アンダーアース・アンダーウォーター 地中・水中図絵 アンダーアース・アンダーウォーター 地中・水中図絵 アンダーアース・アンダーウォーター 地中・水中図絵の試し読みができます!
作: アレクサンドラ・ミジェリンスカ ダニエル・ミジェリンスキ 編: 徳間書店児童書編集部  出版社: 徳間書店 徳間書店の特集ページがあります!

はこ」 みんなの声

はこ 作:小野 不由美
絵:nakaban(ナカバン)
編:東 雅夫
出版社:岩崎書店 岩崎書店の特集ページがあります!
本体価格:\1,500+税
発行日:2015年05月22日
ISBN:9784265079605
評価スコア 4.36
評価ランキング 11,792
みんなの声 総数 10
  • この絵本のレビューを書く

立場で選ぶ

並び替え

10件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ
  • 怖い

    9歳長女は怪談絵本が大好き。そんな長女に借りてきました。

    「はこ」というタイトル通り、はこのお話。開かないはこから音がする、雨の日にはこが開いていたけど中身がない・・・。そんな繰り返しです。

    静かに怖い・・・。背筋がゾゾっとしました。大人の方が怖さを感じるかもしれません。

    投稿日:2017/05/24

    参考になりました
    感謝
    1
  • 究極の箱

    • レイラさん
    • 50代
    • ママ
    • 兵庫県
    • 男の子22歳、男の子20歳

    怪談えほん10。
    少女が接する箱が、開かないのです。
    ところが、天候によってなぜか開く箱は、音がしていたはずなのに中身が消えているのですね。
    開かない箱の出現と、消えていく物たち。
    その唐突な展開に、不安が増幅します。
    そして、究極の箱が登場します。
    普段は箱という認識がないのですけれどね。
    読者の心の感情を土足で引き出してくるような印象を受けました。
    静かにホラーな作品だと思います。

    投稿日:2016/02/02

    参考になりました
    感謝
    1
  • 出口を探して

    最後まで、ドキドキしながら読みました。
    こわいこわいと思いながらも、ページを読む手を止められず…。
    まるで、お化け屋敷に入ったようでした。
    そして、結末は…
    出口はどこかなと探してみたけれども、出口は塞がれていた…というような気持ちです。
    大人にお勧めの絵本です。

    投稿日:2015/11/11

    参考になりました
    感謝
    1
  • 「箱」の恐怖

    開かなくなってしまった箱の中にいるものが消えていく、壊れていく、死んでいく…。
    想像すればするほど、怖い世界の中に入り込んでしまいました。
    自分も箱の中にいると思ったら、堪らなくなって来ました。
    人の心理を深堀するような絵本です。
    一人ぼっちの夜に読んだら、トイレに入れなくなりそうです。

    投稿日:2015/08/10

    参考になりました
    感謝
    1
  • 「不安」という感情を説き上げた絵本

    • やぎ座さん
    • 20代
    • その他の方
    • 山口県

    絵本が子供にもたらす感情って、「喜び」「わくわく」「悲しい」「ドキドキ」などが多いと思うんですが、この絵本は「不安」という高次の感情を教えてくれます。シリーズの例に漏れず対象年齢は少し高めかもしれませんが、読めば読むほど内容がじわじわ分かってくると思います。

    少女もはじめは自身の持った感情の正体がはっきりとは掴めていないようですが、「はこ」が何をもたらすのかを知ったときには…。

    「ちょうつがい きいきい」と同じくらい実写化してほしいです。

    投稿日:2015/05/31

    参考になりました
    感謝
    1
  • 現代社会では、よくある話です。

    • 渡辺諦さん
    • 30代
    • その他の方
    • 東京都

    ある日突然、箱が空かなくなり、何かが消えていく。最初は小さな生き物だったが、だんだん消える存在が大きくなっていき…同じパターンで繰り返される「消失」が、ゆっくりと人の心を狂わせていく怪談絵本。

