ぼんやきゅう ぼんやきゅう
文: 指田 和 絵: 長谷川 義史  出版社: ポプラ社 ポプラ社の特集ページがあります!
亡くなったひとたちと、いまを生きているものとの交信、それが、盆野球。

ねーずみ ねーずみ どーこ いきゃ?」 みんなの声

ねーずみ ねーずみ どーこ いきゃ? 構成・文:こが ようこ
絵:降矢 なな
出版社:童心社 童心社の特集ページがあります!
本体価格:\950+税
発行日:2018年09月03日
ISBN:9784494012572
評価スコア 4.58
評価ランキング 4,776
みんなの声 総数 11
  • この絵本のレビューを書く

並び替え

11件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 2 次の10件 最後のページ
  • ボランティア同士のおはなし会で、知人が読んでくれました。
    わらべうたの節に合わせて優しく語りかけてくれたのがとても印象的でした。
    小さい子向けのおはなし会にお薦めの1冊です。
    こがようこさんの作品ということばかり気にしてしましたが、絵は降矢ななさんです。
    本扉で、子ねずみがかごから顔を出して覗いている姿がとても可愛いです。
    この作品ではわらべ歌に出てくる「ねずみ」だけでなく、「うさぎ」「くま」「はなちゃん(人間の女の子)」も登場します。
    それぞれがお母さんに抱き着いている姿が描かれているので、聞き手の子どもたちも、一緒に聞いているお父さんお母さんにむぎゅっとされるといいなぁと思います。

    投稿日:2020/01/31

    参考になりました
    感謝
    0
  • 子どもに見やすい絵と、わらべ歌の絵本

    • みっとーさん
    • 30代
    • ママ
    • 大阪府
    • 男の子8歳、女の子7歳

    わらべうただったんですね。子どもが選んだ図書館の絵本の中の一冊でした。聞いたことのない歌で、後ろのページにのっているリズムを見ながら読んでみました。絵がシンプルで、子どもには見やすそう。わらべ歌に絵があるのって、嬉しいですね。赤ちゃんと触れ合いながらする動きも、あとがきのところにのっていて、楽しそうだな。と思いました。

    投稿日:2020/01/12

    参考になりました
    感謝
    0
  • ねずみ年

    ねずみ年の赤ちゃんのおはなし会によいですね。わりに有名なわらべうたではないでしょうか。脇のしたをくすぐる遊びとしても、小さいとき歌っていたようなかすかな記憶があります。わらべうたは、言葉のリズムも楽しいし、ふれあい遊びができるのでよいですよね。

    投稿日:2019/12/29

    参考になりました
    感謝
    0
  • ママのところへ♪

    わらべうたが大好きでこのシリーズ3冊をまとめて購入しました。リズムよく読めるのと、ねずみちゃん、うさぎちゃん、こぐまちゃん…次々と動物たちがママのとこに行き、最後ははなちゃん(女の子)もママのところへ!抱っこして読み聞かせしていますが、最後は息子にぎゅーをして終わりにしています。なんだか心がぽかぽかとしてくる絵本です。

    投稿日:2019/06/26

    参考になりました
    感謝
    0
  • みんなだいすき!

    1歳児の担任、保育士です。わらべうたが好きで、生活の一部として、わらべうたを取り入れながら生活しています。ねーずみねずみ、も、子どもたちとふれあいながら楽しんでいるわらべうたの一つですが、この絵本があると大人数でわらべうたが楽しめてとっても気に入っています。ねずみの他に、うさぎやくまさんがでてくるのもかわいいし、最後は、子どもたちの名前を色々代えて読んであげると、みんなにこにこうれしそうです。絵のタッチも、わらべうたと合っていて、好きです☆

