話題
まほうのさんぽみち

まほうのさんぽみち(評論社)

絵本が大好きな女の子とパパの、幸せであたたかいお話。

話題
日・中・韓平和絵本 へいわって どんなこと?

日・中・韓平和絵本 へいわって どんなこと?(童心社)

テレビで話題!いま、かんがえてみませんか?

  • ためしよみ
猫山

猫山

  • 絵本
作: 斎藤 隆介
絵: 滝平 二郎
出版社: 岩崎書店 岩崎書店の特集ページがあります!

在庫あり

原則月曜から土曜は朝8時までの注文で当日発送
※お届け日は翌日以降(詳しくはコチラ

税込価格: ¥1,760

  • 利用できる決済方法
  • クレジットカード

  • 代金引換

  • atone翌月後払い

  • Amazon Pay

  • d払い

※「d払い」はスマートフォンからのみご利用いただけます。

  • Line

作品情報

発行日: 1983年
ISBN: 9784265909384

この作品が含まれるシリーズ

出版社からの紹介

イワナを釣りに来て山奥へ迷いこんだ三平は山ン中にぽっと明るいまどを見つけた……。力を合わせて猫ばばを退治する痛快な絵本。

ベストレビュー

包丁の切れ味を確かめるその姿は、迫力満点

 恐がりな息子には、小学生になってから読みました。
 表紙絵を見て、第一声が「コワッ!」

 「そんなでもないから〜」って、読み始めたら私の右肩に隠れてはじめ聞いていました。

 道に迷った三平が、たどり着いた先が化け物猫の屋敷。
 かつて飼っていた猫も、ここの大猫にさらわれて来たというあたりで、ははも寒気が。
 なんといっても、障子に映る猫ばばの影。
 包丁の切れ味を確かめるその姿は、迫力満点。

 おまけに猫ばばの汚い言葉遣いに、息子は恐ろしさマックスの表情。
 「やめようか?」というと、「大丈夫、続けて」と我慢の様子。

 三平の檄で、猫ばばに立ち向かう子猫たちの奮闘シーンも大迫力。
 
 ハッピーエンドで、安心したかと思ったら、「今日は一緒に寝てちょうだい」の一言で、久々添い寝をしました。
 
 滝平先生の絵の魅力満載の作品です。
(アダム&デヴさん 50代・ママ 男の子12歳)

関連記事

この作品を見た人はこんな作品も見ています

1,320円
2,200円
1,760円
1,540円
1,466円

この作品を見た人はこんなグッズを見ています

990円
1,540円
550円
880円

出版社おすすめ

  • こどもべやのよる
    こどもべやのよるの試し読みができます!
    こどもべやのよる
    出版社:岩波書店 岩波書店の特集ページがあります!
    岩波の子どもの本 最新刊。こどもべやに夜がきました。せかいじゅうで、おきているのは、いっちゃんだけ。



ディズニー映画『アナと雪の女王』10周年 本の世界に踏み出そう

猫山

みんなの声(19人)

絵本の評価(4.7

何歳のお子さんに読んだ?

プレミアムサービス


全ページためしよみ
年齢別絵本セット

閉じる

入荷リクエスト
ありがとうございます

入荷のお知らせが欲しい方はこちら