話題
まほうのさんぽみち

まほうのさんぽみち(評論社)

絵本が大好きな女の子とパパの、幸せであたたかいお話。

まめまめくん」 みんなの声

まめまめくん 文:デヴィッド・カリ
絵:セバスチャン・ムーラン
訳:ふしみ みさを
出版社:あすなろ書房 あすなろ書房の特集ページがあります!
税込価格:\1,100
発行日:2016年10月30日
ISBN:9784751528228
評価スコア 4.19
評価ランキング 23,132
みんなの声 総数 15
  • この絵本のレビューを書く

立場で選ぶ

並び替え

15件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 2 次の10件 最後のページ
  • 大切な個性

    表紙がかわいらしい!
    マッチ箱が、ベッドなの?
    「まめまめくん」というネーミングもいいなぁ〜
    コロボックルのような小人?かな?
    と、ワクワクしながら読み始めると・・・

    違います!
    違うんです!!

    学校に行くまでは
    まめまめくんは、生き生きして
    遊んでいます
    ところが、小学1年の壁?
    それだけじゃないように思います

    まめまめくんだけでなく
    集団の中でのこと・・・
    考えさせられます

    せんせい は、将来このこはどうするんだろうーって
    心配しているんです!!!

    え〜っ、先生、それじゃだめでしょ〜
    って、思うのですが

    でも、まめまめくんはすごいんです!!

    まめまめくんに、拍手!
    勇気&やる気をいただきました
    素敵な作品でした

    投稿日:2016/12/22

    参考になりました
    感謝
    2
  • 偉大なアーティスト

    こびとのお話?
    いいえ、普通の男の子、まめまめくんのおはなしです。
    ただ、体が小さいだけ。
    そして、子どもらしく元気に育ちますが、小学校生活は厄介なのですね。
    みんなと同じ事が出来ないって、やはりハンデです。
    ところが、体が小さいだけで、ちゃんと大人になって生活しているじゃないですか!
    自信に満ちたまめまめくんの姿が、清々しいですね。
    「偉大なアーティスト」という表現には、いろいろな意味合いが含まれているように感じます。
    小学生くらいから、全ての子へのエールのような気もします。

    投稿日:2016/12/10

    参考になりました
    感謝
    2
  • ちいさな ちいさな まめまめくん  
    かわいい!おふろ ハイハイ マッチ箱の中のベットはかわいすぎます
    ちいさくても いろんな事に挑戦しています
    元気な男の子で すごく楽しんでいます
    宇宙の大きさを 蓮の上で考えたり   小さいのにスケールが大きい!
    そして 小学生に成長しますが みんなとは遊べなくて・・・・
    でも まめまめくんには好きなことがあって 夢があるのです

    なんと きって アーティストに
     
    それは どんなに小さくても いだいなアーティストになれるんだよ
     
    まめまめくんは みんなにも勇気をくれるました!

    絵がかわいい!

    投稿日:2016/12/27

    参考になりました
    感謝
    1
  • 何を受けとれば良いのでしょう?

    生まれたときから豆粒のように小さいまめまめくん。
    学校にに出て、周り²の人との違いを目のあたりにしました。
    大人になっても体は小さいままですが、まめまめくんならではの仕事につきました。
    この絵本から、何を受けとれば良いのかちょっと迷うところです。
    個性を個性として考えれば、少し落ち着くのですが。

    投稿日:2021/05/05

    参考になりました
    感謝
    0
  • やがて、人は大人になる

    小さいサイズの可愛らしい佇まいの本だったので、読みたいと思いました。
    マッチ箱に横になれるほど、ちいさなまめまめくんのお話。
    小学校に上がると、周りと違うことで、大変な思いをしたこともあったけれど、やがてまめまめくんは大人になります。
    すると、そこには、ぴったりのお仕事が見つかったまめまめくんの姿が。
    あまりにものんびりな息子を案じてしまうことの多い私ですが、やがて、人は大人になるのだから、子供時代の今、必要以上に不安になることはないのかもなと、心を軽くしてもらった気がします。
    大人にもオススメの絵本です。

