせが欲しい方はこちら