話題
2歳 シールであそぼう 〜どうぶつ・おみせやさん・ひらがな・ちえ〜

2歳 シールであそぼう 〜どうぶつ・おみせやさん・ひらがな・ちえ〜(学研)

おうち時間もお出かけも、この1冊で楽しく過ごせる!ハンディサイズのワークブックです!

  • 学べる
  • 役立つ
話題
日・中・韓平和絵本 へいわって どんなこと?

日・中・韓平和絵本 へいわって どんなこと?(童心社)

テレビで話題!いま、かんがえてみませんか?

  • ためしよみ

どこからきたの? おべんとう」 みんなの声

どこからきたの? おべんとう 文・絵:鈴木 まもる
出版社:金の星社 金の星社の特集ページがあります!
本体価格:\1,300+税
発行日:2020年05月29日
ISBN:9784323024691
評価スコア 4.76
評価ランキング 716
みんなの声 総数 20
  • この絵本のレビューを書く

立場で選ぶ

並び替え

20件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 2 次の10件 最後のページ
  • 食育絵本ですね!

    食育絵本は初めて読みました。
    お弁当の中身の食材に、どれだけの人が関わっているか、たくさんの命に支えてもらって人間が生きているかを幼い子達も感じる事ができると思います。
    でもまさか、食材だけでなく、
    このお弁当箱はね、って弁当箱の生産過程についても話すとは思ってなくてビックリしました。
    だから、プラスチックの弁当箱じゃなくて曲げわっぱにしたのかな?曲げわっぱは本当にご飯が美味しくなるので息子も幼い頃から気に入ってずっと使ってます。曲げわっぱの作り方は流石に知らなかったので息子はそこのページを一番見ていました。

    投稿日:2020/10/27

    参考になりました
    感謝
    1
  • ちょうど週末に学校の遠足が予定されていて、久しぶりにお弁当を作ることになったので、息子と一緒に読んでみました。

    我が家は皆、ものすごく食いしん坊で、食べ物の話が大好きです。普段から旬の食材をいかに目利きできたか、そしてうまく入手できたかという話題で食卓が賑わいます。息子は、一度は食べられないと退けたキノコも「これは今しか食べられないレア食材なんだよね〜」と聞くと、「え、なんか美味しそうに思えてきた」とか言ってしまう子です。

    食べたものが体のどんな栄養になるのか、なども興味があるようなのですが、この絵本は、食材を買ってくるさらにその前の店頭に並ぶまでのストーリーが描かれているので、色々な食べ物が有機的につながって行く様子を、息子はとっても楽しんでいるようでした。

    昨今「食育」という言葉が盛んに使われて、ちょっと過剰じゃないか?なんて、私は少し子育てを窮屈に感じることもあります。なるべく無理のない自然な形で食べ物に興味を持って、息子たちが作ったり食べたりしながら、おいしい、楽しいと思いながら暮らして行けるといいなと強く願いました。

    絵が素晴らしく美味しそうで、そぼろ弁当希望だった息子から、「黄色いそぼろの横に玉子焼きも入れて!」とリクエストが来ました。遠足の日は、玉子だらけスペシャル弁当になりそうです(笑)

    投稿日:2020/10/27

    参考になりました
    感謝
    0
  • 楽しい食育絵本

    曲げわっぱのおべんとうばこに、おにぎりといろいろなおかずが、バランスよくはいっています。そしておかあさんからのメモには、おにぎりやおかずが、どんなふうにできたのか、元の元から丁寧に描かれています。このおべんとうに、たくさんの人の手間がかかっていることが、よくわかります。大人の私も流通の流れがよくわかりました。自分で育てたトマトは、とくべつにおいしいでしょうね。曲げわっぱやお弁当袋の説明まであって、おもしろかったです。おかあさんのメモをみたら、しっかりあじわって食べたくなりますね。おまけの「どこからきたの、この絵本」も興味深かったです。絵本をたくさん見てきましたが、絵本がどのようにできあがるのか知らないので、こちらのくわしい絵本も見ていたいなと思いました。ゆっくりページをめくって、じっくり楽しみたい食育絵本でした

    投稿日:2020/10/26

    参考になりました
    感謝
    0
  • つながりを知る機会に

    食育絵本としてとっても素敵な絵本だと思います。言葉で言うと長くなってしまうようなことも、目で見れるのでわかりやすいです。イラストもキャラクターではなくしっかりと食べ物や生きものを伝えていて更に優しい雰囲気なところもいいですね!

    投稿日:2020/10/25

    参考になりました
    感謝
    0
  • 「しりたい!」盛りの子供が大満足

    タイトルと表紙をみてすぐに「これよみたーい!」と言った息子。4歳になったばかりなので長いかなと思いましたが、最後の最後までひきこまれ、楽しみながら読ませて頂きました。日々「これなにー?」「なんでー?」と質問をする年頃。そんな「知りたい」が満たされる一書だと思います。
    私たちが、日々なにげなく食べているもの、使っているものが、どれほど多くの人に支えられているのか。コロナ禍もあり、様々な差別が起きる中で、私たちは同じ地球に住む人として、支えあっていきていることを、子供の心に刻めたことが親としては本当に嬉しかったです。

    投稿日:2020/10/24

    参考になりました
    感謝
    0
  • ごちそうさまがいいたくなる!

