十二支のおもちつき 十二支のおもちつき
作: すとう あさえ 絵: 早川 純子  出版社: 童心社 童心社の特集ページがあります!
来年も福がいっぱいの一年になりますように。
一目ぼれ続出!クリスマスプレゼントに、乗れちゃう「はらぺこあおむし」はいかがですか?
だくちる だくちる はじめてのうた
チェックする  
気になった作品はチェックして、マイページであとからゆっくり確認できます。(要サインイン)

だくちる だくちる はじめてのうた

  • 絵本
作: 阪田寛夫
絵: 長 新太
出版社: 福音館書店 福音館書店の特集ページがあります!

在庫あり

平日朝8時までの注文で当日発送
※お届け日は翌日以降(詳しくはコチラ

本体価格: ¥1,300 +税

  • 利用できる決済方法
  • クレジットカード

  • 代金引換

  • dケータイ払いプラス

  • 後払い

※「dケータイ払いプラス」はスマートフォンからのみご利用いただけます。

作品情報

発行日: 1993年11月25日
ISBN: 9784834012200

読んであげるなら・4才から
自分で読むなら・小学低学年から
ワレンチン・ベレストフ 原案

この作品が含まれるテーマ

出版社からの紹介

昔々、イグアノドンは小さな翼竜と友達になった。翼竜のうなり声をイグアノドンは楽しく聞いた。なぜってそれは世界で初めての歌だったから。原始の世界へと想いを誘う美しい絵本。

ベストレビュー

プテロダクチルス

4年生のブックトークを担当した際、教科書に紹介されている本も読んでおこうと
セレクト。
V.ベレストフの詩を原案とし、童謡「さっちゃん」の作詞でも有名な阪田寛夫さんが文章、
あの、長新太さんが絵を担当しています。
太古の恐竜時代のストーリー。
孤独なイグアノドンが、プテロダクチルスに出会った時の感動が綴られます。
原始的なシチュエーションが、長新太さんの絵で引き立ちます。
プテロダクチルスなので鳴き声が「だくちる だくちるる」なのでしょうか。
その響きがとても印象的です。
そして、それを「はじめてのうた」ととらえる感性が素敵です。
やはり声に出して味わいたいです。
(レイラさん 40代・ママ 男の子17歳、男の子15歳)

この作品を見た人はこんな作品も見ています

この作品を見た人はこんなグッズを見ています

出版社おすすめ


阪田寛夫さんのその他の作品

世界の名作(5) シンドバッドの冒険  / びりのきもち / ばんがれまーち / ちさとじいたん / まどさんのうた / おばあちゃんちの おひるね

長 新太さんのその他の作品

クレヨンぞうさん / ぼくはイスです / タマタン / みんな にげた / さんぽ だいすき / 新装版 はなちゃんおふろ



世界21カ国で大ヒットの絵探し本、第4弾

だくちる だくちる はじめてのうた

みんなの声(30人)

絵本の評価(4.42

何歳のお子さんに読んだ?




全ページためしよみ
年齢別絵本セット