新刊
きみとぼく

きみとぼく(文溪堂)

谷口智則さん最新刊 全然違う「きみ」と「ぼく」の物語

ネルとマリのたからもの」 みんなの声

ネルとマリのたからもの 作・絵:亀岡 亜希子
出版社:PHP研究所 PHP研究所の特集ページがあります!
税込価格:\1,320
発行日:2010年11月
ISBN:9784569780979
評価スコア 4.64
評価ランキング 3,351
みんなの声 総数 10
「ネルとマリのたからもの」は現在購入できません
  • この絵本のレビューを書く

立場で選ぶ

並び替え

10件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ
  • 宝物だらけ

    この作者さんの描くイラストが、可愛らしくてとても好きなのですが、
    この絵本にも、素敵なものがいっぱい詰まっていて、眺めているだけで幸せな気持ちになります。

    私も雑貨を集めるのが好きなので、ネルとマリの気持ちがよくわかります。

    けれども、うさぎの言葉を聞いて どきっとさせられました。

    宝物って、ものだけでは無いのですね。
    この絵本を読んで、自分の周りは宝物だらけだと気がつきました。

    投稿日:2015/02/16

    参考になりました
    感謝
    1
  • 本当の宝物とは?

    オコジョのタッチィのなつのやくそく、を読んで亀岡さんの絵がとても好きになりました。本をそのまま絵として飾っておきたいくらいで、今回もそれは変わりません。
    冬眠するための準備をせずに綺麗なたからものを集めてまわる友達に忠告をしますが、聞いてはもらえません。だけど、真冬に目が覚めてその友達に会いにいくと、、死んでいるのかと思いましたがそうじゃなくてよかったです。そして、本当の宝物、を見つけられてよかったなと思いました。3歳息子にはその宝物が何か、ちょっと分からなかったようでした。

    投稿日:2022/08/17

    参考になりました
    感謝
    0
  • ほんとうのたからもの

    • ピーホーさん
    • 40代
    • ママ
    • 埼玉県
    • 女の子5歳、女の子3歳

    ヤマネのマリは、きれいなものをたくさん持っていて、ネルは羨ましくて仕方ありません。
    そこでネルは、キレイな小鳥の羽をたくさん集め始めます。
    きれいなもの集めに夢中なマリとネルでしたが、はらぺこふくろうに捕まったネルは、
    たくさん食べて冬眠の支度をしないといけないことに気づかされ、羽集めをやめてたくさん食べることに集中します。
    その後、ネルが、マリの命を救うことになるのですが。。。

    ついつい宝物が増えていく嬉しさや楽しさに、夢中になってしまう気持ちもわかります。でも、宝物ってきれいなものだけじゃないんですよね。
    自分にとっての宝物ちゃんと大切にしないとですね。
    絵がとってもきれいで、たからもののお話にピッタリでした。

    投稿日:2022/06/04

    参考になりました
    感謝
    0
  • ほんわか温かい後味!

    可愛いイラストにお話の内容,幼児期の子供にぴったりの絵本だと思いました。
    きれいな木の実などの宝物をたくさん持っているマリに憧れるヤマネのネル。
    子供心もこんな感じに似ていますから。
    冬支度も後回しにして宝物を探しを続けたマリが,ネルの優しさで本当の宝物を見つける結末がまたよかったです!
    モノも素敵だけどモノではない素敵なこともたくさんある☆
    ほんわか温かい気持ちになるお話でした。
    イラストも森の季節感がたっぷり描かれていて,秋〜晩冬にかけて読みたい絵本ですね!

    投稿日:2015/10/05

    参考になりました
    感謝
    0
  • たからもの、見つけたよ。

    • 多夢さん
    • 50代
    • ママ
    • 兵庫県
    • 女の子14歳

    ヤマネのマリは、綺麗なものをたくさん持っていました。
    時間があれば、せっせと集めています。
    ヤマネのネルは、そんな友だちのマリにあこがれて、
    綺麗な小鳥の羽を集め始めます。

    ところが、秋になって、はらぺこフクロウが言いました。
    「たんと食べて栄養をつけておかないと、
     春になる前に死んじまうぞ。」と。

    『アリとキリギリス』のお話を思い出しました。
    気が付いたネルは、冬支度をはじめ、
    宝物を探すマリは、冬支度をしませんでした。

    冷たくなったマリ。
    死んでしまったのでしょうか?
    ズキンと胸が痛くなりました。

    ネルは、せっせと集めた大切の羽を持って行き、
    マリを温めてあげました。

    マリは、ネルの忠告を聞かずに、死にかけて、
    なんてばかなやつだって思ったけれど、
    ともだちのネルのお蔭で命拾いしました。

    確かに、綺麗なもの、美しいものも素敵だけれど、
    それ以上に素敵な宝物は、「ともだち」です。

    それに気づかせてくれたネルも素敵だけれど、
    それに気づいたマリも素敵です。

    2匹が、体を寄せ合って冬眠する姿は、
    なんとも微笑ましい。

    宝石をちりばめたようなカラフルな色使いが素敵ですね。
    こんなに綺麗な羽なら、私も集めたくなります(笑)

