しあわせ しあわせ
作: いもと ようこ  出版社: 講談社 講談社の特集ページがあります!
いもとようこ“感動の実話絵本”。母子のやりとりから、日々の暮らしの大切な気持ちに気づかせてくれる、やさしくあたたかなお話。
0歳の子と読みたい絵本ベストセレクションよりこの3冊をご紹介(1)
おかしなおかしなおかしのはなし
チェックする  
気になった作品はチェックして、マイページであとからゆっくり確認できます。(要サインイン)

おかしなおかしなおかしのはなし

  • 絵本
  • 児童書
作・絵: さいとう しのぶ
出版社: リーブル リーブルの特集ページがあります!

本体価格: ¥1,500 +税

  • ハッピー・リユース・プログラム対象作品

「おかしなおかしなおかしのはなし」は現在購入できません

  • 利用できる決済方法
  • クレジットカード

  • 代金引換

  • dケータイ払いプラス

  • 後払い

※「dケータイ払いプラス」はスマートフォンからのみご利用いただけます。

作品情報

  • 全ページためしよみする
  • ちょっとためしよみする

発行日: 2009年04月10日
ISBN: 9784947581556

16.7cm×20.7cm 64P

関連するスペシャルコンテンツ


『おかしなおかしなおかしのはなし』さいとうしのぶさんインタビュー


さいとうしのぶさんインタビュー

出版社からの紹介

ドーナツのあなは、どこへいったの?と悩んでいるライオンくん、乙姫さまにどうしても綿菓子を食べさせようと、陸へ綿菓子を買いにいったカメさん、かき氷のシロップをなににしようかまよっているうち、かき氷が溶けてしまったラクダさん、ポテトチップスを2回楽しむ方法を知っているサルくんなど、楽しいお菓子のおはなしが、おいしそうな絵と一緒に、30話もつまった絵童話です。

おかしなおかしなおかしのはなし

ベストレビュー

ドロップ

キリンの子がドロップをどれを食べようか迷って、全部出したドロップをまた缶の中に戻して「カラン カラン」と2ど振ってから缶の口を下に向けた気持ちに笑えました。なんだか自分を見ているようで、ドロップを買ってくれた父を思い出しました。赤いのは苺の味、黄色のはレモン、紫色は、葡萄の味かなって私も大好きなドロップがとても懐かしかったです。生きていれば、ひ孫にも買ってくれただろうなあって思いました。
(ぴょーん爺さん 60代・じいじ・ばあば )

この作品を見た人はこんな作品も見ています

この作品を見た人はこんなグッズを見ています

出版社おすすめ

  • どんぐりちゃん
    どんぐりちゃんの試し読みができます!
    どんぐりちゃん
    作:アン・ドヒョン 絵:イ・ヘリ 訳:ゲ・イル 出版社:星の環会 星の環会の特集ページがあります!
    小さなどんぐりちゃんと落ち葉の優しく切ない命のつながりの物語

さいとう しのぶさんのその他の作品

いぬのおまわりさん / 行事とあそび えはがきえほん / おみせやさんでくださいな! / ちょっと昭和な関西の味 / まほうのれいぞうこ / おはなし きょうしつ



『くろくんとちいさいしろくん』発売記念  イベントレポート&インタビュー!

おかしなおかしなおかしのはなし

みんなの声(20人)

絵本の評価(4.57

何歳のお子さんに読んだ?




全ページためしよみ
年齢別絵本セット