となりのトトロ となりのトトロ
原作: 宮崎 駿  出版社: 徳間書店 徳間書店の特集ページがあります!

でんしゃにのって」 みんなの声

でんしゃにのって 作:とよた かずひこ
出版社:アリス館 アリス館の特集ページがあります!
本体価格:\1,300+税
発行日:1997年06月
ISBN:9784752000839
評価スコア 4.69
評価ランキング 1,709
みんなの声 総数 160
  • この絵本のレビューを書く

並び替え

160件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 2 3 4 5 ... 次の10件 最後のページ
  • ゆずりあいがほほえましい。

    • 多夢さん
    • 40代
    • ママ
    • 兵庫県
    • 女の子11歳

    小さい子がひとりで電車に乗っておでかけ。
    はじめてのお使いのように、わくわくどきどき。
    きっと、憧れの眼差しで楽しんでくれそう。

    なんといっても、動物たちのゆずりあいがほほえましい。
    満員だからって、お膝の上に座らせてもらうなんて。
    それに、へびが座った場所って!?
    ナイス!と思いました。

    そうそう、電車に揺られると、皆うとうとしてきますよね。

    動物たちも一緒。
    思わず、乗り過ごしそうになるうららちゃん。
    でも、みんなの親切に、無事、目的の駅に着きました。

    駅の名前が面白いし、繰り返しが心地良く、
    最後の最後まで楽しめます。

    投稿日:2012/06/08

    参考になりました
    感謝
    2
  • 繰り返し読んでいます!

    電車が好きな我が子…。とよたかずひこさんが好きなこと、評価がとても高かったことで図書館で借りてきました。

    とにかく子どもはこの絵本が大好きで繰り返し読んでいます。わにやクマなど子どもが興味ある生き物がたくさん出てくるのもいいですね。

    電車好きの子におすすめです。

    投稿日:2014/11/24

    参考になりました
    感謝
    1
  • お休み前にいいかも。

    ほのぼの、ゆったりとした感じの絵本です。電車に乗って女の子が目的地まで目指す、動物達が乗ってきて・・席ないからぞうさんの膝の上をどうぞ、切符が落ちて女のこにどうぞ、思いやりを描いてますね。寝る前ならいいかも、息子はもう少しアクションが欲しい電車好きなので見てはくれたけどアンコールがなく・・・。私としてもちょっと味気なかったなという感想です。

    投稿日:2011/09/30

    参考になりました
    感謝
    1
  • 文が少ないので小さな子供にも是非

    我が家の電車大好き息子は読み聞かせの時にいつも絵本より電車の写真絵本をリクエストしてきます。。。

    それはそれでいいんですけど言葉が少しゆっくりな息子には出来れば言葉のやり取りが出来る絵本を読んであげたいと思った時に出会った本でした。
    大好きな電車に文が少ないのでスラスラとページが進んでいく
    息子にはそれが良かったのかはまってくれました。
    慣れた頃には絵本の文だけじゃなく、色々と話を加えて絵本を楽しむ事が出来ました。

    この本をきっかけにボートにのって等の絵本も楽しませて頂きました。

    投稿日:2011/09/20

    参考になりました
    感謝
    1
  • 動物もたくさん出てきます

    うちは3歳で読みましたが2歳初めくらいから理解できます。たくさんの動物が電車に乗り込んできて、初めての一人電車が上手に乗れた女の子のお話。絵もほのぼので良いです。

    投稿日:2011/02/11

    参考になりました
    感謝
    1
  • 読み手も楽しい本

    この本は図書館で読み聞かせのボランティアをしているときに、先輩が薦めてくださった本です。
    ボランティアのときは「ガタゴトー」や「次は●●だー」という文章を一緒に読んでくれる子もいるほど人気でした。
    実習に行って5歳児に読んだときも笑いが耐えませんでした。「ぞうは電車に(大きくて)乗れないよー」とか。
    かなり反応がよく、最後には「あー、面白かった」と言っていました。