    頭の上に、羽?葉っぱ?を付けえた姿が可愛いです。

    投稿日:2014/10/08

    参考になりました
    感謝
    0
  • 本当に大切なもの

    • きゃべつさん
    • 40代
    • ママ
    • 埼玉県
    • 男の子13歳、男の子10歳

    「どんぐりのき」の亀岡さんの作品なので、読んでみました。

    いつも宝物を持ってるマリが羨ましいヤマネのネルのお話です。
    宝集めにばかり夢中になっていたマリは、冬眠の季節に息絶え絶え。
    それをある手段でマリが助けます。

    本当に大切なのは着飾ることではなく、地に足を付けて生活することですよね。そのことに気づいた2匹の宝物はものではなくて友情に変わります。

    シールだったり文房具みたいなもの集めが好きな年ごろの子には、ストライクな一冊のような気がしました。
    生きていくうえで大事なことを改めて教えてもらいました。

    投稿日:2014/10/05

    参考になりました
    感謝
    0
  • ほんとうのたからもの

    • みちんさんさん
    • 30代
    • ママ
    • 愛知県
    • 女の子3歳、女の子1歳

    きれいなたからものをたくさん持っているマリ。それを羨むネル。
    ヤマネだけど女の子だなーと思いました。
    マリの話を聞いていて寝る時間も食べる時間もたからもの探しにあてているようだけど大丈夫なのかなーと心配してしまいました。
    予感は的中し冷たくなったマリを見たときはショックでした。
    ほんとうのたからものはありがちかもしれませんが、ここでかかれていることだと頷けます。

    投稿日:2014/10/03

    参考になりました
    感謝
    0
  • 友情

    このお話の主人公は二匹のヤマネのお話でした。アリとキリギリスみたいな性格の二匹だったのが対照的で面白かったです。マリの体が冷たくなって、死んでしまいそうになっていたシーンがあったのですが、うちの子は死んでしまったと思ってとっても悲しんでいました。マリのおかげで大丈夫だったのでほっとしていました。

    投稿日:2013/03/12

    参考になりました
    感謝
    0
  • 素敵な宝物

    マリの「本当の宝物をみつけたからよ」にとても感動しました。宝物探しに夢中になっていて冬支度をしなかったマリを心配してネルがせっせと集めた羽が役にたってよかったです。宝物がとても夢が持てるように
    綺麗に描かれています。夜明け前のグラデーションもとても綺麗でいつまでも眺めていたいです。中表紙のネルとマリが木のお家で二人で暮らす絵も辺りはすっかり春の景色で満開の桃の花にもとても惹かれました。絵に夢を魅させてもらってうっとりとします!

    投稿日:2011/02/04

    参考になりました
    感謝
    0
  • 1番の宝物!見っけ

    • しいら☆さん
    • 40代
    • ママ
    • 宮城県
    • 男の子19歳

    読み始めは「人のものが、羨ましい」「真似っこ」?
    みたいな感覚だったのですが
    どんどん読んでいくと・・・

    宝物を見せびらかすって
    小さい頃から、私は好きではありませんでした
    自分を優位にさせたいのか
    自慢?それに対するやきもち?妬み?なのかな・・・

    でも、ネルは偉いんですよ
    賢いのだとも思います

    それに、マリ自身が気付いたんですね

    2匹のヤマネが
    寄り添って、鮮やかな羽に囲まれて
    冬眠する姿はなんとも素敵です

    1番の宝物!
    みんなも気付いてね♪

    投稿日:2011/02/25

    参考になりました
    感謝
    0

10件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。

この作品にレビューを投稿された方は、こんな作品にも投稿しています

はらぺこあおむし / しろくまちゃんのほっとけーき / ぐりとぐら / おつきさまこんばんは / きんぎょがにげた / いないいないばあ / もこ もこもこ / ねないこ だれだ / がたん ごとん がたん ごとん

絵本の人気検索キーワード

ぐりとぐら /  はらぺこあおむし /  バムとケロ /  こびとづかん /  はじめてのおつかい /  そらまめくん /  谷川俊太郎 /  ちいさなちいさな王様 /  いないいないばあ /  いやいやえん /  スイミー /  飛び出す絵本

出版社おすすめ



児童書出版社さん、周年おめでとう! 記念連載

みんなの声(10人)

絵本の評価(4.64)

何歳のお子さんに読んだ?


全ページためしよみ
年齢別絵本セット