まほうのさんぽみち まほうのさんぽみち
著: ロビン・ショー 訳: せなあいこ  出版社: 評論社 評論社の特集ページがあります!
絵本が大好きな女の子とパパの、幸せであたたかいお話。

こわくないこわくない」 みんなの声

こわくないこわくない 作:内田 麟太郎
絵:大島 妙子
出版社:童心社 童心社の特集ページがあります!
本体価格:\800+税
発行日:2002年07月
ISBN:9784494003877
評価スコア 4.37
評価ランキング 12,337
みんなの声 総数 59
「こわくないこわくない」は現在購入できません
  • この絵本のレビューを書く

並び替え

59件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 2 3 4 5 ... 次の10件 最後のページ
  • かわいいブーム

    子供っていろんなブームがきますよね。

    なぜか後ろ向きでずっと歩いてみたり、

    利き手でなないほうで鉛筆や箸を持ったり・・・。

    ここにでてくる男の子は反対言葉を

    いうのがブームのようです。

    そんな男の子対おばけ

    どちらが勝つでしょうか。

    おばけも男の子も頑張っていました!

    投稿日:2019/09/14

    参考になりました
    感謝
    0
  • みんなで楽しみました!

    あれ・・・読んだことあったかな・・・
    と、手に取り
    これは、おはなし会で楽しめる作品だわ!

    反抗期あるある!

    こどもはもちろん
    パパママも共感ですよね!

    パパママも、見習いたい対応(笑
    ですものね

    大島さんの絵も
    なんとも言えず
    いいアジ出しています

    おはなし会では
    「知ってる〜」という反応で
    確かに、図書館の絵本も
    結構くたくたです

    でも、知っていても
    大きい子でも
    じっくり楽しんでみていましたよ

    投稿日:2019/08/25

    参考になりました
    感謝
    0
  • へそ曲がり

    誰もが経験する成長過程ですね。
    反抗期というか、笑えるくらいに反対のことを言いながら、背伸びして見せる姿に懐かしさを感じます。
    逆のことを言いながら、コミュニケーションが成り立っている家庭が微笑ましいです。

    投稿日:2019/07/17

    参考になりました
    感謝
    0
  • いやいや、真っただ中

    まーくんは、いやいや期の中にいるのでしょうか?
    何を言ってもさかさまで、これならわかりやすいです。
    おばけとの対話では、オバケの方がこわがってくれないと
    泣き出すのが面白い、つられてまーくんもこわいこわいと
    素直に泣きだして。
    素直に怖がるまーくんをなだめるおかあさん、嬉しそうですね。

    投稿日:2017/07/01

    参考になりました
    感謝
    0
  • イヤイヤ期に入る前の子どもに読み聞かせました。あまのじゃくというのか、イヤイヤ期に入るととりあえず反対のことを言いますよね。この絵本のまーくんは、まさにその状態。でも、まーくんの場合はイヤイヤが功を奏すのですから作り話はうまくできています。

    投稿日:2016/12/17

    参考になりました
    感謝
    0
  • まあくん なかなかつよいな〜

    ちょっと 反抗期の まあくん
    なんでも 強がりいって 反抗しているまあくん
    パパとママも 心得たものです 
    おばけが 夢の中にでてきた 「こわくない こわくない」
    ホントだったら こわいのに いじはっているのかな〜

    大きいおばけが出てきたら こわいのに〜

    ここからがこのお話のおもしろいところ  
    おばけが え〜ん え〜んと泣き出すなんて・・・・・
    とうとう 本音が出た「こわいと こわいよ」  まあ君も泣き出しました

    優しいお母さんに だっこされて 一安心   まあくんです

    子育てママ パパにヒントになるように思えました

    大島妙子さんの絵が なかなか 味があって いいです
    おもしろいおばけだー
      
    小さい子には やっぱり おばけは こわいですものね〜

    投稿日:2015/07/26

    参考になりました
    感謝
    0
  • 我が子が保育園から借りて来た本です。

    • 梅木水晶さん
    • 30代
    • ママ
    • 山形県
    • 女の子3歳、男の子0歳

    親の私が言うのもなんですが、なかなか面白い本を借りて来ますね。おばけの絵がビジュアル的に怖かったようで「怖い〜」と言いながら見ていました。怖いもの見たさですね。しかしおでこの大きいお化けは、親の私もちょっと気持ち悪いなと思いました。笑

    投稿日:2015/02/27

    参考になりました
    感謝
    0
  • 〜しない・・・よく言う息子の言葉です。みんな同じなんですね。

    そして、先日また絵本と同じことが起きました。夢にオバケが出てきたようです。同じように夜中に大泣きしていました。息子と同じだねと話しながら読みました。

    こわくなかったよとつよがっている、まーくんは成長しているのですね。うちの息子は怖かったと泣いていたので。

    息子の〜しない・・・という日常が同じ内容の絵本で、私の方が、あるあると、納得しながら読んでしまいました。かわいらしいお話です。

    投稿日:2014/08/27

    参考になりました
    感謝
    0
  • 反対ばかり

    • みちんさんさん
    • 30代
    • ママ
    • 愛知県
    • 女の子3歳、女の子1歳

    実際と反対のことばかり言ってしまう男の子のお話。
    小さい子ってこういう時期がありますよね。
    こわいこわいおばけが出てきてもこわいと言わずに「こわくないこわくない」と言い続けるのはすごいです。
    我が家の3歳児は素直に「おばけこわい」と言って私の膝の上に乗ってきました(笑)。

    投稿日:2014/08/19

    参考になりました
    感謝
    0
  • 反抗期だから

    • レイラさん
    • 40代
    • ママ
    • 兵庫県
    • 男の子20歳、男の子18歳

    小さい子向けおはなし会用にセレクト。
    主人公は反抗期のまーくん。
    お、『なのなの』のまーくんじゃあありませんか。
    ちょっと大きくなったかな。
    そう、なんでも反対の事を言ってしまうのですね。
    そんなまーくんが嫁の中で遭遇したのは、なんとおばけたち。
    でもね、おばけが「こわいか」と言っておどかしても、
    そう、まーくんにかかったら・・・。
    なるほど、説得力がありますね。
    とうとう、おばけたちが根負けして、泣き出してしまうのですから、あっぱれです。
    でもまーくんの本心は、やっぱりね。
    『なのなの』同様、まーくんの涙目がなんとも言えません。

    投稿日:2014/07/16

    参考になりました
    感謝
    0

59件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 2 3 4 5 ... 次の10件 最後のページ

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。

この作品にレビューを投稿された方は、こんな作品にも投稿しています

はらぺこあおむし / しろくまちゃんのほっとけーき / ぐりとぐら / おつきさまこんばんは / きんぎょがにげた / いないいないばあ / もこ もこもこ / おおきなかぶ / がたん ごとん がたん ごとん

絵本の人気検索キーワード

ぐりとぐら /  はらぺこあおむし /  バムとケロ /  こびとづかん /  はじめてのおつかい /  そらまめくん /  谷川俊太郎 /  ちいさなちいさな王様 /  いないいないばあ /  いやいやえん /  スイミー /  飛び出す絵本

出版社おすすめ



あしたがきらいなウールの背中を押してくれた奇跡の夜

みんなの声(59人)

絵本の評価(4.37)

何歳のお子さんに読んだ?


全ページためしよみ
年齢別絵本セット