    投稿日:2020/11/28

    参考になりました
    感謝
    0
  • 少し考えてしまいます

    この絵本は読み出した時の感情と

    読み終わった時の感情が

    まったく変わってしまう絵本です。

    良くも悪くも個性と言えばそれまでですが、

    解決策はあるのかな?と思いました。

    最後は彼が笑っているので、

    結果としてはいいのだろうか・・・と

    思いましたが、どうなんでしょうか。

    投稿日:2018/01/08

    参考になりました
    感謝
    0
  • 絵本ナビのサイトのどこかで、この本の表紙を見た時に、
    あ、なんか可愛い感じの本だなと思って機会があったら見てみたいな
    と思っていました。

    とうとう、その機会を今日得て、読んでみました。
    すごくいい話でした。
    学校に入るまでは、何も知らずにのびのびと育った主人公。
    学校に入って壁にぶつかりました。
    そのへんのこともさらっと描いてあるところがいいなと思いました。
    可愛い!だけでは、ストーリー的に魅力に欠けますから..
    そして予想を超える最後!
    私が今年であった絵本の中で一番の感動をえた作品でした。

    コンプレックスとかを感じている子に勇気を与えてくれる本だと思います。
    また、みんなに、人と違ったっていいんだよという肯定的な気持ちを
    もたらしてくれる本だと思います。
    とにかく、絵も話も素敵な本です。お薦めです。

    投稿日:2017/07/30

    参考になりました
    感謝
    0
  • 結果は同じでも…

    マッチ箱をベッドにできるくらい小さなまめまめくん。
    ちいさくても、元気いっぱいで、楽しそうで、いいなって思ったのですけれど…。

    小学校に入ったまめまめくんを見ていると、胸が痛みました。
    じぶんとあまりにかけ離れた相手との集団生活は、やはり完全には成り立たないということが、悲しかったです。

    大人になって、じぶんの道をみつけたまめまめくん。
    じぶんの生きる道を見つけられたことに安堵しながらも、やっぱりひとりなのが悲しいなって思いました。
    結果は同じでも、仲間に囲まれている姿を見たかったです。

    投稿日:2017/07/04

    参考になりました
    感謝
    0
  • これが、ぼくの生きる道

     最初、読み終わった時、ちょっと複雑な気分でした。

     学校でのまめまめくん。みんなと大きさが違うために、何をするのも不自由で、一緒に遊ぶこともできません。家では何の不自由もなく、あんなに 楽しく暮らしていたのに・・・。サイズが違うということだけで、社会の中でみんなと生きていくことは無理なのかな?一人で絵を描いている まめまめくんは幸せそうだけれど、本当にそれだけでいいの?と。

     そのうち、佐々木マキさんの『やっぱりおおかみ』 を思い出しました。おおかみはおおかみとして生きるしかないと腹をくくった おおかみ。そうしたら不思議にゆかいな気持ちになってきた おおかみ。

     繰り返して読むうちに、まめまめくんにも、おおかみと同じ「自分は自分」と割り切って生きる強さ、しなやかさを感じました。そうして生きていたら、また新たな繋がりもでてくるのです。きっと。

    投稿日:2017/06/28

    参考になりました
    感謝
    0
  • 小さな男の子

    • みちんさんさん
    • 30代
    • ママ
    • 愛知県
    • 女の子6歳、女の子4歳

    小さな男の子まめまめくんのお話。
    外の世界を知ることは、いつかは来ますよね。
    うちの子たちもいつかは他者と自分とを比べたり…とかあるんだろうなーと思いながら読みました。
    個性として捉えて、まめまめくんにできないこともあれば、できることもあるのだから、それできっといいのでしょうねー。
    どんな自分でも前向きに生きていってほしいです。

    投稿日:2017/06/08

    参考になりました
    感謝
    0

15件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 2 次の10件 最後のページ

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。

この作品にレビューを投稿された方は、こんな作品にも投稿しています

はらぺこあおむし / しろくまちゃんのほっとけーき / ぐりとぐら / おつきさまこんばんは / きんぎょがにげた / いないいないばあ / もこ もこもこ / はじめてのおつかい / ねないこ だれだ / がたん ごとん がたん ごとん

絵本の人気検索キーワード

ぐりとぐら /  はらぺこあおむし /  バムとケロ /  こびとづかん /  はじめてのおつかい /  そらまめくん /  谷川俊太郎 /  ちいさなちいさな王様 /  いないいないばあ /  いやいやえん /  スイミー /  飛び出す絵本

出版社おすすめ



えほん新定番 from 好書好日

みんなの声(15人)

絵本の評価(4.19)

何歳のお子さんに読んだ?


全ページためしよみ
年齢別絵本セット