ぺんぎんたいそう ぺんぎんたいそう
作: 齋藤 槙  出版社: 福音館書店 福音館書店の特集ページがあります!
赤ちゃんでも楽しめる「ぺんぎんたいそう」
0歳の子と読みたい絵本ベストセレクションよりこの3冊をご紹介(1)
おちばきょうそう
チェックする  
気になった作品はチェックして、マイページであとからゆっくり確認できます。(要サインイン)

おちばきょうそう

  • 絵本
作・絵: 白土 あつこ
出版社: ひさかたチャイルド ひさかたチャイルドの特集ページがあります!

本体価格: ¥1,200 +税

「おちばきょうそう」は現在購入できません

  • 利用できる決済方法
  • クレジットカード

  • 代金引換

  • dケータイ払いプラス

  • 後払い

※「dケータイ払いプラス」はスマートフォンからのみご利用いただけます。

作品情報

  • 全ページためしよみする
  • ちょっとためしよみする

発行日: 2010年08月
ISBN: 9784893259226

25×25p・24頁

この作品が含まれるシリーズ

出版社からの紹介

子どもらしいやりとりが楽しい《たっくんとたぬきシリーズ》最新作!
たっくんがじいじの庭の落葉を掃いていると、たぬきがひょっこりあらわれて「ははは、へたくそだなあ。」
そこで二人は、落葉を集める競争を始めました。おかげで、集めた落葉は山のよう。「わあー。」「すごーい。」
二人は思わず落葉の中へジャーンプ! 「海だ海だ、落葉の海だ。」夢中で遊んでいるうちに、
落葉はまた庭じゅうに散らばって しまいました。「どうしよう、こんなに散らかしちゃった。」そこで二人は…。じいじのことを思うたっくんと、無邪気なたぬきのほのぼのとしたお話です。


《たっくんとたぬきシリーズ》既刊本も大好評発売中!!

●はるじゃのばけつ
春の野原でばけつに桜の花びらを集めていたたっくん。
そこへたぬきがやってきて、他のものを入れようと誘いますが…。心がふんわり温かくなるお話。      
●だめだめすいか
じいじにすいかを届ける途中、山道でたぬきに出会ったたっくん。
なんとかしてすいかを食べたいたぬきと頑張るたっくんのユーモアあふれる会話が楽しい夏のお話。

おちばきょうそう

ベストレビュー

タイムリーで盛り上がりました

育児サークルで、落ち葉を集めて遊びました。集めた落ち葉にダイブしたり、埋もれてみたり・・・
実はこの本でも狸と男の子が競争しながら落ち葉をたくさん集め、落ち葉にダイブ!!
男の子と狸の競争の仕方も楽しいのですが、娘は自分がしたことと同じことを絵本で読んでいるので、一段と食いつきが良かったです。
さらに、翌週には集めた落ち葉で焼き芋をする予定だったので、イメージとマッチして本当にタイムリーな絵本でした。
秋はそこら中に落ち葉があります。娘やお友達を見ていて、小さい子は、ほうきとちりとりで落ち葉を集めるのが楽しくてたまらないようです。是非この本を読んで、落ち葉と遊んでみてください。
(まりちゃまさん 30代・ママ 3歳、1歳)

この作品を見た人はこんな作品も見ています

この作品を見た人はこんなグッズを見ています

出版社おすすめ


白土 あつこさんのその他の作品

ようかいえんのかいすいよく / ゆきだるまのくに / くまおさんのカレーライス / ようかいえんにいらっしゃい / とんとん パンやさん / なかよしゆきだるま



第12回 『あったかいな』の片山健さん

おちばきょうそう

みんなの声(33人)

絵本の評価(4.32

何歳のお子さんに読んだ?

せんせいの声 1人

せんせいの声一覧へ




全ページためしよみ
年齢別絵本セット