十二支のおもちつき 十二支のおもちつき
作: すとう あさえ 絵: 早川 純子  出版社: 童心社 童心社の特集ページがあります!
来年も福がいっぱいの一年になりますように。
おうちにいると幸せになれそう。。あの福ふくしいミッフィーに、新商品追加です♪
おばけかぞくのいちにち
チェックする  
気になった作品はチェックして、マイページであとからゆっくり確認できます。(要サインイン)

おばけかぞくのいちにち

  • 絵本
作・絵: 西平 あかね
出版社: 福音館書店 福音館書店の特集ページがあります!

在庫あり

平日朝8時までの注文で当日発送
※お届け日は翌日以降(詳しくはコチラ

本体価格: ¥900 +税

  • 利用できる決済方法
  • クレジットカード

  • 代金引換

  • dケータイ払いプラス

  • 後払い

※「dケータイ払いプラス」はスマートフォンからのみご利用いただけます。

作品情報

  • ちょっとためしよみする

発行日: 2006年07月
ISBN: 9784834022094

読んであげるなら 3才から
自分で読むなら 小学低学年から

みどころ

お母さんが夜寝る時に話してくれるのは、とてもほのぼの可愛いおばけの兄弟さくぴーとたろぽうの一家のおはなし。
このおばけたちの力の抜けた親近感のわく雰囲気、ちょっと新しいおばけのキャラクターとして人気が定着しそうですね。

おばけの生活は、勿論昼と夜が逆、みんなが寝る頃に保育園に向かいます。お父さんの仕事は人を脅かすこと、お母さんは買い物やお料理となかなか忙しそうです。みんなが朝起きて支度をしている頃にはさくぴーとたろぽうは「ただいまー。」

今おばけたち一家は何やってる時間かなぁ・・・なんて考えているだけでおばけと友達になれた気分。想像が膨らんでいきます。コワイなんて言葉はひとつも浮かんできません。だっておばけの保育園のみんな、可愛すぎるんですもの。これは親にとってちょっと困りもの。夜寝る時間になって「もうねないとおばけがくるぞー」なんて言葉が通じなくなるから。

こんなおばけ一家がいたら私だって言いたい。「一緒にあそびたーい。」

(磯崎園子  絵本ナビ編集長)

出版社からの紹介

おばけ家族の暮らしは、夜に始まります。夜起きて、おばけの兄妹のさくぴーとたろぽうは、保育園に行き、お父さんは仕事に行きます。夜昼逆転した人間の暮らしのようなおばけの暮らしを愉快に詳細に描きます。

ベストレビュー

おばけの素敵な一日

さくぴーとたろぽうのおばけの姉弟。
人間のさきちゃんとたろう。
2組の姉弟が同じページに描かれていて、とてもユニークな絵本だと思いました。
こちらも妹のおすすめだったのですが、5歳のおいっこはもちろん大好き1歳8カ月の娘には長かったので無理でした。でも大人の私でも楽しめました。
おかあさんが買い物に行くんですけど「うそつきばなな」や「おしゃべりいわし」と並んで「こんにゃく」があるのがちょっとうけました。
こんにゃくは、確かにお化けも食べてそう。
とっても良い一冊でした。
(ひぃままんさん 30代・ママ 女の子1歳)

この作品を見た人はこんな作品も見ています

この作品を見た人はこんなグッズを見ています

出版社おすすめ


西平 あかねさんのその他の作品

おばけのたんけん / かたつむりぼうやとかめばあちゃん / おばけのえんそく / おばけのコックさん / おはいんなさい / ぶんかいきょうだい



きらいがいっぱい、きらいって楽しい!




全ページためしよみ
年齢別絵本セット