    • うめちびさん
    • 30代
    • ママ
    • 富山県
    • 女の子9歳、男の子7歳、男の子2歳

    お弁当箱のふたをあけるときのわくわくする気持ち。この本を読んで思い出したのですが、私の母は、朝お弁当を作っているときは、絶対に中身を見ないようにと言っていました。開けた時にはじめてびっくりしてほしいからだそうで、母親になった今は、私もその気持ちがすごくわかるようになって、同じように開けた時の「わあっ」を想像して作っています。だけど、自分が作るもっと前からいろいろな思いがつながってぎゅっとつまっていることに気付かされました。
    弁当をあけるときのわくわく、こめられた愛情や思い、手間ひまが鈴木さんのあたたかい絵で強く感じさせられます。読み終えた時、大きな声でごちそうさまといいたくなる1冊です。

    投稿日:2020/10/27

    参考になりました
    感謝
    0
  • 食べもののありがたさ

    • サニーふうさん
    • 40代
    • ママ
    • 東京都
    • 女の子8歳、女の子6歳

    お弁当箱につまったおいしい食べ物たちのルーツが、一から詳しくわかって、食べもののありがたさがひしひしと伝わってきます。
    いくら口で残さず食べよう、とか、せっかく農家の人たちがつくったんだからね、などと、子どもたちに呼びかけても、なかなか理解してくれなかったのですが、この本を読んで意識が変わったように思います。
    食卓に並ぶご飯を見て、また購入したお弁当を見て、どこから来ているんだろう?どうやってつくられたんだろう?と家族で話すきっかけにもなりました。
    食にもっと興味を持って、幼稚園でもおいしさとありがたさがぎゅっとつまったお弁当を食べていってほしいですね。また、おうちでも食育を促していきたいなと思っています。

    投稿日:2020/10/24

    参考になりました
    感謝
    0
  • 興味深い絵本でした。

    • るらはママさん
    • 30代
    • ママ
    • 神奈川県
    • 女の子4歳、男の子2歳

    目の前にあるものすべてには生産過程があります。
    とても当たり前のことですが、これまで、娘も私も意識をしたことがなかったので、とても興味深く読ませていただきました。

    「生産過程のお話」というと難しい印象を持ってしまいますが、子どもにとって身近な「お弁当」がテーマだったので、とてもわかりやすかったです。

    投稿日:2020/10/22

    参考になりました
    感謝
    0
  • お弁当から考える食育

    何気なく食べてしまう手作り弁当も、食材の一つ一つが辿った道や、弁当箱、弁当袋ができた過程を知ると、とてもありがたみがわいてきますね。
    お店で買ってきたものだけでなく、家庭菜園でとれたミニトマト、お母さんの田舎から送られてきたたくわんが入っていることが素晴らしいです。
    そして何よりもお母さんの手作りであることが最高です。
    どんなお母さんなのか、お母さんはどうしてお母さんになったのかまで思ったら、やっぱり感謝状でしょうか。
    コンビニ弁当では、食育はうまれないと思いました。

    投稿日:2020/10/23

    参考になりました
    感謝
    0
  • 子供に食の大切さを知ってもらえる絵本。

    私の子供は赤ちゃんの頃から全くと言っていい程何も食べてくれなくていつも残してしまったり、幼稚園のお弁当はほぼ朝作ったままの状態で家に帰って来ているような感じでした。

    食べてくれなくて本当に苦労しました。やっとうちの子が食べてくれるようになったのは本当最近の事です。小学生高学年になった今やっとお弁当も食べてくれるようになりました。

    もっと早この絵本に出会っていたらきっとうちの子はもう少し食べるという事、食事について興味を持っていてくれたかもしれません。

    ただ今この絵本を子供と見るとさすが小学生にもなっているという事も有って凄く興味深く見入っていました。親が食に付いてあれこれ言っても子供は余り聞く耳を持たなかったり、と言う感じで終わるかもしれないのですが、さすがに絵本でこれだけ詳しく、分かり易く説明されているともっと知りたくなる、と言う感じで凄く毎日食べる食事はどこから来たのか、等と考えるようになりました。そしてもっと食事に興味を持ってくれるようになりました。

    親の私がこの絵本を見てもとても興味深いし、勉強になります。子供達にとっては食事に関してそれ程興味が無かったり、というお子さんに読んで充てると食に対する考え方やイメージが全く変わると思います。お弁当だけでは無くてどこで何を食べるにしても多くの人々がその食材等に関わっていてやっと自分のもとに届いているんだよ、という事がこの絵本を通じて分かるのでとても役立つ素晴らしい1冊だと思います。

    こういった絵本ならお子さんを持つお友達にプレゼントしても絶対に喜んでもらえると思います。幼稚園でも小学校でも中学校でも、お弁当は付き物だし、食べる事に関してもっともっと興味を持ってもらえる、そんな凄い絵本だと思うので本当にお勧めです。

    投稿日:2020/10/21

    参考になりました
    感謝
    0

20件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 2 次の10件 最後のページ

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。

この作品にレビューを投稿された方は、こんな作品にも投稿しています

はらぺこあおむし / しろくまちゃんのほっとけーき / きんぎょがにげた / いないいないばあ / もこ もこもこ / がたん ごとん がたん ごとん / もったいないばあさん / おじいちゃんがおばけになったわけ / ペンギンホテル / もりのかばんやさん

絵本の人気検索キーワード

ぐりとぐら /  はらぺこあおむし /  バムとケロ /  こびとづかん /  はじめてのおつかい /  そらまめくん /  谷川俊太郎 /  ちいさなちいさな王様 /  いないいないばあ /  いやいやえん /  スイミー /  飛び出す絵本

出版社おすすめ



【連載】最終回 廣嶋玲子さんインタビュー

みんなの声(20人)

絵本の評価(4.76)

何歳のお子さんに読んだ?


全ページためしよみ
年齢別絵本セット