ねぼすけ ふくろうちゃん ねぼすけ ふくろうちゃん
作: マーカス・フィスター 訳: 林 木林  出版社: 講談社 講談社の特集ページがあります!
祝「にじいろのさかな」25周年 マーカス・フィスターのデビュー作!
「MOE」「kodomoe」「クーヨン」等・・・雑誌バックナンバーはこちら
ぼくのくつ
チェックする  
気になった作品はチェックして、マイページであとからゆっくり確認できます。(要サインイン)

ぼくのくつ

  • 絵本
作・絵: 松成 真理子
出版社: ひさかたチャイルド ひさかたチャイルドの特集ページがあります!

本体価格: ¥1,000 +税

  • ハッピー・リユース・プログラム対象作品

「ぼくのくつ」は現在購入できません

  • 利用できる決済方法
  • クレジットカード

  • 代金引換

  • dケータイ払いプラス

  • 後払い

※「dケータイ払いプラス」はスマートフォンからのみご利用いただけます。

作品情報

発行日: 2006年03月
ISBN: 9784893256416

4・5歳から

みどころ

おかあさんにもらった新しいくつ。青くてとっても気に入ったけど、ちょっと大きい。でもはきたい!だからはいて出掛けたら・・・。

 毎日元気に走り回るのが仕事の子供にとって「くつ」は切っても切れない存在。お気に入りだからちょっと大きいけどはいちゃう!って気持ちもわかるけど、やっぱりぴったりが一番。古くなったくつだってちょっとおかあさんが魔法をかければほら。「くつ」と「ぼく」の関係が丁寧に描かれていて、「もの」に対するこういったやりとりの大事さ感じさせてくれます。

 そしてそんなお話が、春の陽だまりを感じさせる雰囲気の絵で包まれていてこの絵本のもうひとつの魅力となっています。読んでいるとほんわかぽかぽかな気持ちになってきます。
最後にうれしそうに外へ走り出す「ぼく」の姿がとっても印象的な、この季節にぴったりな絵本です。

(磯崎園子  絵本ナビ編集長)

出版社からの紹介

おばあちゃんからもらった新しい靴はぼくにはちょっとぶかぶか。早く大きくなあれと思うけれど、古い靴がちょっぴり悲しそう…。大切な物への愛情を豊かな表現で描きます。

ベストレビュー

かわいい♪

おばあちゃんにくつを買ってもらった男の子の
お話なのですが、かわいらしくて、いじらしい
内容に、心が温まりました。
男の子は、くつがまだ大きかったのに、平気な
ふりをして、出かけてしまうんです。
でも大きいくつは、やっぱり大きく・・・、
買ってもらったばかりなのに、水たまりのなかへ・・・。
よくありそうな内容なのですが、結局どうなるの???
と、最後まで、どきどきわくわくしながら読むことが
できました。
最後は、ハッピーエンドなので、安心して読んでみて
くださいね♪
(スケボウさん 30代・ママ )

この作品を見た人はこんな作品も見ています

この作品を見た人はこんなグッズを見ています

出版社おすすめ


松成 真理子さんのその他の作品

竹とんぼ / きつねみちは、天のみち / 雨ニモマケズ / 紙芝居 にげだしたポケット / ふしぎねこりん丸 / るいくんとおばけくん



本屋さんイチオシ(読売KODOMO新聞)

ぼくのくつ

せんせいの声 1人

せんせいの声一覧へ




全ページためしよみ
年齢別絵本セット