しばわんこの和の行事えほん しばわんこの和の行事えほん しばわんこの和の行事えほんの試し読みができます!
絵・文: 川浦 良枝  出版社: 白泉社 白泉社の特集ページがあります!
お正月、節分、夏祭り...季節に縁のある遊びに触れながら、親子で楽しめる日本の行事をご紹介。

10ぴきのかえる」 みんなの声

10ぴきのかえる 作:間所 ひさこ
絵:仲川 道子
出版社:PHP研究所 PHP研究所の特集ページがあります!
本体価格:\1,117+税
発行日:1981年07月07日
ISBN:9784569585994
評価スコア 4.08
評価ランキング 22,888
みんなの声 総数 35
  • この絵本のレビューを書く

立場で選ぶ

並び替え

35件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 2 3 4 次の10件 最後のページ
  • 楽しいことばあそび

    10ぴきのかえるシリーズのおそらく第一弾です。
    読んだのはつい最近なのですが、初版1981年と古くからある絵本なのですね。

    おたまじゃくしからカエルにかえり、故郷のひょうたん沼に帰る、かえるたちの冒険の物語。
    かえるがかえるというだじゃれのようなことば遊び、しょげっかえる、ひっくりかえるなど、かえるの名前も面白いです。
    最後は無事に、ひょうたん沼に到着。途中ハプニングもあり、楽しく読めました。

    投稿日:2020/06/19

    参考になりました
    感謝
    0
  • 最初のお話

    • るらはママさん
    • 30代
    • ママ
    • 神奈川県
    • 女の子4歳、男の子1歳

    すでに何冊も読ませていただいている「10ぴきのかえるシリーズ」の最初のお話を読みたいと思い、読んでみました。

    10ぴきのかえるが人間に捕まっていたことなど、知らない事実が発覚して、非常に興味深かったです。

    みんなが無事にひょうたん池に戻れて良かったです。

    投稿日:2020/05/09

    参考になりました
    感謝
    0
  • 自分が子供の頃にも出ていたのに、これまでシリーズを全く知りませんでした。
    2020年にもなって初めて読みましたが、これが面白くて、
    私の中で、「バーバパパ」や「ぐりとぐら」を抜いて「ノンタン」くらいのポジションに躍り出ました。小さい頃に出会いたかったです。

    読みやすいリズム感と大冒険にワクワクします。

    どじょうじいさんは、「10ぴきのかえるのなつまつり」に再登場します。

    投稿日:2020/05/10

    参考になりました
    感謝
    0
  • 10ぴきのかえるが生まれた場所にかえるお話です。

    シリーズの第一作で、他シリーズと同様、「かえるがかえる」「かんがえる」など言葉遊びも面白いです。

    こわーい天敵が出てくる、危険な冒険ですが、終始明るく、元気よく、先へ進んでいくかえる達です。この明るさ、元気の良さが子供の姿と重なりました。

    物語で何が起きているかが、とてもわかりやすく、絵も親しみやすい上、お散歩で、お風呂で、ごっこ遊びがしやすい内容でした。絵本の再現遊びをする時に、違う人物を登場させたり、違うルートで逃げたり、結構アレンジを加えても大枠の設定が壊れることなく、楽しかったですよ。

    投稿日:2019/10/10

    参考になりました
    感謝
    0
  • 可愛らしい

    10匹のかえるシリーズは、3歳と4歳の娘が気に入って読んでいます。
    絵も可愛らしく、入りやすい内容なので、低年齢の子供に良いと思いました。
    シリーズも豊富で、春夏秋冬の季節に合わせたり、キャンプに行く前にはキャンプのかえるくんを読んだりと楽しんでおります。