    読み手も楽しく読めます。
    「ガタゴトー」とかはだんだん声の高さを上げていって、「次は●●だー」は車掌さんぽく読むといいです。

    投稿日:2006/01/31

    参考になりました
    感謝
    1
  • 遠方に実家があるため、帰省はかかせない私と娘。なかなか大好きなおばあちゃんとも会うことが出来ません。そんな娘におばあちゃんと会うという楽しみをもっともっと大きくしてあげようと思い、帰省前に選んで購入した絵本です。
    うららちゃんのところを娘の名前に変えて読んでいます。娘はまるで本当に電車に乗っているかように「ガタゴトー ガタゴトー」という音にあわせて体をゆすっています。
    電車に大好きなぞうやくまなどの動物たちが、どんどん乗ってくるのもこの絵本の魅力の一つ。
    「つぎは わにだーわにだー」と車掌さんの気分になって読み聞かせすると、娘も次のページでわにの絵を見て「あっわにだぁー」なんておしゃべりしています。
    どんどん読み進めていくとうららちゃんの一人旅の不安感も伝わってきますが、そこは一緒に乗り合わせた優しい動物たちが助けてくれておばあちゃんと無事、再開できるのです。
    おばあちゃんが駅のホームで待っていてくれるシーンは、うららちゃんとおばあちゃんの笑顔がこぼれて娘も大好きなページです。
    さて、最後に電車に乗ってくるお客さんが、最後のページに登場します。うららちゃんは、前の駅で降りて本当によかったねという人物です。答えは最後のページを見てみてね。駅のホームで待っている彼らを垣間見ることが出来ます(笑)

    投稿日:2003/10/28

    参考になりました
    感謝
    1
  • 優しさに溢れたでんしゃ

    とよたかずひこさんのももんちゃんが好きなので、こちらも読みました。

    うららちゃんが電車に乗って、おばあちゃんのところまで行くお話なんですが、途中でいろんな乗客が。

    つぎはぞうだー、ぞうだー、
    では、ぞうさん。

    つぎはくまだー、くまだー、
    では、くまさん。

    という具合に、停車駅にちなんだ動物が乗ってくるのが楽しく、
    また、乗客が増えてくると、席を譲ったり、
    うららちゃんが切符を落とすと拾ってあげたり、

    乗客がみんな優しさに溢れていて、読んでいてとても和みます。

    文字も多くないので小さな子への読み聞かせにもいいと思います。

    投稿日:2020/04/05

    参考になりました
    感謝
    0
  • 次々乗ってくる動物たち

    あみちゃんとやさいのでんしゃによく似ているように思います。
    ストーリーとしては女の子が1人で電車に乗っておばあちゃんちにお出かけします。そして停車する駅名と同じ動物たちが次々に乗ってくる絵本です。
    2歳の子が気に入っているのはヘビさん!乗り方がユニークでいつもそこでニヤッとします。

    表紙も似てないのですが、うちの子は混同しているようで、話をよく聞かないと反対の本を読んでしまい、そっちじゃなかったな(でもどっちも好きだしいいや)というような反応をされます。
    どちらも面白くて良い本なので問題ないですが、少しそこは不便です。

    投稿日:2020/03/09

    参考になりました
    感謝
    0
  • 覚えてしまう

    お話会で読んでもらったことをきっかけに購入しました。とよたかずひこさんの絵本は子どもが好きなので、良く見ています。簡単な文書なので、子供はすぐに覚えてしまい、次はねー〇〇!と私よりも先に言ってくれます。絵も可愛いので何度読んでも飽きません。最後のおばけだーのところでは、僕そこには行きたくない笑と笑いながらおしゃべりしてくれます。

    投稿日:2019/09/06

    参考になりました
    感謝
    0

160件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 2 3 4 5 ... 次の10件 最後のページ

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。

この作品にレビューを投稿された方は、こんな作品にも投稿しています

はらぺこあおむし / しろくまちゃんのほっとけーき / ぐりとぐら / おつきさまこんばんは / きんぎょがにげた / いないいないばあ / もこ もこもこ / ねないこ だれだ / がたん ごとん がたん ごとん / くだもの

絵本の人気検索キーワード

ぐりとぐら /  はらぺこあおむし /  バムとケロ /  こびとづかん /  はじめてのおつかい /  そらまめくん /  谷川俊太郎 /  ちいさなちいさな王様 /  いないいないばあ /  いやいやえん /  スイミー /  飛び出す絵本

出版社おすすめ



【連載】第1回「ふしぎ駄菓子屋 銭天堂」シリーズ 紅子さんインタビュー

全ページためしよみ
年齢別絵本セット