新刊
きみとぼく

きみとぼく(文溪堂)

谷口智則さん最新刊 全然違う「きみ」と「ぼく」の物語

新刊
うまうま あーん!

うまうま あーん!(評論社)

食べることがきっと楽しくなる!

  • かわいい
  • 盛り上がる
なつねこ

なつねこ

  • 絵本
作: かんの ゆうこ
絵: 北見 葉胡
出版社: 講談社 講談社の特集ページがあります!

税込価格: ¥1,650

「なつねこ」は現在購入できません

  • 利用できる決済方法
  • クレジットカード

  • 代金引換

  • atone翌月後払い

  • Amazon Pay

  • d払い

※「d払い」はスマートフォンからのみご利用いただけます。

  • Line

中面を見る

作品情報

発行日: 2011年06月
ISBN: 9784061324701

この作品が含まれるテーマ

この作品が含まれるシリーズ

みどころ

季節を運ぶユニークな猫たちを描いた「四季ねこ」シリーズ、本書は涼やかな「夏」の物語です。

毎年夏になると、軒下にかけられる風鈴の音が、なみこは大好きでした。ガラスの揺れる音の奥から、すきとおった風の歌が聞こえるような気がするのです。
ある夕暮れ、ゆかたを着たかわいい猫、こなつがやってきて、お兄さんのなつねこが風鈴を作っている工房に案内してくれました……。

猫の風鈴工房って、なんて魅力的なんでしょう! 思わず自分も遊びに行きたくなります。珍しい道具類やビンや箱に入った小物など、細部までこまやかに描き込まれた工房のようすや、朝顔がいけられた竹の筒、大きくてレトロな金魚鉢などにも目を奪われます。
熱い炉の中でどろどろになっているガラスを吹いて形をつくり、絵付けをするという、風鈴ができあがる過程もおもしろくて見逃せません。そして、なつねこがそっと教えてくれた、風鈴の音に隠されたすてきな秘密とは……? これを知ってしまうと、夏が待ちきれず、風鈴の優しい音を聞いてみたくなってしまいます。

さわやかな風がふっと吹き抜けるような、この絵本が気に入った方は、ぜひほかの季節の猫たちにも会ってみてください。

(光森優子  編集者・ライター)

なつねこ

出版社からの紹介

ここちよい風鈴の音の秘密は、夏の思い出
風鈴の音色が大好きななみこは、ある日やってきた妹猫にさそわれて、風鈴工房を訪ねました。
そこで、風鈴職人をしている兄猫から風鈴の音の秘密を教わるのです。

ベストレビュー

北見葉胡さんの絵、素敵でした!

素敵な風鈴のお話でした。
青白い、薄暗い森とほのかな蛍の光、なつねこ兄妹。幻想的で素敵なお話でした。
主人公のなみこが「風の森」に入っていくシーンとラストのシーンはちょっと私の大好きな安房直子さんの「きつねの窓」とイメージがかぶりました。

北見葉胡さんの描くねこたちがすごく可愛かったです。
このシリーズはどっぷりとメルヘンに浸かりたい少女たちにお薦めです。
(てんぐざるさん 40代・ママ 女の子16歳、女の子11歳)

関連記事

この作品を見た人はこんな作品も見ています

1,650円
1,650円
1,870円
1,320円
1,760円

この作品を見た人はこんなグッズを見ています

4,950円
550円
1,430円
1,320円

出版社おすすめ

  • こどもべやのよる
    こどもべやのよるの試し読みができます!
    こどもべやのよる
    出版社:岩波書店 岩波書店の特集ページがあります!
    岩波の子どもの本 最新刊。こどもべやに夜がきました。せかいじゅうで、おきているのは、いっちゃんだけ。



人気作品・注目の新刊をご紹介!絵本ナビプラチナブック

なつねこ

みんなの声(19人)

絵本の評価(4.65

何歳のお子さんに読んだ?

プレミアムサービス


全ページためしよみ
年齢別絵本セット

閉じる

入荷リクエスト
ありがとうございます

入荷のお知らせが欲しい方はこちら