    投稿日:2019/06/17

    参考になりました
    感謝
    0
  • 心地よいリズムがうまれます

    語りかけの優しい心地よいリズムが生まれる絵本です。

    あかちゃんに、「とん とん」して、触れ合えます。

    ねずみが、おかあさんの元へ、「ちゅっ ちゅく ちゅ」

    うさぎが、「ぴょん たか ぴょん」

    こぐまが、「すたこら はい」

    はなちゃんが、「たったか とっとこ たったか とっとこ」

    おかあさんの元へ、甘えて飛び込んでいくのが読んでいて

    嬉しくなります。

    投稿日:2019/04/29

    参考になりました
    感謝
    0
  • あたたかいわらべうた絵本

    • ぼてじんさん
    • 30代
    • ママ
    • 長野県
    • 男の子5歳、女の子2歳

    わらべうた絵本が好きな娘のために購入。
    動物たちが我が巣(大好きなお母さん)へ向かう様子が繰り返されて、最後ははなちゃんもお母さんのところに、ただいま!と戻ります。
    「はなちゃん」の部分を娘の名前に変えて、ただいま!のところでぎゅ?!として読んでいます。
    あたたかい気持ちにさせてくれる絵本です。
    シリーズでもう2冊ありますが、そちらも大好きです。

    投稿日:2019/02/09

    参考になりました
    感謝
    0
  • お母さんと 子どもの心が通う わらべ唄  
    いいですね〜

    ♪ねーずみ ねーずみ  どーこ いきゃ? わがすへ
    ちゅっ ちゅく ちゅ♪

    ゆったりとした お母さんと 赤ちゃんの 時間
    こんな 幸せな時間はありませんね

    うさぎや くまも お母さんのいる わがすへ(家へ)

    歩き始めた はなちゃんも よちよち歩きで   おかあさんのいる家へ  ただいま!
      
    安心感がいっぱい!   
    わらべ唄は  優しい 母と子の時間ですね

    投稿日:2018/12/18

    参考になりました
    感謝
    0
  • こちょこちょ

    「わらべうたでひろがるあかちゃん絵本」シリーズ。
    私はこのわらべ歌を知らなかったのですが、
    巻末に楽譜?リズム譜?があるのと、ネットで調べると動画で出てくるので、
    すぐ覚えることができました。
    ねずみ、うさぎ、こぐま、はなちゃんが登場します。
    わが巣(家)へ行くというのと、こちょこちょ遊びを合わせたのですね。
    これは素敵なスキンシップ遊びです。
    乳児・小さい子向けおはなし会用にセレクト。

    投稿日:2018/12/12

    参考になりました
    感謝
    0
  • 赤ちゃんに歌うわらべ歌

    いろんな動物や赤ちゃんが一番安心できるところって、お母さんの抱っこなんですね。 わらべ歌を歌いながら愛情を注ぐことの素晴らしさを感じました。 降矢ななさんの温もりのある絵本です。 お父さんとしては、ちょっと妬けてしまいます。

    投稿日:2018/11/04

    参考になりました
    感謝
    0

11件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 2 次の10件 最後のページ

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。

この作品にレビューを投稿された方は、こんな作品にも投稿しています

はらぺこあおむし / しろくまちゃんのほっとけーき / ぐりとぐら / きんぎょがにげた / いないいないばあ / もこ もこもこ / がたん ごとん がたん ごとん / じゃあじゃあびりびり / おめんです 2 / おいしいふくやさん あま〜いダンスパーティー

絵本の人気検索キーワード

ぐりとぐら /  はらぺこあおむし /  バムとケロ /  こびとづかん /  はじめてのおつかい /  そらまめくん /  谷川俊太郎 /  ちいさなちいさな王様 /  いないいないばあ /  いやいやえん /  スイミー /  飛び出す絵本

出版社おすすめ

  • うさぎのおうち
    うさぎのおうち
    作:マーガレット・ワイズ・ブラウン 絵:ガース・ウィリアムズ 訳:松井るり子 出版社:ほるぷ出版 ほるぷ出版の特集ページがあります!
    じぶんの居場所をみつける子うさぎ。


【連載】こんにちは!世界の児童文学&絵本 オランダ<前編>

みんなの声(11人)

絵本の評価(4.58)

何歳のお子さんに読んだ?


全ページためしよみ
年齢別絵本セット