はじめての和食えほん 冬のごちそうつくろう はじめての和食えほん 冬のごちそうつくろう はじめての和食えほん 冬のごちそうつくろうの試し読みができます!
著: 柳原 尚之 絵: 近藤 圭恵  出版社: 文溪堂 文溪堂の特集ページがあります!
旬の食べものでおいしい和食!冬においしい10のごちそうのレシピを楽しいお話と一緒に紹介

ぬいぐるみおとまりかい」 みんなの声

ぬいぐるみおとまりかい 作:風木 一人
絵:岡田 千晶
出版社:岩崎書店 岩崎書店の特集ページがあります!
本体価格:\1,300+税
発行日:2014年08月
ISBN:9784265081332
評価スコア 4.3
評価ランキング 16,404
みんなの声 総数 9
  • この絵本のレビューを書く

立場で選ぶ

並び替え

9件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ
  • イベントまるごと体感

    最近よく聞くイベントが、こんな素敵な作品になっているのですね。
    これなら、イベントまるごと体感、楽しみも倍増です。
    子どもたちが、お気に入りのぬいぐるみを持参して、図書館へ。
    おはなし会などを楽しんだ後、ぬいぐるみたちは、図書館でお泊り。
    次の日迎えに行くと、お泊りの間の様子が写真に写っている、という訳ですね。
    ぬいぐるみたちも本を楽しんでいるって、素敵です。
    こんな読書のすすめ、素晴らしいですね。
    子どもたちにも体験させてあげたいです。
    風木さんの語りも素敵ですし、岡田さんの絵がなんとも温かくてやわらかくて。
    幼稚園児くらいからでしょうか。

    投稿日:2018/08/15

    参考になりました
    感謝
    0
  • 気持ちがほんわかします

    図書館でぬいぐるみたちがお泊り会をします。
    私が知っているいくつかの図書館ではぬいぐるみお泊り会というものを開催していません。
    どこかの図書館ではあるのでしょうか。

    最初はほつれたぬいぐるみを治すためにお泊り会をするのかなぁ、と現実的に考えて読みましたが、全く違う、ファンタジーでした。
    私も大人になり、頭が固くなってしまったなぁと思わせてくれる1冊でした。

    投稿日:2018/01/08

    参考になりました
    感謝
    0
  • 素敵なイベント!

    「ぬいぐるみおとまりかい」のイベントがあったら素敵だろうなあと思って読みました。その企画があるのは、初めて聞いたことだったけどなんだかそわそわしました。孫4人は、ぬいぐるみを抱いて寝ることはないのですが、次女の子どもは、祝日に預かると時々、ぬいぐるみのくまを同伴してます。くまさんを抱いて寝ているのだと思いました。お泊り会に参加させるかわかりませんが、孫に読みたい絵本だと思いました。絵もとても素敵でした!

    投稿日:2017/11/18

    参考になりました
    感謝
    0
  • ぬいぐるみはお友達

    やさしいタッチの表紙にひかれて、図書館で借りてきました。
    実際にこのような取り組みがされている図書館があると聞いたことがあります。
    素敵ですよね。
    子供だったらなおさら、ぬいぐるみはお友達と同じなので、感情移入ができると思います。
    ぬいぐるみと離れ離れになるのはさみしいですが、翌日お迎えに行くのはまた違った喜びがありますよね。
    離れてみると分かる大切なことがある。そんなことを気づかせてくれる1冊です。