    この話は、私は現代社会では「よく起きる」出来事だと感じました。「はこ」というのは、ありふれている入れ物ですが、そこに入るものや関連するものがいなくなっていく様子は、例えば、アパートで孤独死していく人や、会社などでいつの間にかいなくなっていく人、時代の変化で突然使えなくなっていく機会など、いろいろなものを連想させました。タイトルに「よくある話」と書いたのは、そういうイメージからです。人が死んだり、いなくなったりする時に、虫の知らせというものがあるのです。突然消えてしまっても、日常生活はそのまま続いていくのです。残された人たちは、ないなりに過ごせてしまうのです。母親のセリフ「それよりも、犬をさがしてちょうだい」が、現実生活の無情さと、残酷さを明確に表している気がします。なくなったものは、仕方がないとして、私たちは先に進むしかないのでしょう。

    いろんな意味で哲学的な絵本だと思う。むしろ大人の方が深く味わえるかもしれないと思います。

    投稿日:2019/01/09

    参考になりました
    感謝
    0
  • なんとも言えない怖さ

    怪談えほんシリーズの『かがみのなか』と共に、夜、6年生の娘に
    読みました。「なんで怖い本ばかり読むのっ」と言われました(笑)。
    ただ、この絵本の怖さは、なんとも言えない雰囲気なので、子どもには
    若干怖さが理解しにくいのかもなあって思いました。
    はこ、というものをうまく想像できるヒト(大人でも子どもでも)しか
    怖さを感じることができないかも。

    自分がいなくなった場合、自分は怖いのだろうか。

    投稿日:2018/06/19

    参考になりました
    感謝
    0
  • 静かな恐怖

    中に何やら入っているらしい「箱」
    なぜか開かないその箱が、何かの拍子で開くと
    その中身は、死んだと思われる状態に・・。
    その繰り返しの果てに
    究極の「箱」に閉じ込められる主人公・・

    静かな恐怖が忍び寄る
    ちょっと大人向け心理ホラー・・

    娘は何とも言えない読後感に
    しばらく黙ったままでした・・。

    投稿日:2017/08/06

    参考になりました
    感謝
    0
  • ちょっと怖かったみたいです

    このお話は、何かの中に閉じ込められたものが消えてなくなってしまうというお話でした。自分の周り物もがどんどんなくなっていって、最後には自分も家という箱の中にいました。女の子は消えてしまったのかどうかはわかりませんでしたが、うちの子はこの絵本を見てお留守番が怖くなったと言っていました。

    投稿日:2016/04/12

    参考になりました
    感謝
    0
  • 怖さを感じる。

    きっと5歳幼稚園年中さんの我が家の娘が読んだら,この絵本の意味もわからず「ぽかん?」としているかも知れません。
    小学生以上のお子さん向きな絵本だと思いました。
    大人の私は,それはもう怖さを感じる内容の絵本でした。
    イラストの色彩といい,あかない箱が突然あいて,続いて引き出しにクローゼットに。。
    メダカに犬に。。いなくなる数々の。。
    怖かったです!

    投稿日:2015/10/30

    参考になりました
    感謝
    0

10件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。

この作品にレビューを投稿された方は、こんな作品にも投稿しています

はらぺこあおむし / しろくまちゃんのほっとけーき / ぐりとぐら / おつきさまこんばんは / きんぎょがにげた / いないいないばあ / もこ もこもこ / ねないこ だれだ / おおきなかぶ / がたん ごとん がたん ごとん

絵本の人気検索キーワード

ぐりとぐら /  はらぺこあおむし /  バムとケロ /  こびとづかん /  はじめてのおつかい /  そらまめくん /  谷川俊太郎 /  ちいさなちいさな王様 /  いないいないばあ /  いやいやえん /  スイミー /  飛び出す絵本

出版社おすすめ



「ちいさなエリオット」シリーズ 作者・マイク・クラウトさん 翻訳者・福本友美子さん対談

みんなの声(10人)

絵本の評価(4.36)

何歳のお子さんに読んだ?


全ページためしよみ
年齢別絵本セット