たのしい かわいい きっとよろこぶメモでおりがみ たのしい かわいい きっとよろこぶメモでおりがみ
 出版社: サンリオ サンリオの特集ページがあります!
メモ&付箋96枚いり!おてがみがもっとたのしくなる折りてがみアイデアがいっぱい♪
絵本のある暮らしをもっと楽しく、もっと便利に、もっとお得に…12の特典が使える 【プレミアムサービス】
ひまわにとこらら
チェックする  
気になった作品はチェックして、マイページであとからゆっくり確認できます。(要サインイン)

ひまわにとこらら

  • 絵本
作・絵: あきやま ただし
出版社: PHP研究所 PHP研究所の特集ページがあります!

本体価格: ¥1,100 +税

  • ハッピー・リユース・プログラム対象作品

「ひまわにとこらら」は現在購入できません

  • 利用できる決済方法
  • クレジットカード

  • 代金引換

  • dケータイ払いプラス

  • 後払い

※「dケータイ払いプラス」はスマートフォンからのみご利用いただけます。

作品情報

発行日: 2002年06月07日
ISBN: 9784569683409

この作品が含まれるシリーズ

出版社からの紹介

内容:ひまわには、ひまわりみたいなわに。こららはおこってばかりのこあら。でもふたりはとっても仲良しです。大人気「ひまわに」の続編。

解説:大人気『ひまわに』に続く、楽しくユーモア満載のお話です。
 “ひまわに”はひまわりみたいなわに。いつもにこにこ笑っています。“こらら”はいつも怒っているコアラ。いつもこらこら怒っています。でも二人はとっても仲良しです。
 ある日、二人がお散歩していると、道の真ん中にうんこが落ちていました。“こらら”はかんかんに怒りました。でも“ひまわに”はにこにこ笑っています。「怒らなくちゃだめだよ」とこららが言うと、ひまわには「こら―!」と怒りました。しばらく行くと、今度はきれいなお花が倒れていました。二人が悩んでいると、「こういう時は泣くのです」と、悲しそうな顔をした“かなしか”が声をかけました。みんなは、倒れた花を見ながら泣きました。またしばらく歩くと、夕陽がとってもきれいな丘の上にでました。みんなの笑った顔が夕陽で真っ赤に染まりました。

ベストレビュー

幼稚園〜小学校低学年の子供たちへ

 これも読み聴かせに使いますが、まずはずした事がありません。いつでも子供たちの反応はいいです。
 単純で分かりやすいのがいいのでしょう。今回はひまわにとこららの他に、悲しい悲しいと言っている鹿「かなしか」が出てきます。
 見ているだけで気持ちが明るくなる絵の世界をどうぞ子供さんと楽しんで下さい!
(まあちゃん235さん 30代・ママ 男の子9歳、男の子7歳)

この作品を見た人はこんな作品も見ています

この作品を見た人はこんなグッズを見ています

出版社おすすめ


あきやま ただしさんのその他の作品

たまごにいちゃんと たまごねえちゃん / へんしんおてんき / たまおくんはたまごにいちゃん / へんしんマーケット / おばけのたまごにいちゃん / ほしいもマン



『小さな家のローラ』<br>安野光雅さんインタビュー

ひまわにとこらら

みんなの声(27人)

絵本の評価(4.64

何歳のお子さんに読んだ?

ママの声 25人

ママの声一覧へ

その他の方の声 1人

その他の方の声一覧へ




全ページためしよみ
年齢別絵本セット