ぬけちゃった ぬけちゃった
作: スティーブ・アントニー 訳: せなあいこ  出版社: 評論社 評論社の特集ページがあります!
「スマホが手放せない」時代の子ども(と大人)へ……。 外の世界には、新しい冒険が待っている!
小学生からの【読みもの】もあります。楽しく読書習慣を。 絵本ナビの「絵本クラブ」がお手伝いします。>>>
はらぺこおおかみとぶたのまち
チェックする  
気になった作品はチェックして、マイページであとからゆっくり確認できます。(要サインイン)

はらぺこおおかみとぶたのまち

作・絵: 宮西 達也
出版社: 鈴木出版 鈴木出版の特集ページがあります!

在庫あり

平日朝8時までの注文で当日発送
※お届け日は翌日以降(詳しくはコチラ

本体価格: ¥1,200 +税

  • 利用できる決済方法
  • クレジットカード

  • 代金引換

  • dケータイ払いプラス

  • 後払い

※「dケータイ払いプラス」はスマートフォンからのみご利用いただけます。

作品情報

  • ちょっとためしよみする

発行日: 1994年
ISBN: 9784790260523

対象年齢:4歳から
日本図書館協会選定図書

出版社からの紹介

ぶたの町を見つけたはらぺこおおかみは、餌にありつけると大喜び。
ところがそこは、おおかみにはとても恐ろしいところで…。

ベストレビュー

もう〜、ここに伏線があったのか〜

 「また、やられた〜!」って、感じです。
 腹ぺこおおかみが、よろよろたどり着いたのがぶたの町。
 おおかみにとっては、餌が固まって待っててくれているようなもの。

 でも、ぶた影すら見えない。
 ラーメン屋さんのディスプレイを見て驚きのおおかみ。
 私たち親子もメニューを見て大爆笑。
 おおかみで出汁を取っているようです(笑)。
 しゅうまい・ぎょうざに至っては、おおかみは身を刻まれる事を絶対想像したでしょうね。
 ここで、お腹がよじれそうだったのに、次の本屋さんのウインドウに飾られた本のタイトルに、またまた引きつり笑いが。
 タイトルを読んだだけで、このおおかみは、この町のぶたがおおかみが好物であると気づきます。
 次の電気屋さんもしかり。
 こうなるとこの町の静けさは、意味が違ってきます。
 彼を狙う静なでも鋭いぶたの視線を警戒せずにはいられません。
 変装してとっととこの町をでようとしたおおかみでしたが……。

 あ〜、面白かった。
 町として生き残る為の、ぶたの知恵に息子賞賛。
 絵本を閉じて、看板を掛け替えているぶたさんが。
 表紙を見直すと、町に入ってきたおおかみを見つめるぶたの目・目・目。
 扉絵を見直して、「もう〜、ここに伏線があったのか〜」って私。
(アダム&デヴさん 50代・ママ 男の子11歳)

この作品を見た人はこんな作品も見ています

この作品を見た人はこんなグッズを見ています

出版社おすすめ

  • ぽっぽこうくう
    ぽっぽこうくう
     出版社:佼成出版社 佼成出版社の特集ページがあります!
    ハトの飛行機ですてきな冬の旅を! 乗り物好き・虫好き・旅行好きにおススメの楽しい絵本です。

宮西 達也さんのその他の作品

さるとびすすけ 愛とお金とゴキZのまき / ヒヒヒヒヒ うまそう / またまた さんせーい! / かいてみよう カタカナ (2) / ほうちょうさん ききいっぱつ / はじめてのおとうさんはウルトラマン



人気絵本『にたものランド』のクリスマス版。プレゼントにも♪

はらぺこおおかみとぶたのまち

みんなの声(37人)

絵本の評価(4.71

何歳のお子さんに読んだ?

ママの声 34人

ママの声一覧へ




全ページためしよみ
年齢別絵本セット