新刊
にんじゃじゃ!

にんじゃじゃ!(文溪堂)

2021年、家族みんなで、笑いませんか?

  • 笑える
  • 盛り上がる
  • 全ページ
  • ためしよみ
とこちゃんはどこ

とこちゃんはどこ

  • 絵本
作: 松岡 享子
絵: 加古 里子
出版社: 福音館書店

税込価格: ¥990

  • ハッピー・リユース・プログラム対象作品

「とこちゃんはどこ」は現在購入できません

  • 利用できる決済方法
  • クレジットカード

  • 代金引換

  • atone翌月後払い

  • d払い

※「d払い」はスマートフォンからのみご利用いただけます。

  • Line

作品情報

発行日: 1970年07月
ISBN: 9784834002393

読んであげるなら・3才から
自分で読むなら・小学低学年から

この作品が含まれるテーマ

みどころ

赤い帽子を目印に、人込みの中からとこちゃんを探す絵本です。
市場、動物園、海岸、お祭り、デパートとだんだん難易度が高くなっていきます。
単純に楽しめる作品ですが、最後におとうさんとおかあさんがとこちゃんの手をしっかり握って離しませんでした、というところに温かさを感じます。

とこちゃんはどこ

出版社からの紹介

赤いぼうしのとこちゃんは、とても元気な男の子。親が目を離すと、市場、動物園、海水浴場、お祭り、どこへいってもすぐいなくなってしまいます。子どもの大好きな絵さがしの絵本です。

ベストレビュー

親子二代で探しましょ

私が小さい頃大好きだった本のひとつです。
1歳4ヶ月の息子が本の中の色々な物を探すようになったので、隠れてる物を見つけるような絵本を探していました。
簡単すぎるといまいち探す醍醐味が無いみたいだし、かと言って難しすぎると探せない。
こちらのトコちゃんはあきらかに息子にはまだ早いと思ったのですが、いいのが他に見つからなかったのでとりあえず買ってみました。
買ってすぐは、トコちゃんの意味もわからず、ストーリーももちろんちょっと長すぎてもたないので全く興味を示しませんでしたが、1週間もたつと大のお気に入りに!
1歳児は、犬や猫など知っているものをいっぱい探すのがお勧めです。文章はほとんど読んでいなくって、「○○を探そう!」くらいですが、たくさんの人や物があふれている加古さんのイラストは見ているだけでも楽しいみたいで、日に日に読んでという回数が増えている次第です。
トコちゃんのことは覚えたけれど、まだ探すのは難しい息子。特定の人を探すというのが難しいのかな?不思議です。いつトコちゃんを探せるようになるのかを楽しみに、それまでは他の色んな物を探して楽しもうと思います。
(たっちママさん 30代・ママ 男の子1歳)

この作品を見た人はこんな作品も見ています

この作品を見た人はこんなグッズを見ています

出版社おすすめ


松岡 享子さんのその他の作品

しろいうさぎとくろいうさぎ / あたまをつかった小さなおばあさん がんばる / あたまをつかった小さなおばあさん のんびりする / ワンダ・ガアグ グリムのゆかいなおはなし / ワンダ・ガアグの「グリムのむかしばなし」について / おぼえること(レクチャーブックス◆お話入門シリーズ3)

加古 里子さんのその他の作品

ごむの じっけん / いろいろ おにあそび / でんとうが つくまで / たこ / だんめんず / 加古里子のかがくの世界 あそびとくらし 絵本セット



『とびだすえほん たべるのだあれ?』すぎはらけいたろうさんインタビュー

とこちゃんはどこ

みんなの声(141人)

絵本の評価(4.65

何歳のお子さんに読んだ?

プレミアムサービス


全ページためしよみ
年齢別絵本セット