    投稿日:2016/05/16

    参考になりました
    感謝
    0
  • 癒されます

    ぬいぐるみをもって絵本読み聞かせにきた子供たち。

    みんなでぬいぐるみを置いて帰るのですが、夜、ぬいぐるみたちは大騒ぎ。

    図書館員さんに見つかりますが、絵本を読み聞かせしたり、折り紙で遊んでくれたりします。みんな、本を枕や毛布がわりに疲れて最後は本当に寝てしまう、、、

    そんなぬいぐるみを翌朝子供たちがお迎えにきます。子供たちも本を借りていきます。

    新宿区で同じような企画をしている図書館があったので、興味深く読みました。実際にぬいぐるみを置いていくのは、衛生面でやや不安になりますが、子供心には響きそうです。

    投稿日:2016/04/23

    参考になりました
    感謝
    0
  • 子どもが小さかった頃に出会いたかった

    • ☆だ〜なさん
    • 30代
    • ママ
    • 埼玉県
    • 男の子9歳、男の子7歳

    絵本仲間さんより、『ぬいぐるみ おとまりかい』という素敵なイベントが開催されているということを知り検索→この絵本にも辿りつきました☆

    実際の『おとまりかい』の様子を画像で見た後だったので、この絵本が、まさにその世界が描かれていてほのぼのと読ませていただきました。

    普段図書館によく来ている子も、あまり足を運ばない子も、こんな風に大切なぬいぐるみ達が図書館にお泊まりをして楽しく過ごしているのを知ったら、参加してみたくなるんじゃないかな〜と思います。

    そしてよりいっそう、図書館が身近な存在になりそうですね!

    岡田さんの描く子ども達・ぬいぐるみ達の表情がすごく生き生きとしていて大好きです。

    我が子が小さな時に出会いたかった絵本・そして近くでこんな素敵なイベントがあったらよかったなぁ・・・と思いました。

    投稿日:2016/03/01

    参考になりました
    感謝
    0
  • 各地の図書館で
    「ぬいぐるみおとまりかい」という企画があるという話は
    知っていました。
    次女は、(26歳になりましたが)
    小さい時から大切にしている
    くまのぬいぐるみがあり、
    病気や入院した時、
    いろんなときに慰められていました。
    次女が子供の時に
    この絵本を読んだり、
    図書館におとまりさせていたら、
    感情移入したんじゃないかと思います。

    私もくまの表情やしぐさを見て
    ほのぼのとした気持ちを思い出しました。

    長女の子供(私の孫)が、
    近々、ぬいぐるみおとまり会に参加するそうで、
    この絵本を教えてもらいました。

    ぬいぐるみを見て
    「かわいい」と思う優しい気持ち、
    図書館で一緒に本を借りてみようと思う気持ち、
    おとまり会を想像してみる気持ちを大切にして
    子どもが成長していく過程で
    心を育んでほしいと思いました。

    言葉もストーリーも優しいし、
    岡田千晶さんの絵ととても合っていると思いました。
    私の好きな絵本です。

    投稿日:2015/07/05

    参考になりました
    感謝
    0
  • 近所の図書館で…

    ぬいぐるみのお泊まり会が開催されていたので
    さっそくこの絵本を読んでみました。
    4歳次女は、すごい!お泊まりさせたい!と
    言い出しましたが、
    小3長女はちょっと冷めた顔…半信半疑…笑
    でも、うそだ!とは言い切れないあたりが
    かわいらしかったです。
    本当にこんなことあったら楽しいですよね。
    夢のある企画&絵本だと思います。

    投稿日:2015/06/18

    参考になりました
    感謝
    0
  • 優しいタッチで描かれた絵に心もほんわか。

    • 梅木水晶さん
    • 30代
    • ママ
    • 山形県
    • 女の子2歳、男の子0歳、

    ぬいぐるみたちが図書館に泊まると言うお話なんですけれども、起きて遊んでいる所を図書館の人に見つかっちゃった時のぬいぐるみたちの表情の可愛らしい事!図書館の人が優しい人で本当によかった。私も図書館で働きた〜い!

    投稿日:2014/11/26

    参考になりました
    感謝
    0

9件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。

この作品にレビューを投稿された方は、こんな作品にも投稿しています

はらぺこあおむし / しろくまちゃんのほっとけーき / ぐりとぐら / おつきさまこんばんは / きんぎょがにげた / いないいないばあ / もこ もこもこ / ねないこ だれだ / おおきなかぶ / がたん ごとん がたん ごとん

絵本の人気検索キーワード

ぐりとぐら /  はらぺこあおむし /  バムとケロ /  こびとづかん /  はじめてのおつかい /  そらまめくん /  谷川俊太郎 /  ちいさなちいさな王様 /  いないいないばあ /  いやいやえん /  スイミー /  飛び出す絵本

出版社おすすめ



こんにちは!世界の児童文学&絵本

みんなの声(9人)

絵本の評価(4.3)

何歳のお子さんに読んだ?


全ページためしよみ
年齢別絵本セット