宮沢賢治の絵本 貝の火 宮沢賢治の絵本 貝の火
作: 宮沢 賢治 絵: おくはら ゆめ  出版社: 三起商行(ミキハウス) 三起商行(ミキハウス)の特集ページがあります!
親子のひばりは、沢山おじきをして申しました。 「これは貝の火という宝珠でございます。 王さまのお伝言ではあなた様のお手入れ次第で、この珠はどんなにでも立派になる
絵本のある暮らしをもっと楽しく、もっと便利に、もっとお得に…15の特典が使える 【プレミアムサービス】
パトカーぱとくん
チェックする  
気になった作品はチェックして、マイページであとからゆっくり確認できます。(要サインイン)

パトカーぱとくん

作: 渡辺 茂男
絵: 山本 忠敬
出版社: 福音館書店 福音館書店の特集ページがあります!

本体価格: ¥800 +税

  • ハッピー・リユース・プログラム対象作品

「パトカーぱとくん」は現在購入できません

  • 利用できる決済方法
  • クレジットカード

  • 代金引換

  • atone翌月後払い

  • d払い

※「d払い」はスマートフォンからのみご利用いただけます。

作品情報

発行日: 1998年3月
ISBN: 9784834015010

読んであげるなら・ 3才から
自分で読むなら・ 小学低学年から
20X27cm・28ページ

出版社からの紹介

小さいし遅いので他のパトカーをうらやましく思っていた、ぱとくん。ある日、団地の子どもがいなくなり出動、事件を解決します。

ベストレビュー

コンプレックスをのりこえて

他の方々も書いていらっしゃいますが、設定は「しょうぼうじどうしゃじぷた」と良く似ています。
そして、「じぷた」に比べてやや小粒な感じはします。
でも、「ぱとくん」には小粒なりの、なんともいえない味があります。

じぷたは、他のりっぱな車両からバカにされて「なにくそ」と負けん気たっぷりです。
でも、ぱとくんは、誰からも何も言われません。
なのに、自分がちっぽけで、みじめに思えてしかたないのです。
ふと、自分自身をふり返ると、思い当たる節が色々・・・。
奥が深いなあ、と思いました。

息子は、まだこのコンプレックスが理解できない様子。
かっこいいパトカーをうらやましがる、ぱとくんを見て、
「どうして?ぱとくんもかっこいいのに」
と、聞いてきます。
「大きいパトカーが、かっこよく見えるのかもしれないね。
ぱとくんも、かっこいいよって言ってあげて」と言うと、
「ぱとくん、ぎゅーっと引っぱって、大きくしてあげる。
ぱとくんもかっこいいよ」
と、呼びかけていました。

いつまでもこの気持ちを忘れずにいてほしいなあ、と思います。
(けいぼんさん 40代・ママ 男の子3歳)

この作品を見た人はこんな作品も見ています

この作品を見た人はこんなグッズを見ています

出版社おすすめ


渡辺 茂男さんのその他の作品

ダンプのがらっぱち / 岩波少年文庫 ミス・ビアンカ ひみつの塔の冒険 / 岩波少年文庫 ミス・ビアンカ ダイヤの館の冒険 / 岩波少年文庫 ミス・ビアンカ くらやみ城の冒険 / もくたんじどうしゃもくべえ / おさるのジョージ第7集〈全4冊〉

山本 忠敬さんのその他の作品

ちいさいサンパン / でんしゃがはしる / とっきゅうでんしゃあつまれ / 大型絵本 しゅっぱつしんこう! / ちからもちのタグボート とーとー / 大きな大きな絵本 たろうくんの じどうしゃ(チャイルド本社刊)



とっておきの場所をとられちゃったククー、さあどうする…?!

パトカーぱとくん

みんなの声(31人)

絵本の評価(3.94

何歳のお子さんに読んだ?

ママの声一覧へ




全ページためしよみ
年齢別絵本セット