    投稿日:2019/04/09

    参考になりました
    感謝
    0
  • 人気シリーズ

    人気のシリーズの1冊目です。

    〇匹の…という、シリーズはよくありますが、これも、グループのかたまりが
    主人公、そんなタイプの絵本です。

    ちょっと、マンガチックな絵と、愉快な冒険が、軽く楽しめます。
    最後も、ハッピーエンドで、楽しいお話です。

    全部、読んでみたくなりました。

    投稿日:2017/11/25

    参考になりました
    感謝
    0
  • かわいいカエルたち

    4歳の息子と読みました。
    池につれてこられたオタマジャクシが、
    カエルになってからひょうたん島に帰るというストーリー。
    かわいかったです。
    息子的には、「ザリガニが滝を落ちてきたら、ひょうたん島も危ないのにねー」とのことでした。
    それは私も同感。

    投稿日:2015/10/11

    参考になりました
    感謝
    0
  • 春〜夏に読みたい絵本!

    5歳幼稚園年中さんの娘と一緒に読みました。
    おたまじゃくしだった10匹のかえるが故郷!?の池に帰るための冒険のお話です。
    お話の内容は5歳児にはシンプルに思いましたが,終始親子で楽しめました。
    おたまじゃくしがかえるになるなどの知識にもなり,幼児にはいいですね。
    2歳くらいの小さなお子さんからでも楽しめる絵本だと思います。
    おたまじゃくしがかえるになる春〜夏に特に読みたいですね!

    投稿日:2015/08/22

    参考になりました
    感謝
    0
  • おたまじゃくし達が、かえるに成長します。かえるになってからは、もともと居たひょうたん沼に戻ろうとします。

    協力しながらスニーカーでで船を作り、川を下り、滝からおちたらそこがひょうたん沼でした!

    男の子も喜びそうですが、かえるもかわいい絵なので、女の子でも気に入ると思います。2-5歳向けだと思います。

    投稿日:2015/06/20

    参考になりました
    感謝
    0
  • やや物足りないです

    おたまじゃくし10ぴきが、かえるにかえって、ひょうたんぬまに戻ろうとみんなで頑張ります。靴で船を作ったりして、滝から落ちて、やっと戻ってきます。

    ほのぼのした感じです。絵もかわいらしく、幼稚園児に向いていると思います。

    大きい子にはオチがなくてやや物足りないかもしれません。

    投稿日:2015/06/12

    参考になりました
    感謝
    0

35件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 2 3 4 次の10件 最後のページ

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。

この作品にレビューを投稿された方は、こんな作品にも投稿しています

しろくまちゃんのほっとけーき / きんぎょがにげた / もこ もこもこ / いちご / がたん ごとん がたん ごとん / うんちしたのはだれよ! / ももたろう / 地球をほる / す〜べりだい

絵本の人気検索キーワード

ぐりとぐら /  はらぺこあおむし /  バムとケロ /  こびとづかん /  はじめてのおつかい /  そらまめくん /  谷川俊太郎 /  ちいさなちいさな王様 /  いないいないばあ /  いやいやえん /  スイミー /  飛び出す絵本

出版社おすすめ

  • なまえのないねこ
    なまえのないねこの試し読みができます!
    なまえのないねこ
     出版社:小峰書店 小峰書店の特集ページがあります!
    ぼくは ねこ。なまえのない ねこ。ひとりぼっちの猫が最後にみつけた「ほんとうに欲しかったもの」とは…
  • 恐竜の迷路
    恐竜の迷路
     出版社:PHP研究所 PHP研究所の特集ページがあります!
    シリーズ累計300万部突破! 「遊んで学べる」迷路シリーズ第17弾!
  • うさぎのおうち
    うさぎのおうち
    作:マーガレット・ワイズ・ブラウン 絵:ガース・ウィリアムズ 訳:松井るり子 出版社:ほるぷ出版 ほるぷ出版の特集ページがあります!
    じぶんの居場所をみつける子うさぎ。


【連載】第2回「鬼遊び」シリーズ 廣嶋玲子さんインタビュー

みんなの声(35人)

絵本の評価(4.08)

何歳のお子さんに読んだ?


全ページためしよみ
年齢別絵本セット